毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6008号 能力開発の「孵卵器」としての、人前で話をする場


■先日来、ご案内している

 「ことば未来音源」

 をお聴き下さったTさんより、
 以下のご感想を頂戴いたしました。


 (ここから)
 ------------------------


 コンサルでも
 アドバイスいただいていたことですが、

 今回の音源

 「ことばで未来を創造する技法」

 でもお話されていた

 「勉強会」

 を実施してみました。


 相手は2人、zoomを使った
 オンラインの勉強会ですが、

 やってみて、
 すごく大きな学びがあったので、

 音源の感想として書かせて
 いただきたいと思いました。


■日常生活の気付きの質・量が変わる


 勉強会をやったあと、
 大きな変化は日常生活の気付きの、

 量と質が変わったな、
 ということです。


 今後、定期的に勉強会を開催していく
 予定ですが、

 「何を伝えようかな?」
 「これが面白いんじゃないかな?」
 「もっと深堀りしてみたら、
  どうなるだろう?」

 と、ネタ探しをするようになりました。


 これまで日記(時々刻々の記)を書いたり、
 書かなかったりという感じでしたが、

 勉強会があることで、

 自分の感じたこと、
 学んだことを記述して、

 思考することが確実に増えました。


 これは自分にとってすごく嬉しいことで、

 「やりたいな」「やらないと」と、
 思いながらできなかったことが、

 「勉強会」という強制力があることで、
 やれるようになった。


 もちろんそこにストレスはありますが、

 それは良い意味で、自分を鍛えてくれる、
 負荷になっていると感じています。


 これを1年、2年、3年と、
 積み重ねていけば、

 けっこうな成長につながるんだろうな、
 という予感がしております。


■人の話し方を
 より意識して聞くようになる


 勉強会で話をしてみて、人の話し方
 (特に鮒谷さんの音源ですが)を聞き、


 「なるほど、
  こうやって話を展開するのか!」

 とか、

 「こういうセリフでまとめるのか!」

 と、新たなに気付くことがありました。


 【勉強会やってみる】
 →【もっと上手く話したいと思う】
 →【人の話し方から学ぶ】

 これまでも上手く話せるように
 なりたいという、願望はありましたが、

 それをより強くもって、

 良いモチベーションで
 改善、成長しようとしている。


 実際に行動が変わり、
 これも自分にとっては嬉しい点です。


■自己重要感が高まる


 勉強会をやってみて、
 (こちら無料で実施したのですが、)
 参加された方から、

 「これ、ホントに
  無料でいいんですか?」

 という風に言っていただいた。

 自分が役に立っている感があり、
 自己重要感が高まりました。


 ここは自分にとって、

 大きな改善(伸びしろ)ポイントの
 1つではあるのですが、

 そういった評価をいただくことで、
 自尊心が高まりますし、


 かつ声に出して、何かを話すことで、
 高揚感も得られる。

 いろんな点で、勉強会をすることの
 メリットがあるなぁと感じました。


 一方通行とは違い、インタラクティブで
 緊張感があるからこそ、

 準備の段階でも気付きが多くなり、
 自分で思索を深めることもできる。


 ある程度のプレッシャー、ストレスが
 ないと人は動かないと思いますし、

 まずはこのくらいの緊張感が、
 自分にとってはベイビーステップとして、

 良いんだなと感じました。


 しばらくこの勉強会を続けていき、
 またどういった学びがあったか、

 今後どのように変化させていくかなど、
 また個別コンサルの際に、
 お話させていただければと思います。


 楽しいきっかけを与えていただき、
 ありがとうございます!


      (R.T さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 Tさん、長文のご感想、
 ありがとうございました!



■Tさんとは、かれこれ2年ほど、

 毎月一度のペースで
 個別コンサルをさせて頂いてきましたが、

 (来週の個別コンサルも
  よろしくお願いします!)


 以前から
 折に触れて話に出てきた

 「勉強会」

 を、いよいよ開始なされたとのこと、
 おめでとうございます!



