毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6023号 営業は逆上がりと一緒


■先日、個別コンサルをさせて頂いた
 Kさん

 (今回で8回目のコンサル)

 から、以下のような感想を
 頂戴しましたのでご紹介。



■熟読なされれば、

 営業に携わられている人であれば、
 きっと学びになるご感想、

 と感じ取って頂けるに
 違いありません。


 (ここから)
 --------------------------------


 鮒谷さん


 今回も、事前提出させて頂いた
 現状資料より、

 課題をズバリついた内容のコンサル
 ありがとうござました。


 営業とは

 「状態のマネジメント」

 であり、日常の振る舞い全てが
 営業に繋がっている。


 契約獲得のスキルを、

 無意識的無能から
 意思的有能に書き替え
 無意識的有能に昇華させる

 ことで、

 ぶらぶらしているだけで
 売れる営業になれる。


 これまでも、
 コンサル、音源、メルマガ通じて

 何度も心得として
 学んできたことですが、


 頭ではなく意識として
 理解できるまでに、

 漸く辿りつくことができた気が
 しています。


 コンサルを受けてから1ヶ月間、

 その内容を強く意識した行動と
 結果を感想として送らせて頂きます。


 ずるずると関係を続けていた
 複数の見込客に対しては

 これまでの受け身対応を改め、

 強めの攻めのジャブを
 打ち続けてみました。


 失敗した時はビッグデータを
 手に入れたと、
 ポジティブに割り切ることを決め、

 行動とその結果を振り返りながら
 アルゴリズムの構築中です。


 まだ1社とも契約には至っていませんが、

 各社との状態をマネジメントできてきた
 という感覚が芽生えてきており、

 これから新たに出会う見込客も含めた
 今後の展開にわくわくしています。


 一方、コンサル前日に面談した
 企業さんからは、

 4月からの契約開始という内示を
 頂くことができました。


 鮒谷さんから強く推奨して頂いた、

 量・スピードによる
 申し訳ないよね営業(脱帽モード)

 を実践し、

 効用を伝授頂いた
 距離感を縮めるための

 (笑)

 も織り交ぜながら

 えいやっ!

 と決めに掛かった結果です。

 ありがとうございました。


 現在、役員稟議中ということですので
 これもコンサルでご指摘頂いた通り、

 最後の詰めを誤らないよう
 特に気を引き締めて対応中です。


 コンサルでご教授頂いた

 ▼相手のフォームを崩し
 ▼グリップ*を握る

 *鮒谷さんはキ〇〇マと
  表現されていましたが(笑)

 ことを少し実践できたことで
 重心が下がってきた気がしています。


 とは言え、

 契約獲得は仕事のスタートでしなく
 これからが本当の勝負です。


 契約獲得スキルの量稽古を重ね、
 一日も早く無意識的有能に昇華させ、

 ご契約頂いたお客様の

 ▼求めている価値を認識し
 ▼その価値を超えていく

 ことに全ての認知能力を振り向けて
 いけるよう一層精進していきます。


 今回の契約と既存契約の更新とで、

 既に全8回のコンサル料の
 数倍の価値を頂いてはいますが、

 引き続きよろしくお願い致します。

        (Y・Kさま)

 --------------------------------
 (ここまで)


 Kさん、長文のご感想、
 ありがとうございます!



■コロナ直撃!?とも思われる状況で
 実は少し心配していたのですが、

 まったくもってお元気そうで、
 安心いたしました。



■売れる営業スタイルが

 「身体技法」

 として身についてくれば、


 徐々に、

 売れる「予感」から「実感」へ、
 最終的には

 「売れて、売れて、
  売れまくる」

 状態になるものです。



■今まさに、そちらの方向に
 移行(脱皮?)されている最中であり、

 「キ〇〇マを握る」

 感覚(笑)を、

 他ならぬKさんご自身が
 体感なされていることと思います。


 次回、お会いできるのが
 ますます楽しみになってきました!



■私(鮒谷)も今から考えると

 「なぜ、あんなに営業で
  苦労していたのだろう」

 と不思議でたまらなくなるのですが、


 ひとたび

 「コツ」「勘所」

 を掴みさえすれば、

 「営業している自覚すらなく、
  勝手にモノが売れていく」

 こととなるはずです。



■逆に言えば、

 「コツ」「勘所」

 を掴まない限り、永遠に

 「死ぬほど頑張っているのに
  一向に売れない、肩身も狭い」

 そんな状態が続くことと
 なるわけです。



■比喩で説明するならば

 「営業は逆上がりと一緒」

 といえるでしょう。


 逆上がりができるようになる前は、

 怖くて不安で、
 力いっぱい回りきれない、

 ものですが、


 先生や親のアシストを得つつ、
 数回、できるようになり、

 その後、自分でも
 幾度か回れるようになれば、


 あとは黙っていても
 子どもは

 「ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる、
  ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる、、、」

