毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5965号 「決断したら、一気呵成に」が壁をブチ破る秘訣


■何事においても

 「決断したら、一気呵成に」

 が重要です。


 上述の通り、今、私(鮒谷)は
 自身のブログ

 【比喩と意思決定基準と私】
 https://note.com/funatani

 にめちゃくちゃ力を入れています。



■結構な時間を投資しています。

 時間を投資しているということは
 その分、他の仕事ができなくなるわけで、


 決して軽視できぬほどの

 「逸失利益」

 が生じているわけですが、
 それでもなお、

 アクセルを踏み込んで、
 ブログ執筆や、

 どうしたら、記事が拡散するのか、
 PDCAを回しているところです。



■それにしても
 取り組んでみて、いかにこれまで

 「ぬるま湯の情報発信に
  甘えていたか」

 を強烈に思い知らされております。



■メルマガにおいては、

 ある程度の共通言語、共通認識が
 存在することを暗黙の前提として、

 気楽な気持ちで
 執筆&配信をしていたわけですが、

 ブログは完全アウェイです。



■まったく初見の人に振り向いてもらい、
 関心を持ってもらい、

 さらには、

 継続して訪れてもらえるよう、
 インパクトを与えなければなりません。

 限られた時間で、こうした記事を
 書き続けるのはなかなか大変です。



■当然、

 「守破離」

 の順番に進んでいくために、
 リサーチも必要ですから、


 上手にウェブ上で発信をして、
 人の興味関心をひきつけている、

 幾多の人の文章を年末・年始以来、
 大量に読みふけってきたのですが、

 彼我の能力の差の大きさに
 愕然としております。


 皆さん、めちゃくちゃ文章、
 上手なのです。

 それに比べたら私の文章など
 残念ながら、児戯にも等しい。



■詳しくは書きませんが、

 メルマガ執筆とブログ執筆は
 まるで異なる競技、

 とまではいいませんが、


 似て非なるもの、たとえば

 スケートと競輪、

 飛び込みと
 シンクロナイズドスイミング、

 みたいな関係であるように
 思います。



■こうした背景もあって、

 メルマガは口述でできるのですが、
 ブログでの口述筆記は

 (やってみて分かったのですが)

 なかなかに難しく、
 というよりも、

 少なくとも現時点においては
 まず不可能。



■そんなわけで、

 文章を書くことについては結構、
 自信があったのですが、

 その自信を木っ端微塵に打ち砕かれて
 呆然としているところです。



■けれども、
 こういうのがいいんですね。


 そんなショックを乗り越えて、

 巨大な壁に立ち向かい、
 乗り越えるまでの、

 このひりつく感じ。

 闘争心が湧いてくるのです。



■こうした障壁を乗り越えるときの
 ポイントは

 「決断したら、一気呵成に」

 です。


 だらだら時間かけていたら、

 うまくいくものも、
 うまくいかなくなります。



■対象にコミットし、
 進むか退くかの決断期限を決めて、

 一気にリソースを叩き込み、
 そこで少し結果が出たら、

 気分が良くなり、
 続けていけるので。



■これがダラダラやっていたら
 10年やっていても、

 喜びが生まれるような
 (小さな)結果も出てきません。

 だから結局、途中で
 折れてしまうのです。



■もとより、

 いきなり大きな成果は
 出てくれませんし、

 過度に期待しないほうが良いのですが
 (期待し過ぎると折れやすくなる)


 とはいえ、

 あまりに成果がなさ過ぎると
 不毛感で挫折してしまいます。



■だから、


 --------------------

 1、最初にちょろちょろ始めてみる

 さらに

 2、その先に踏み込む勝ちがあると思ったら
   期限を決めて、全力傾注


 (ここで小さくとも成果が出れば
  続けられるし、

  何の成果も出なければ、
  心配しなくてもそのうち折れる)


 こうして、期限を迎えた段階で、
 何も変化が起きていなければ

 3、潔く撤退


 期限を迎えて、うまくいっていて
 追加投資の価値があると判断したら

 4、さらにアクセルを踏み込んで
   大量の資源をベットする

 --------------------


 こんな感じでいかれるとよいのでは
 ないでしょうか。


 年始にあたってお互いに、

 「目標を決め、決断し、
  一気呵成に」

 で、目の前にある、打ち破るべき壁を
 打ち破ってまいりましょう。



■ところで、

 本日、先ほどは、
 以下のような文章を書いたのですが、


 これはええやろ!と思ったところが
 大した反響なし。


 【漫画家・三田紀房さんの口から
  直々に語られた『ドラゴン桜』ヒットの方程式】

 https://note.com/funatani/n/nbc01c4e61c57


 なかなかに難しいものですね(泣)


 ますます高速に
 PDCA回してまいります。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「決断したら、一気呵成に」が    壁をブチ破る秘訣。   ■ダラダラ続けていても成果が出ることは    なく、すぐに折れてしまうから。   ■課題を突破するためには、以下のように    進めていくとよいのではないか。    1、最初にちょろちょろ始めてみる    さらに    2、その先に踏み込む勝ちがあると      思ったら期限を決めて、全力傾注   (ここで小さくとも成果が出れば    続けられるし、    何の成果も出なければ、    心配しなくてもそのうち折れる)    こうして、期限を迎えた段階で、    何も変化が起きていなければ    3、潔く撤退    期限を迎えて、うまくいっていて    追加投資の価値があると判断したら    4、さらにアクセルを踏み込んで      大量の資源をベットする

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。