■頂戴したご感想を一言でまとめれば
 (超訳すれば)


 より大きな成果を出すためには

 「インプット→アウトプット」

 ではなく、

 「アウトプット→インプット」

 にすべきである、


 ということになるのではないかと
 思います。



■アウトプットする場がある前提だと
 学びが異常に捗りますね。


 先の音源でもお伝えしている
 通りですが

 「プレッシャー」
 「緊張感」

 が重要なキーワード。



■私(鮒谷)も定期的に
 人前で話をする場がありますが、

 これはむしろ意図的に
 作っている場であり、


 こうした場が用意されているからこそ、

 話を聴いて下さる方々に
 価値をお渡ししつつ、

 その場に臨む、
 自分の学びについても、

 集中力や歩留まりが高くなる、

 そんな風に思っております。



■さらに、

 人前で話をする場は、
 プレッシャーや緊張感の存在により、

 新しいアイデアを
 もたらしてくれたり、

 自身のポテンシャルを
 より一層、引き出してくれる

 「孵卵器的な役割」

 も果たしてくれますね。



■こうした場の力を


 1、自覚的に活用するのか
   (分かっていて、やっている)

 2、場の力を理解していても
   活用までには至らないのか

   (分かっているけど、
    やっていない)

 あるいは

 3、そもそも、場の力に対する
   理解自体がないのか

   (分かっていないし、
    やってもいない)


 人によってまちまちだと思いますが、

 2もしくは3の自覚のある方であれば、
 きっと

 「ことば未来音源」

 を聴かれると、

 あなたの行動を変えるための
 決断力と行動力をもたらしてくれる、


 そのように考えております。



■Tさんのように音源を聴かれ、
 実践を始められればきっと

 「こんなことなら、
  もっと早くから取り組んでいれば、、」

 という気持ちにも
 なられることでしょう。



■でも、今からでも遅くはありません。

 今、始めれば
 (そうした場を自主的に作られれば)、

 それ以降、
 極端にいえば死ぬまで、

 その価値を延々と享受し続けることが
 できるのですから、、、


 そんな行動を自らに促すための
 きっかけ音源として、

 当音源をご活用頂くという方法を
 お勧めしておきます。



■ちなみに、

 そうした活動に対する
 準備編、入門編としての

 「日記放談会音源
  (基本編とQ&A編)」

 があり、さらに


 自らの語りの方向性を規定し、
 日記を記す上での背骨となる

 「物語」

 についてお伝えしている

 「物語放談会音源」

 もご用意させて頂いている
 わけです。



■この両音源を、
 より高い抽象度でつなぐ

 「扇の要」

 のような役割を担わせた音源が
 今回リリースした音源である、

 と私(鮒谷)の中では
 位置づけています。



■もちろん、

 要があっても、骨(親骨、中骨)が
 なければ扇子にならぬのと同じで、


 今回リリースした
 音源をお聴きいただいても、

 骨(日記音源&物語音源)への
 理解がなければ、

 先の環境を自分仕様に
 完全カスタマイズすることは難しい。



■ですからまずは、

 「日記音源と物語放談会音源を
  お聴き下さい」

 とお伝えしてきました。



■この機会にぜひお求め下さい。


 ----------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!転落続きの人生が、
  日記を書いたら蘇生した話」放談会音源
  <大阪&東京開催分>(基本編)

 <クレジットカード決済希望の方>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

 <銀行振込を希望の方>
 https://form.os7.biz/f/7e5b8a66/

 ----------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!転落続きの人生が、
  日記を書いたら蘇生した話」
  (92名から頂戴したQ&A編)

 <クレジットカード決済希望の方>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10190218

 <銀行振込を希望の方>
 https://form.os7.biz/f/d3a4a02a/

 ----------------------

 【鮒谷周史の
  「圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
  人生を思い通りに生きられる」
  放談会音源】

 <クレジットカード決済希望の方>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

 <銀行振込を希望の方>
 https://form.os7.biz/f/08b65f49/

 ----------------------


 以上が「骨」であり、

 それに加えて、以下の「要」があって、
 初めて「扇」が完成する、

 そんな構成となっております。



■「要」音源のお求めは以下よりどうぞ。


  ------------------------

 【鮒谷周史の圧巻!
  「ことばで未来を創造する技法」
  放談会音源

  ことばを操り、自他に影響力を行使する
  「意思決定基準&物語」の実践的、
  かつ、超効率的な量産法】

 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/26290958

 <銀行振込でのお支払い、もしくは
  携帯オーディオプレイヤー版を希望の方は、
  下記フォームからご注文願います>
 https://form.os7.biz/f/e338a16f/

 ------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人前に立って話をすると、    その緊張感やプレッシャーが、    準備段階から発動され、学びの集中力や    歩留まりの率が大きく高まることとなる。   ■さらに、語りの場においても、    自分でも思っても見なかった能力が    引き出される、    頻繁にそんな経験を味わうことだろう。   ■こうした場を自らの意志と意図を持って、    主体的に設計している人とそうでない人、    長い目で見ると、とてつもない差となって    現れるのは間違いないだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。