毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5995号 「くすんでいる私」が絶対肯定される物語を紡いだ話


■各種SNS見ていると
 皆さん、

 キラキラされていますね、
 輝いていますね。


 対する、私(鮒谷)は、
 自分でいうのもなんですが、

 キラキラ感のかけらもないし、
 輝いてもいない、

 むしろ、くすんでます(笑)



■ホコリに塗れているし、
 汚れているし、

 きらびやかな出自でも
 経歴でもないし、

 昭和な香りが漂っているし、
 働き方改革なにそれ?とか言っているし、


 おしゃれで今風で格好の良い、

 意識高い系が群れ集る場所には
 近寄らない(近寄れない)し、


 そうした人が好んで多用するような、

 カタカナ言葉はほとんど使わない
 (使えないし)し、


 きっと多くの人にとっては、
 積極的にそこを目指そうとは思わない場所、

 に陣を敷いています。



■しかし、ある時期から、

 私(鮒谷)はここ(=傍目には、
 くすんでいるようにしか見えない場所)

 を主戦場にすることを
 決めました。



■こうした立ち位置を、

 自らの意思によって
 積極的に選び取って生きる、


 この状態を絶対肯定し、

 かつ、その状態が
 自分にとって最高に心地いい、

 といった物語は、


 時間をかけて、
 言葉によって、

 脳の内部リンクを縦横無尽に
 張り巡らせていった

 「結果として」

 紡ぎ出された。



■その物語の通りに生きてきて
 気がついたら、

 自身の価値観や強みと
 取り巻く環境に摩擦がなく、

 自然体で生きているだけで
 勝手に目指す人生に近づいていく、

 そんな状態に入りました。


 無理して、

 自分と合っていない世界を
 追いかけなくてよかった、

 心の底から、そう思います。



■こうして自らが選択した「物語」は、
 今風の言葉でいえば

 「ポジショニング」

 といわれるのかもしれません。


 ただ、この言葉が醸し出す

 「戦略的に意思決定を下しました」

 的な雰囲気とはまるで逆、


 膨大な時間をかけることのない、
 シンプルな意思決定からもたらされた

 「ポジショニング」

 ではなく、


 無数の小さな閃きや気づきと
 そこからもたらされる微細な行動修正、

 これらの集積が、結果として
 私(鮒谷)を、今の私に導いた、

 と言って良さそうです。



■感覚的には、

 「落ち着くべきところに
  落ち着いたポジション」

 そんな感じ。


 けれども、

 戦略的意思決定の成果に
 勝るとも劣らぬ、


 というよりも、むしろ
 それをはるかに凌駕する形で、

 居心地が良く、かつ、結果を出せる
 状態を作り出すことができました。



■こうして築き上げてきた物語と
 心中すると覚悟が決まったことで、

 この生き様は私にとっての、
 絶対的勝ちパターンとなりました。


 そんな物語
 (と、そこから生まれた生活)を
 生み出すこととなった、

 思考について語っているのが
 今般、リリースした音源となります。



■膨大な数の意思決定基準を、

 齟齬なく、矛盾なく、
 組み合わせられた体系は、

 一朝一夕に生まれるものでは
 ありませんが、


 時間をかけて省察と自問自答の
 毎日を過ごしているうちに、

 やがて浮かび上がってくる
 もの。



■こうして生まれた物語に従って
 生きているうちに、

 徐々に確立されてくるポジションは
 自分自身が絶対肯定できるものであり、

 過去、現在、未来が
 統合されたもの。



■まさに

 「自らが編んできた物語と心中する」

 そんな気持ちで
 日々を過ごすこととなるから、

 その人生の周りに独自の世界が
 広がっていくこととなるのでしょう。



■ビジネスを

 「世界観拡張競争」

 とするのなら、
 このレベルまで自らを掘り下げれば、

 自身の物語の範疇においては
 自分が絶対者となります。



■こうして、

 性格、価値観、強みと、

 自分が生きている物語(人生)の
 一体化が実現されると、

 生きているままが世界観の拡張と
 深堀りにつながっていくのです。



■毎日、ほんの少しづつでいいので、

 言葉によって脳内リンクを
 縦横に張り巡らせることができれば、


 やがて、

 「自他に一貫性を感じさせられる
  物語」

 が編まれるようになるはずなので、


 その物語に殉ずるような形で
 日々を過ごせば、

 己の信念に従って
 生きられるようになるし、

 ブレずに行動しつづけられる
 ようになるし、

 それが影響の輪の拡大にも
 つながっていくことになるでしょう。


■こうして、

 自分に最適化された
 盤石の物語を生きられるようになると、

 結果として、機嫌よく
 生きられるようにもなるのです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■毎日の膨大な思索と意思決定基準の    策定の結果、編まれた物語は、    自己の一貫性を約束してくれるものと    なるだろう。   ■一貫性は自信や確信を生み出すし、    他者に対しては影響力という形で    波及していくものである。   ■地道で時間のかかる、辛気臭い取り組み、    それが「時々刻々の記」執筆だが、    一定の時間をかけて取り組めば、まさに    プライスレスの価値がもたらされる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。