毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5972号 無自覚の経年劣化を防ぐために


■深センに行って、
 改めて思ったのが、

 人間、定期的に普段とは異なる
 刺激に触れなければならない、

 ということ。


 現状維持は負荷もかからず、
 最も気持ち良いので、

 油断すると刺激を避けようとする
 傾向にあるのが人間。


 それゆえ、その性向にあえて逆らう
 ことを意識する必要がありそうです。



■彼の地と行ったり来たりを
 繰り返している人であれば

 「あのスピード感を
  日常に感じている」

 のでしょうが、


 私(鮒谷)のように、

 そういえば前回、
 深センに行ったのはいつだっけ?

 という人間にとっては、
 驚かされることが多々ありました。

 (調べてみたら3年半前でした)



■滞在中、某企業の、

 IOT関連のショールームを
 見学させてもらったのですが、

 「これは凄いな」

 と思わされるものから、

 「いやいや、
  さすがにこれはないだろうw」

 というものまで、
 いろんな商品が展示されておりました。



■おそらくは、

 どうせ何が当たるか
 分からないのだから、

 大量にいろんなものを
 世の中に出そう、的な

 「多産多死」

 的発想で、


 その中で生き残ったものが
 爆発するのだから、

 とにもかくにも
 スピード早く、手数を多く、

 そんな意識をひしひしと
 感じさせられた次第。



■日本にいて、

 いつもの場所で、
 いつもの人と、

 の繰り返しでは、


 知らず知らずのうちに
 のんびりしてしまい、

 危機感も失われるし、
 世界の潮流に乗り遅れますね。



■そんなわけで

 「意識して積極的に外に出て、
  誘われたら極力、断らない」

 ことを自らに課すことで、

 外の風にあてて、(無自覚の)
 経年劣化を防ぎたいと思っています。


 来月はシリコンバレーに
 行ってまいります。

 今日は短めに。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人間、油断するとあっという間に、    同じことの繰り返し(日常生活)に    埋没してしまう。   ■乏しい刺激からは危機感も発想も元気も    勇気も湧いてこない。   ■意識して刺激を求め、誘いは極力、断らず    新しい風に触れ続けることによって、    つねに自己刷新を図っていきたいもの。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。