 回り続けることになるのは、

 あなたも経験済みのことと
 思います。



■営業もこれと
 まったく同じなのです。


 身の安全を約束した上で

 後ろからしっかりと身体を支え、回し、
 なんどか実際に

 「逆上がりの感覚
  (=営業の感覚)」

 を掴んでもらう。



■次に


 「一人でも大丈夫だよね。

  間近で見ているから安心して、
  なにかあったら支えるから、

  思い切って回りましょう
  (=営業してみましょう)」


 と言葉がけをして、


 挑戦を重ね、

 実際に何度か回る(=売れる)
 ようになりさえすれば、あとは


 「ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる、
  ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる、、、」

 ならぬ

 「次々、次々、次々、次々、
  次々、次々、次々、次々、、、」

 といった感じで、

 売り続けられるように
 なるでしょう。



■そんなプロセスを経て、

 「昔はなぜ
  それができなかったのか、

  考えてみても、
   もう思い出せない」

 そんな世界に出られるように
 なるのです。



■一人でやっていたら
 絶対にこうした

 「身体感覚」

 を掴むことはできないという
 意味において、

 「営業は逆上がりと一緒」

 です。



■にもかかわらず、


 知識やノウハウは、
 教科書でも得られますが、

 身体技法を伴う、
 スキルやお作法や状態管理は、

 テキストだけで
 学べるものではない、


 と理解している人は
 どれだけあるでしょうか。



■これを理解している人は

 「(身体感覚まで伝授してくれる)
  水先案内人」

 の価値が分かるし、

 案内人との出会いを
 大切にするし、

 案内人からの学びを
 最大化しようと努めます。



■この価値を理解できない人は、

 教科書を読んで
 (方法論だけ学んで)

 「逆上がりをしよう」

 と思っているのと一緒で、


 それでは、

 力の入れ具合や
 踏み切る位置など、

 身体感覚を伴った実践が
 行えないので

 (仮に頭で分かっていたとしてさえ
  ビビってできない)


 いつまで経っても

 「コツ」「勘所」

 を掴めず、
 永久に逆上がりできないのです。


 営業もこれと一緒。



■教科書だけ読んで
 営業力がつくと思っている人は、

 その時点で、一生、売れないセールスと
 なることが確約される、

 と考えて、過言ではありません。



■それゆえ、

 (KさんはB2Bのお仕事ですが、
  B2BでもB2Cでも)

 「営業スキルやシステムは、
  身体技法のカタマリ」

 ですから、


 本気でレベルを高めたいと思う
 トップセールスを行う経営者や、

 自分で商売を取る必要がある
 フリーランスの方々、

 あるいは、

 日々、現場でB2BやB2Cの
 営業に携わっている人は、


 絶対に

 【実際に、売って売って、
  売りまくっている人】

 から指導を受ける必要があるのだと
 思っています。



■私(鮒谷)は、
 今から17年ほど前、

 弁護士の高井伸夫先生と
 ご縁を頂き、


 まさに

 【ぶらぶら歩いているだけで
  仕事が取れていく】

 姿を目の当たりにして、

 リアルな営業感覚と、
 言語化された営業ロジック&プロセス、

 を実地に教わってきたので、
 売れるようになりました。



■しかし、もしこれが一人で

 営業本を読み、
 試行錯誤を繰り返し、

 を行っていただけであれば、

 絶対に今のレベルの営業を行うこと
 などできていなかったことは、

 もう間違いありません。



■もしあなたの周囲に


 【実際に、売って売って、
  売りまくっている人】

 【ぶらぶら歩いているだけで
  仕事が取れていく】


 人があるのであれば、

 その人に頭を下げて、
 教えを請うべきでありましょう。



■残念ながら、

 そうした人に
 恵まれていないのであるならば、

 なんとしてでも
 探し当てる必要があるでしょう。


 もしあなたが、

 劇的にご自身の
 セールス能力を高めたい、

 と思われるのであるならば。



■そして


 【セールス能力は、

  一生涯、自身に安心や安定を
  もたらし続けてくれる、

  絶対に携えておくべき
  超絶スキル】


 だと理解されているので
 あるならば。



■そんな

 「セールスの技法を
  異常なレベルで高める」

 ための基礎トレーニングを、

 私(鮒谷)がコンサルという場で
 直接行わせていただいている方は、


 過去から現在にかけて、

 (Kさんに限らず)

 大勢いらっしゃいますし、


 一度、身につけたこの能力は

 「昔とった杵柄」

 ではありませんが、
 永久に劣化することはないので、


 できる限り若いうちに
 (つまりは、今)

 獲得のための投資を
 行うべきではないか、

 そう思われるわけです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■セールスとは身体技法なのである。    それゆえ、営業力を高めることは    たとえるならば    「子どもが逆上がりできるようになる」    のと全く同じようなプロセス。   ■適切に教わりさえすれば、誰でも    売れるようになるのに(先天性ではない)    教わっていない、あるいは、教わり方が    悪いと、    どれだけ頑張ったところで売れるように    ならず惨めな思いをし続けることになる。   ■実際に売りまくっており、かつ、    言語化しづらい身体技法を、言語化できる    類まれなる能力を持つ人がもしあれば、    自分で頑張ろうとすることは諦めて、    素直に教えを請うたほうが、    100倍早く、目指す地点に到達できる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。