毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5937号 年金が気になるのは、年金を頼りにしているからである


■少し前の話ですが

 「老後資金2000万円問題」

 がありました。


 特に関心を持って追いかけていた
 ニュースでもなかったので、

 正直、何が問題で、

 なぜ、あんな大騒ぎになったのか
 未だによく分かりません。



■なので、

 「年金 2000万円」

 等の検索ワードで改めて、
 調べてみました。


 その結果、
 分かったことは、、、

 といいたいところですが、
 実のところ、

 なんにも分かりませんでした。

 (多分、読解力がないだけ)



■そんなこともあって、

 結局、何が問題で、
 あれだけの騒動になったのか、

 それ以上、調査することは
 あきらめたのですが、


 この過程において、
 私(鮒谷)なりに結論づけたのは

 「年金とか、
  当てにするのは
      もう止めよう」

 ということでした。



■そもそも、

 「年金が気になる」

 のは、年金を当てにしている
 からであって、


 「はじめから
  そんなものに期待しない」

 と決めていたら、

 その前提で物事を
 考えるしかありません。



■言葉を換えれば、

 「もらえたらラッキー」

 くらいに考えておいたほうが
 精神衛生上はいいんじゃないか、

 ということ。



■引退された世代はともかく、
 少なくとも現役世代は

 「もらえなかったら大変だ」

 という呪縛から
 自らを解き放ち、

 (極論をいうと)

 一円ももらえなくなることを
 前提として人生設計を行う。



■その上で、

 ある一定の年齢に達したとき、
 もし、まだもらえる状況であったなら


 「予期せぬ小遣いをもらって、
  得をした」

 「タンスに隠して忘れていた
  現金が出てきて嬉しい」


 くらいの精神状態になることを
 目指してはどうか、

 くらいに考えているのです。



■ぶっちゃけ、

 将来のことなど、
 いくら考えたところで、

 あなたも私(鮒谷)も、

 未来学者でもなければ、
 予言者でもないので、

 分かるはずがありません。



■分かるはずがなければ、
 できるのはただ一つ

 「最悪を想定して
  動く、備える」

 ことくらい。



■とはいうものの、


 <日本の年次・性・年齢別
  人口ピラミッド>

 https://www.youtube.com/watch?v=zDocOJtN6rY


 の動画なんかを見ていると、


 年金を当てにできない時代が
 来るのは

 「最悪の事態」

 ではなく

 「順当に考えると、
  想定内の範囲として」

 訪れるのではないか、

 と、

 あくまで個人的な所感では
 ありますが、

 考えているわけです。



■そんなわけで、

 古くからの読者さんは
 ご承知の通り、


 実際に私(鮒谷)は、
 メルマガ創刊当時、

 すなわち15、6年くらいも前から
 一貫して、


 年金とか当てにならないし、
 当てにすべきでもないと思うから、

 自助努力するしか
 ないんじゃないですかね、


 と書いてきました。



■繰り返し、
 そのように発信していたら、

 いつの間にか、
 それが信念となり、

 そこから逆算して、人生設計を
 立てるようになりましたが、

 それで良かった、
 と心の底から思っています。



■年金に頼る精神で生きていると、

 年金の制度設計の変更のたびに
 揺らぎが生じます。


 であるならば、端から

 「年金のことを脳内メモリから
  100%、除去した上で生きる」

 ことにすれば、

 制度変更とか、
 何の関係もなくなるので、

 いたって心穏やかに
 生きていけるでしょう。



■ところで、


 私(鮒谷)が、今年のある時期、
 世間を騒がせた

 「老後資金2000万円問題」

 に何の興味も湧かないし、

 「どうでもええわ」

 と思えるようになったのは
 ひとえに


 「いや、ってか、
  年金に頼ろうとしている時点で、
  大前提が間違っているんじゃね?」

 という認識を
 最初に埋め込まれたから。



■どこでその認識を
 埋め込まれたのかというと、


 ドラッカーいうところの、

 未来はすべて
 不確かなものだけれども

 「人口統計だけは裏切らない(超訳)」

 という言葉に触れたことによって。



■先にも紹介した


 <日本の年次・性・年齢別
  人口ピラミッド>

 https://www.youtube.com/watch?v=zDocOJtN6rY


 ですが、

 今から20年後でもいいし、
 30年後でもいいし、
 45年後でもいいし、

 ご覧になってみてください。



■これを見れば、

 こんなの、どうみたって、

 今の社会構造が、そのままの状態で
 存続するはずがないだろう、

 と、子どもでも分かるでしょう。



■ということで、

 自分に投げかける問い自体を

 「どのようにして、
  (限られた)年金で生活していくか」

 から


 「どのようにして、年金に一切頼らぬ
  人生設計を行うべきか」

 に一大転換してみては、

 と提案したいと思います。



■こう考えることによって、


 より一層、人生に当事者意識が
 生まれてくるようになるし、

 「俺が(私が)稼がなければ
  誰が稼ぐ」

 という真剣かつ深刻な意識が
 芽生えてくるのです。



■この意識の芽生えから生じる

 「稼ぐと決めて、
  稼ぐための行動を行う」

 ところから、


 将来不安やを取り除くための
 一歩を踏み出してみては、

 いかがでしょう。



■かくいう私(鮒谷)自身、

 現時点において
 大した蓄えはありませんし、

 今なお、
 未来は不安でたまりません。



■ただ、こうした思いを持ち、

 長らく、一定以上の緊張感を
 保ちながら生きてきたので、


 おかげさまで、

 「たいした蓄えはないけれども、
  年金を当てにせずとも、
  なんとかやっていけそうだ」

 という予感めいたものは
 生まれつつあるのです。



■その根拠としては、
 たとえば今

 (より正確にいうと、本格的に動き出した
  のはほとんど昨日、今日から)

