毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6001号 「賢くなり過ぎて自我が肥大化した人」になってはならぬ


■ファーストリテイリング(ユニクロ)の
 柳井さんの言葉に


 ------------------------

 頭のいいと言われる人間に限って、

 計画や勉強ばかり熱心で、
 結局何も実行しない

 ------------------------


 というものがあります。


 これは本当にその通り、
 と思わずにはいられません。



■自分より賢い方にお会いする機会が
 数多くあります

 (というよりも、ほとんどそう(汗))

 が残念ながら、せっかくのその賢さが
 成果につながっていない方も少なくない、

 ように思われるのです。



■当たり前の話ですが、

 成果を出すためには
 行動しなければなりません。


 どれだけ時間をかけて計画し、

 懸命にお勉強して、難関大学に合格、
 難関資格をゲット、

 したとしても

 「実社会に働きかけなければ
  何も変わらない」

 のです。



■何も動かなければ、やがて

 「実社会に働きかけることを
  怠っているうちに、

  自我が肥大化し、
  ついには行動できなくなる」

 でしょう。



■過度にお勉強に邁進したり、

 他者から評価される証明書のような
 ものを増やせば増やすほど


 「これだけ優秀な私が、
  万一、失敗したら、
  恥ずかしくて表を歩けなくなる」

 などと考え、身体が硬直し、
 動けなくなるのです。


 実際には誰もその人のことなんか
 見ていないのにね。



■反対に、

 愚かで、他者から評価される証明書も
 何も持っておらず、

 それゆえ失敗しても

 「恥ずかしい」

 という感情が人並み以下しか生じない
 私(鮒谷)のような人間は、


 実社会に働きかけて
 成果を出せなくても、

 恥ずかしいという思い自体が湧いて
 こないので傷つくこともありません。



■それゆえガンガン動ける
 (=実社会に働きかけられる)

 ので、

 打率は低くとも、
 打席数が多いので、

 少しづつ結果が出るように
 なるのです。



■もちろん、最強なのは、

 頭がよく、お勉強ができて、
 質の高い計画を立てられ、

 その上に、類まれなる行動力を
 持ち合わせている人。



■とはいえ、残念ながら、

 私(鮒谷)を含めて、そんな天賦の才を
 持ち合わせていない人間は、

 ないものねだりをしても
 しょうがないので、


 せめて

 「お勉強→お勉強→お勉強、、、」

 ではなく


 「行動(実社会に打って出る)
  →行動(実社会に打って出る)
  →行動(実社会に打って出る)

  →時折、お勉強

  →行動(実社会に打って出る)
  →行動(実社会に打って出る)
  →行動(実社会に打って出る)

  →時折、お勉強」

 という形に切り替えていくしかない
 のではないでしょうか。



■これを自分の力だけで
 できないのであれば、

 自分の周りに伴走者か仲間の
 いずれかを持つ必要があるのです。


 自分一人だけで、突然、
 行動し始められる人など、

 ゼロとは言いませんが、
 ほとんど存在しないから。



■ですから私(鮒谷)は、

 そうした伴走者やお仲間が
 いない方に向けて、

 行動主体の人生に切り替えていく
 ためのアシストをすべく、


 個別コンサル、あるいは
 年間プログラムというサービスを作り、

 ご提供することにいたしました。



■本日の年間プログラムでは、

 副業で先月の売上げ(=ほぼ利益)が
 1万円だった方が、

 今月は100万円超になられた、という
 報告を下さった方が現れられましたが、


 この方は約2年間、

 年間プログラムと個別コンサルで
 ご一緒させていただいてきました。



■ここにきて、いよいよ
 確変モードに入られましたので、

 あとはさらに基盤を固めつつ、
 売上げの上積みを狙っていくだけですが、


 爆裂状態に入られたのは、

 この間、ひたすらに
 行動、行動、行動、、、

 を重ねてこられたからです。



■行動できない人に成果なし、は
 やはり真実です。


 この当たり前のことを、柳井さんの

 ------------------------

 頭のいいと言われる人間に限って、

 計画や勉強ばかり熱心で、
 結局何も実行しない

 ------------------------

 の言葉を通して、
 改めて認識すべきではないか、

 そんな風に思います。



■こうした言葉を持ち、さらに

 「行動することから生まれる恥は
  かき捨て上等!」

 といった内的な物語を持つことで
 人生は激変するでしょう。



■誤った自尊心
 (=肥大化した自我)

 で行動がストップしてしまうのを
 止めるのは、


 同伴者や仲間ですが、

 どうしてもそうした人が
 見つからないのであれば、せめて

 「内的な言語を編集し、行動せずには
  いられなくなる物語を創造する」

 ことで自らの行動変容を
 促してみられてはいかがでしょう。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■どれだけ計画したり、懸命に勉強しても    社会に働きかけねば何も変わらない。   ■体を動かすと恥をかく、と思う人は    「賢くなり過ぎて自我が肥大化した人」    であり、それは    「目的と手段を履き違えた人」    と言ってもよいだろう。   ■内的言語を組み替えて、バグを取り除き、    成果の出る物語を生きることによって、    インプット(学び)を効率よく、    アウトプットに変えられるようになる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。