毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5915号 拡大基調のコミュニティに所属し、ネットワーク効果を存分に享受すべし


■月に一度、

 私(鮒谷)が、
 朝10時から夜9時まで、

 ノンストップで語り続ける場を
 6年以上、開き続けています。



■この場について、

 正式名称を決めず、
 仮タイトルとして

 「年間プログラム」

 と名付けたわけですが、


 気がついたら仮タイトルのまま、
 名称変更の機会を逸してしまい、

 6年以上が経過しました。



■最初の4年半くらいは

 「真面目に案内しない」

 「価値の分かる人だけ
  自ら飛び込んで来られればいい」

 くらいの感じで、

 内容についての説明責任を果たすことも
 ほとんどありませんでした。



■それゆえ、

 最大でも20名前後から、

 一番、少なくなったときで
 なんと5名!

 まで参加者が減ったわけですが、

 それでも、お伝えしている内容
 そのものには絶対の自信がありました。



■そんなこともあり、

 1年半ほど前であったかと
 記憶していますが、

 ある決断をしました。


 それは

 「まずは年間プログラムの
  参加者を100人にする」

 こと。



■当時は、

 音源版(参加費60万円+税)という
 メニューは未だ存在せず、

 「会場参加版
  (参加費88万円+税)」

 のコースしかなかったので、


 この価格帯で参加者100人、

 というのは、
 なかなかの挑戦でありました。



■しかし、


 「決断し、宣言し、
  返す刀で行動し、

  結果を見ては、振り返り、
  改善の仮説を立てて実行し、

  以降、ひたすら、
  超高速PDCAを回し続ける」


 ことを繰り返していくうちに、
 それが実現可能であるのは、

 これまでいろんなビジネスを
 立ち上げてきて確信があったので、

 やってやろうかな、と。



■そんなこんなで、

 1年半ほど、まじめに仕事したら、
 一切の広告コストをかけることなく、

 徐々に多くの方がお集まり下さる
 ようになりました(感謝)



■まだ達成したわけでは
 ありませんが、


 おかげさまで現時点における
 参加者は88名

 (会場版40名、音源版48名)

 となりました。


 遠からず、
 目標達成することになるはずです。

 (というか、達成させます)


 1年半の取り組みの成果としては、
 それなりの速度であろうと思います。



■振り返ってみて、

 短期間に、これだけの方に
 お集まり頂けるようになったのには

 【宣言の力】

 が大きかったように思われます。



■少数の年間プログラムの
 参加者を前にして、


 「年間プログラムの参加者を
  まずは100名まで持っていくので、

  そのプロセスを見ておいて下さい、
  それが一番の学びになるはずです」


 と宣言して、退路を断ちました。



■その上で、

 場における提供価値を
 最大化しようと全力を尽くし、


 同時に、

 その場でお伝えしている内容や
 価値についても、

 様々な角度からご案内することで、
 参加下さる方が徐々に増え、


 ようやく、達成が見えるくらいの
 ところまで到達したわけです。



■合わせて、

 2年目、3年目、4年目、、、

 という形での更新・継続の率も、
 以前と比べて格段に高くなり、


 (継続率は、価値提供に比例すると
  考えていますので)