 新しい事業を立ち上げ、

 テストマーケティングを
 開始したばかりですが、


 この1、2日の間で、

 関心をお持ち下さりそうな、
 数名の方にお声かけするだけで、すぐに

 「500万円ほどの売上(見込み)」

 が、あっと言う間に立ちました。


 ※このビジネスはそこまで
  大きな利益率ではありませんが。



■大変ありがたいことであり、
 様子を見ながら、

 年末から年明けにかけて、
 さらに売上をあげるべく、

 久しぶりに本気で営業しようか、
 と思っているのですが、


 数日経たずに、こうして即座に
 売上げが見込めるようになったのも


 「老後、年金を当てにしない前提で
  生きていくとするならば、

  人間を当てにして
  生きていくしかない」

 と考え、

 人間関係の構築に
 努めてきたからです。



■人間、

 「稼ぐと決めて、
  稼ぐための行動を行う」

 ならば、いつか必ず、
 報われるもの。


 誰かに、
 何かに頼るのではなく、

 「自助努力で稼ぐ」

 と決めることによって
 人生が大転換するのです。



■もちろん、

 上に記してきたような考え方で
 生きなければならない、

 などというつもりは
 毛頭ありません。



■再三の紹介となりますが


 <日本の年次・性・年齢別
  人口ピラミッド>

 https://www.youtube.com/watch?v=zDocOJtN6rY


 の動画を見つつもなお、

 楽観的、
 あるいは希望的観測を持ち、

 「まあ、なんとかなるっしょ」

 と思われる方は
 それでいいと思います。


 人生いろいろ、人それぞれ。



■ただ、

 私(鮒谷)が長年、
 考えてきたことに対して同意下さり、

 さらには

 「確かにちょっとヤバいかも」
 「どげんかせんといかん」

 と思われた方が
 いらっしゃるならば、


 今すぐ、

 「稼ぐと決めて、
  稼ぐための行動を行う」

 ことを開始すべきでは
 ないでしょうか。



■これも個人的な考えですが、

 決断と実行を後に回すほどに、
 いよいよ挽回は厳しくなっていく、

 ように思われます。


 現に、

 少なくとも個人が、お金を手元に
 どれだけ残せるかを考えたとき、

 税や社会保険の制度一つを
 とってみても、

 20年前、10年前、5年前と比べて、
 明らかに状況は悪くなる傾向にあります。



■さらに、

 現在、国の置かれている状況を
 鑑みるに、これから先、

 「ますます傾斜の厳しくなる急坂」

 を上るようなものになるに
 違いないので、


 であるならば、

 相対的に見て、まだマシであろう、
 今すぐにでも立ち上がらなければ、

 これからますます
 厳しくなっていく、


 くらいの状況認識は
 しておくべきではないか、

 と個人的には思っています。



■それゆえ私(鮒谷)も、

 まだ、なんとか登れるくらいの
 勾配である今の時期に、

 思いつく、あらゆることを
 前倒しで叩き込むべく、

 仕事を進めているのです。



■こうしたことが理解され、

 「稼ぐと決める、動く、
  稼ぐと決める、動く、
  稼ぐと決める、動く」

 と百遍、唱えてさえ、

 覚悟を決めて、実行するのは
 難しいもの。



■そんな中、

 もはや、きれい事や希望的観測で
 自分を誤魔化すことは限界だと気づき、


 本気で稼ぐ決断を下し、
 行動することを決意して、

 やり遂げようと
 思われた方からのみ、

 お申し込みを受け付けているのが、
 以下のサービスとなります。



■それなりの費用がかかりますし、

 積極的に
 販売するつもりもありませんが、


 本気で

 「稼ぐと決断し、絶対に動く」

 と決められた方であれば、
 きっとお役に立てるはず。


 ---------------------------------

 【 鮒谷周史の、
   個別コンサルティングのご案内 】

 <お申し込みはこちらから。
 ※6回コースがお得でオススメ、ほとんどの方が
  6回コースでお申込み下さっています>

 https://form.os7.biz/f/6387a7fb/

 <「個人のキャリア開発・独立起業」等の
  コンサルについてのご感想>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/171106_testimonials_consulting_career.pdf

 <「企業経営・売上増進・利益拡大」等の
  コンサルについてのご感想>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/171107_testimonials_consulting_manager.pdf


 ※終日コンサル(8時間)をご希望の方はこちらから
  http://www.2nd-stage.jp/consult/allday/

 ※半日コンサル(4時間)をご希望の方はこちらから
  http://www.2nd-stage.jp/consult/halfday/

 ---------------------------------


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■年金が気になるのは、    年金を頼りにしているからである。   ■年金を頼りにする限り、    制度変更の度に心乱され、    穏やかになれることがない。   ■年金に囚われなくなった、あるいは、    囚われる必要がなくなったとき、    より、精神的に自由な世界に    出られることだろう。   ■その世界は、ただ待っているだけで    与えられる世界ではなく、    自ら掴み取りにいかなければ、    永遠に手に入れられない世界である。   ■しかし、決断し、一定の時間をかけて、    動いてでも、狙いに行く価値のある世界。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。