毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5953号 JKに負けず「フッ軽w」でいこう


■もし、あなたが

 「変わらなきゃ」

 と思っている人であるならば、


 勧められたものの中で
 ちょっとでも

 「!!!」

 と思ったものには
 素直に乗ってみることです。



■紹介されても、

 直感で拒絶モードが発動されたり、
 忌避感、嫌悪感を催すものには、

 あえて近づく必要はありません。


 いや、直感は多くの場合、
 当たるので、

 近づいてはならない、

 といったほうが
 良いかもしれませんね。



■けれども、

 ときどき、出会うこともあると
 思います、

 これはちょっと気になるな、
 試してみたら人生、生活変わるかも、

 という対象に。


 そんなときが

 「試されどき」

 です。



■よく

 「頼まれごとは試されごと」

 といわれますが、
 その表現を借用するならば

 「気になりごとは試されごと」

 とも言えるでしょう。



■実際に

 「気になりごと
  (気になったもの)」

 に対してフットワーク軽く、
 試して見る人は、


 (たとえ打率が2割、3割で
  あったとしても)

 長い時間軸で捉えれば、
 どんどん世界が広がっていくものです。



■こうした姿勢で生きていれば

 「興味・関心の円の半径」

 は広がるし、


 それに伴い、長くなる
 円周の長さ(=出会いの広さ)は、

 チャンスが訪れる可能性と
 完全に比例するのですから当然です。



■一方で

 「気になりごと
  (気になったもの)」

 があっても

 「いつか」
 「そのうち」
 「機会があれば」

 と言い続けている人は、


 いつしか
 その言い回しが習慣化されるので、

 結果として行動習慣も

 「先送り姿勢」

 として定着することとなります。



■こうして大・中・小、
 あらゆるチャンスを先送りする人は、

 打率云々の前に、
 そもそも打席に立つこともなく、

 一本のヒットも打てません。


 興味・関心の円の半径は
 一向に広がらないし、

 何年経とうが、円周の長さが
 長くなることもありません。



■それはそのまま、
 現状維持につながるわけですが、


 元カルビー社長、
 元ライザップCOOの松本晃さんが

 【現状維持 是 即脱落】

 という言葉を大事にされていると
 言われる通り、


 現状に甘んじて、
 外の世界に出ていく

 (新しい機会を捉える)

 ことなくしては、

 現状維持はもちろんのこと、
 人生も仕事も後退どころではなく

 【脱落】

 するわけです。



■だからこそ

 「これはちょっと気になる」

 と思ったら、

 どんどん首を突っ込んでいく、
 試してみることです。

 たとえ7割、8割、
 失敗に終わることになってさえ。


 このくらいのフットワークの軽さで
 ちょうどいいのではないでしょうか。



■先日よりご案内している音源についても、
 もしあなたが

 「ちょっと気になる」

 と思われたのであれば、


 【フッ軽で行こう!】


 (フットワーク軽い、という意味の
  JK用語らしいですw

  この手の言葉は新陳代謝が激しいので
  既に死語になってるのかもしれませんが)


 を合言葉に、

 どんどん前に進んでみられては
 いかがでしょう。



■下記の通り、

 【実質、2,632円(!)】

 で打席に立てるのですから、


 数あるチャンスのうちでも
 最軽量級にお手軽、お値打ちな

 「打席に立つ権利」

 ではないかと思います。



■女子高生が元気で、

 どんどんいろんなものに
 挑戦しては世界を広げているのは、

 実にこの

 【フッ軽精神(!?)】

 によるものだと認識しています。



■往年の小田実ばりの

 「何でも見てやろう精神」

 ならぬ

 「何でもやってやろう精神」

 で、

 立てる限りのあらゆる打席に立って、
 どんどんバットを振るから、


 そのうちの何割かが
 ヒットになり、

 さらにそのうちの何割かが
 長打となり、

 さらに、さらに、そのうちの
 いくつかは本塁打となるのです。



■バットを振らなきゃ、
 なんにも始まりませんから、

 私(鮒谷)も重い腰を上げて
 ブログをスタートしたわけでして。



■この機会に、

 もし、いまだ、
 音源学習に取り組まれていない、

 あるいは、

 自らの行っている
 音源学習法に疑念のある、


 そんなあなたにこそ

 「バッターボックスに立ち、
  バットを振って頂きたい」

 と願っております。


 ※しつこいようですが、わずか

  【実質、2,632円(!)】

  で打席に立てるのですから、



■今回、ご案内している、

 【やる気ゼロでも
  毎日、最低3時間は学べた!

  会社員時代の鮒谷が行っていた
  超・実践的音源学習法音源】

 においては、


 なぜ、音源学習によって、

 人生や生活、ビジネスやキャリアが
 好転するのか、

 そのメカニズムや実際の活用法について
 詳しく語っています。


 (音源学習の効果が理解できれば、

  音源学習を行っていないことを
  恐ろしくなるくらいに感じられるはず)



 ------------------------


 【やる気ゼロでも
  毎日、最低3時間は学べた!

  会社員時代の鮒谷が行っていた
  超・実践的音源学習法音源】


 ▼収録時間:約88分(1時間28分)

 ▼価格12,800円+税

  にてご提供させて頂きます。


 ※さらに、感想をお送り下さった方には
  当社音源販売にてご利用いただける

  【3,000円分の割引クーポン
   (6ヶ月間有効)】

  をご提供致します。


 <音源のお求めは、
  今すぐこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/22190996

 (クーポンの利用忘れ等、決済完了後の
  お問い合せにはご対応致しかねます。
  あらかじめご了承ください)

 ------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■チャンスを広げていく人は皆、    「フッ軽(フットワーク軽い)」なのだ。   ■打率は2、3割でいいと割り切って、    バッターボックスに立つから、    多くが三振やキャッチャーフライや    ピッチャーゴロとなるのだけれども、    一定の確率でヒットや長打、本塁打が出る    ことが分かっていれば、    貪欲に打席に立とうとするだろう。   ■こうした姿勢は一事が万事であり、    たくさんの打席に立とうと試みる人は、    人生がすごいスピードで様変わりするし、    そうでない人は、現状維持、即、脱落、    の厳しい道を歩むことになる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。