 以前より大きな価値を
 お出しできるようになっている、

 と判断しています。



■そんなわけで、
 100名まで、あと少し。

 明後日、土曜日にも新しい方が
 お越し下さいます。


 ますます、様々な場所で活躍される
 多様な方が集うプラットフォームとなり、

 活気が生まれ、随所で化学反応が
 起こっているのを見聞きするのは、

 本当に嬉しいもの。



■ここまでいけば、

 もはや私(鮒谷)の話は
 「おまけ」みたいなもので、


 場に集われている方々同士で
 勝手に(!?)活性化され、

 新しい取り組みが生まれたり、
 挑戦心が涵養されたりしているので、


 そうした土壌(環境)をお渡ししている
 ことこそが、

 この場における、メインの提供価値に
 なっているような気さえしています。



■やってみると分かりますが

 「年額88万円(+税)」
 「年額60万円(+税)」

 という金額をお支払い頂き、

 そこからさらに
 2年、3年と継続してもらうのは、

 とても、とても、大変なこと。



■その中で

 参加者が100名を超えてきて、

 「ここで得られるネットワーク
  そのものが最大の価値」

 となれば、

 そこから先、さらに加速度を
 増していくことになるはずです。



■こうした場に足を運ばれている


 「本気になっている人」

 「多様な背景(キャリアや能力、
  経験、知識等)を持っている人)」


 と日常的に会える環境にある人は、

 別にこの場に参加される必要は
 ないかと思います。



■しかし、

 今、そういう場にいるわけではなく、
 にもかかわらず、


 「高い基準を設定して、日々、
  挑戦を繰り返している人と、

  切磋琢磨しつつ、
  自分を作り変えていきたい」


 あるいは、


 「高い戦闘力を持つ
  (=安定的に成果を出せる)
  存在になりたい」

 「もっとQOL(人生や生活の質)を
  高めたい」


 と考えている方が
 いらっしゃるのであれば、

 ぜひ、門戸を叩いて頂ければと
 思います。



■こうしたネットワークに
 参加する人が多様化し、

 さらには人数が増えるほど、
 ネットワーク効果(※)が高まり、

 さらに大きな価値が
 生まれるわけですが、


 (以下、参考までに)
 -----------------------


 ネットワーク効果
 (ネットワークエフェクト)、

 もしくはネットワーク外部性とは、


 製品やサービスの利用者が増えるほど、

 その製品やサービスのインフラとしての
 価値が高まること。


 そのネットワーク外の者にとって
 価値が高まることから、

 ネットワーク外部性とも呼ばれる。


 そのサービスの利用者数の多さの方が、

 品質や価格よりも価値を決める
 要因として大きくなり、

 ネットワーク効果で優位に立てば

 利用者はさらに爆発的に
 増加する傾向がある。


   (シマウマ用語集より。
    筆者により適宜改行)


 -----------------------


 どうせながら、

 拡大基調にあるネットワークに
 早いうちに参画し、顔を売っておけば、


 数年後から十数年後には、

 こうした場で培われた知見や
 経験やネットワークが、

 とてつもない価値に化けることを
 分かっている人は分かっているものです。



■私(鮒谷)も、その昔、

 こうしたコミュニティーに
 所属していたことがありますが、


 特に

 「やる気と能力のある、
  これからさらに化ける人」

 とのネットワークが強化されたことが
 大きな財産となった、

 と確信しています。



■こればかりは体験がなければ
 ご理解いただけないことだと思いますが、

 「確かに
  そういうこともありそうだ」

 と感じられる方があったとすれば
 その直感に間違いはありません。



■然るべき人たちが集う、

 拡大基調のコミュニティに
 所属していれば、

 今後の成長に応じたネットワーク効果を
 存分に享受できるでしょう。


 こうした場に、

 できるだけ早く参画しておくと
 その分だけ、先行者利益を手にできる、

 とも言えるでしょう。



■何事においても、

 意思決定の早い人が美味しいところを
 先に取っていくものです。


 人生においても、
 ビジネスにおいても

 「即断即決」

 が尊ばれる所以でありましょう。



■お申し込みは以下よりどうぞ。


 -----------------------

 <年間プログラム(会場版)の
  お申し込みはこちらから>
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21

 <年間プログラム(音源版)の
  お申し込みはこちらから>
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/13630

 -----------------------


 ※分割払いを希望される方は
  ご相談下さい。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■然るべき人たちが集う、拡大基調の    コミュニティに所属していれば、    今後の成長に応じた、ネットワーク効果を    存分に享受できることとなる。   ■つまり、こうした場に、できるだけ早く    参画しておくと先行者利益を手にできる。   ■何事においても意思決定の早い人が    美味しいところを先に取っていくものだ。   ■即断即決が尊ばれる所以である。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。