毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5967号 学びの道中の恥は、かきすてでOK


■先般より開始したブログ

 【比喩と意思決定基準と私】
 https://note.com/funatani


 ですが、

 皆さまが各所にて
 ご紹介くださっております。

 (ありがとうございます!)

 引き続き、これはという記事があれば
 ぜひご紹介下さいませ。



■下記の記事


 【仕事とは
  「勝てるフォーマット(型)づくり」
  であると定義する】

 https://note.com/funatani/n/n70fe1c9f1131


 が、

 「プチプチ」

 くらいの感じではありますが、
 note内や、ツイッターその他で拡散。



■ほんの少し、露出しただけで
 数千のアクセス数とかになるんですね。

 これは凄いや。

 これまで生きてきた、
 閉じられた世界(メルマガ界)とは、

 まるで違う、、、(衝撃)



■ツイッターとか、

 ほとんど使いこなして
 こなかったのですが、

 なんだか凄いポテンシャルを
 秘めているような。



■恥ずかしながら今更ですが
 猛勉強して、

 先人たちに追いつけ、追い越せの
 精神で、PDCA回していきます。



■これまで日の当たらない場所
 (メルマガ)のみでの活動で、

 右も左も分かりませんが、

 旅の恥はかき捨てならぬ、
 学びの道中の恥はかき捨て、

 の精神で、ますます、
 やってやってやり散らかします。


 炎上しない程度に、、、



■ということで、

 今日のメルマガにおける
 最重要センテンスは、

 【(旅の恥はかき捨てならぬ)
  学びの道中の恥はかき捨て】

 の箇所。


 みんな、学ぶ際に格好つけようと
 するんですよね。

 失敗したら恥ずかしい、
 傷ついたらどうしようとか。



■でも、失敗を恐れて何も行わず、
 その場にじーーっとしていて、


 数年後、十数年後、数十年後、

 本来、身につけておくべき必要が
 あった各種能力を身につけておらず、

 過去の勇気のなかった自分を
 悔いても後の祭りです。



■どうせ、

 あなたが私(鮒谷)の個人的活動に
 何の興味もないように、

 他の人もあなたの個人的活動になど
 何の興味も持っていません。

 (持っている「フリ」くらいは
  するかもしれませんが)



■それを、


 失敗したら
 バカにされるんじゃないかとか、

 恥ずかしいとか、
 格好わるいとか、


 誰も、気にもしていないことを
 気にかけて、

 何も動けないとすれば、
 これほど愚かなことはありません。



■「幽霊の正体見たり枯れ尾花」

 という歌がありますが、


 --------------------

「尾花」はススキの穂のことで、
 幽霊だと思って恐れていたものが、

 よく見たら枯れたススキの穂だったと
 いう意味から。


 疑心暗鬼で物事を見ると、
 悪いほうに想像が膨らんで、

 ありもしないことに
 恐れるようになるということ。


 横井也有の俳文集『鶉衣』にある
 「化物の正体見たり枯れ尾花」が
 変化した句といわれる。

      (故事ことわざ辞典より)

 --------------------


 まさにこれに近いようなことが、

 行動を恐れる人の心の中で
 起こっているのです。



■行動する前は
 ビビっていたけれども、

 実際に動いたら分かるのが


 「幽霊の正体は枯れ尾花であった

 (誰も私のことなど気にしていないし
  ビビる必要など何もなかった)

 という現実。



■こうしたカラクリを
 身体で理解している人は


 【(旅の恥はかき捨てならぬ)
  学びの道中の恥はかき捨て】

 でバンバン恥をかきながら、
 時々刻々に学びを重ねていく。



■一方、このメカニズムを
 承知していない人は、

 ビビって何も動けず、
 何年経っても変化しておらず、


 「男子三日会わざれば
  刮目してこれをみよ」

 という言葉に触れても、

 この成長感を実地、
 理解することができません。



■どうせなら、前者、すなわち

 【(旅の恥はかき捨てならぬ)
  学びの道中の恥はかき捨て】

 でバンバン恥をかきつつ、時々刻々に
 学ぶを重ねていく側になりませんか、

 というご提案。



■私と一緒に、毎日、
 盛大に恥をかいてまいりましょう。


 大丈夫です。

 私など6,000日近くのメルマガ配信に
 おいて、さんざん、

 無知やら、無理解やら、不作法やら、
 無能さゆえに、

 いろんな人にバカにされ、
 恥もかいてきましたが、

 叩かれて、こぼした

 「涙の数だけ強くなれた」

 そんな気がします。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■旅の恥はかき捨て、ならぬ、    学びの道中の恥はかき捨て、    で、バンバン恥をかきながら、    多くのことを学んでいけば良い。   ■恥をかくのを恐れる人は、行動し、大量の    恥をかいている人をバカにすることで、    自らが成長感を感じられぬことへの不安や    焦りや恐怖や苛立ちを誤魔化そうとする。   ■長い目で見て、最後に報われるのは    恥をかきまくりながら成長を遂げた人。   ■外野のいうことなど気にせず、躊躇なく、    あらゆることにチャレンジすれば良い。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。