毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5910号 「糞詰まり」は心身ともに悪影響を及ぼす


■いきなり尾籠な話で恐縮ですが、


 人間、食べるだけ食べて
 排泄を行わなければ

 「糞詰まり」

 になります。



■糞詰まり状態が長引けば、

 (なんとなく想像がつくと思いますが)

 有害物質が体中を駆け巡り、
 様々な病気につながるようです。


※以下、

 正確を期するため、大鵬薬品工業様の
 ホームページより引用

 (改行箇所のみ読みやすくするために
  筆者にて変更)


 (ここから)
 -----------------------


 便秘は、腸内にうんちが
 長期間溜まった状態ですから、

 私達の腸内細菌に
 悪い影響を与えます。


 うんちがエサとなって、クロストリジウム
 などの悪玉菌が増殖します。

 そして発ガン物質、発ガン促進物質、
 アンモニア、硫化水素などの有害物質や、

 おならの元となるガスを発生させます。

 だから便秘の時のうんちは、
 臭いのです。


 そして便秘が続くと、

 それらの有害物質はどんどん腸壁から
 吸収されて、血液中をめぐります。

 肌荒れや様々な病気にも
 つながると考えられています。


 -----------------------
 (ここまで)


 要は便秘状態が続くと、

 有害物質が増殖し、
 血液に溶け込み、

 それが体じゅうに悪さをする、

 ということなのかと思います。



■これは肉体上の話ですが、

 心の面(学びの面)においても
 同じことが言えるでしょう。


 つまり、

 一生懸命にお勉強していても
 行動に移さなければ、


 「一生懸命に知識は蓄えるけれども
  外に出さない」

       ↓

 「入れたものが溜まっていく」

       ↓

 「腐る、腐臭を放つようになる」

       ↓

 「毒素が自らを傷めつける」


 こととなるわけです。



■思い当たる節のある方も
 少なくないのではないでしょうか。


 「こんなに勉強しているのに
  何も形になっておらず、
  精神的にきつい、辛い」

 とか


 「たくさん知識を
  インプットしているのに、

  積み上げては忘れ、
  積み上げては忘れ、を繰り返し、

  賽の河原状態である」

 とか


 「(勉強が)まだ足りない、
  まだ足りないと、

  つねに強迫観念に
  追い詰められている」

 といった自覚症状がある方は、

 まさに、上記の流れに陥っている
 ということになるでしょう。



■肉体的な便秘があるのと同様に、
 学びにおける

 「精神的な便秘」

 もありますが、

 こうした方はまさにこの症状に
 苦しめられているわけです。



■尾籠な話続きで
 ますます恐縮ですが、

 おかげさまで私(鮒谷)は
 毎日、快食・快便、

 そういった方面?においても
 気持ちのよい生活を過ごせています。



■日常生活においては、
 排泄がしっかりできているから、

 日々のご飯も安心して
 美味しく食べられます。


 もし重篤な便秘症状があったなら、

 それが気になって、せっかくの
 食事も十分に楽しめなさそうです。



■それと同じように、


 日々の学びや思索したことが
 きちんと咀嚼され、

 外部に出ていく(形になる)、


 こうした実感があるからこそ、

 安心して食事(学習)を
 行えるように思われます。



■もし一生懸命に学んでも、

 学べば学ぶほど、便秘状態に
 なって
 自らを苦しめる、


 そんな風に

 (たとえ無意識領域であってでも)

 感じていたら、

 果たして一生懸命、
 勉強に取り組めるでしょうか。



■あるいは、

 仮に取り組めたとしても
 結局、形にならないわけですから、

 最終的には

 「勉強すればするほど苦しくなる」

 のです。


 こうした症状に悩まされている人も
 また、多いように感じています。



■ちなみに私(鮒谷)は、

 これまた、おかげさまで

 「学びの面においても快食・快便」

 です。



■摂取したもの
 (勉強によって学んだこと)は、

 日々、メルマガという形で
 排泄(もとい、配信)し、


 それ以外にも、

 月に一度の年間プログラムや
 日々、行っている個別コンサル、

 さらには会食等を通して、


 自分の中に滞留させることなく
 ほぼ、リアルタイムで、

 すべてを外に出し切ることを
 心がけているので、


 学びが頭や心に滞り続け、
 やがて腐って、自信を傷つける、


 などということはありません。



■さらに、

 学んで閃いたことは都度、

 できるだけ即座に、
 企画に落として成果物に変える、

 といったトレーニングも
 行ってきたので、


 (たとえば各種音源のリリースも
  そうですし、

  今回、ご案内した、

  「丸一日、集中して本当に
   大切なことに取り組む会」

  の実施などもそうですが、
  思い立ったら即座に実行)


 アイデアを寝かしている間に
 行方不明になり、

 結局、せっかくの思いつきも
 日の目を見ぬこととなり、


 結局、何もやらなかったという
 ストレスと、

 失敗体験から生じる
 トラウマだけが残った、


 などということもありません。



■肉体であれば

 「食事から排泄に至る仕組み」


 精神(学び)においては

 「学習から発信、実行に至る仕組み」

 が適切に機能しているからこそ、


 快食・快便の喜び、

 すなわち、

 たくさん食べて、
 たくさん出す

 たくさん学んで、
 たくさん結果を出す


 ことが可能になるのです。



■ここが機能不全に陥っていると、

 さまざまなところに
 不具合が生じるので、

 いつか、根本的な治療を
 行わなければならないのは、

 いうまでもありません。



■月に一度、開催している
 年間プログラムは、まさにこの

 「糞詰まり状態」

 を根治いただくための
 中・長期的なプログラム、

 と言えるでしょう。



■もし、

 「糞詰まり体質」

 を解消しようとするのに、


 下剤や浣腸を利用し続けていると
 それらに依存することとなり、

 ますます根本治療からは
 遠ざかることとなるはずです。



■「体質改善には時間がかかる」

 のですから、

 「時間をかけての体質改善」

 が必要になるのです。



■それが面倒だから、

 「下剤や浣腸に依存する」

 人が多くなるのかもしれませんね。


 もちろん、一時的に
 顕著な効果が現れますが、

 頼り切るのはよろしくないように
 思われます。



■そういう意味では、
 今回、ご案内した


 【丸一日、本当に大切なことだけに
  集中する会(第10回)】


 も、

 これに参加されたからといって
 完治することにはなりません。



■さはさりながら、


 「一旦、自分の内側で溜まっていて
  腐臭を放っている毒素を、

  一旦、デトックスするためには
  極めて有効な機会となる」


 のは間違いありません。



■やるべきことをきちんと行う
 (=形にする)

 そのための時間を
 強制天引き、強制確保することで、


 いろんなことを先送りし続けていた
 モヤモヤを解消し、

 体内デトックスされた快感を、
 ぜひこの場で味わって頂きたい、


 と願っております。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■学んでも行動しなければ    (成果物を生み出さなければ)    「糞詰まり」    となるのは、肉体も精神も同じ。   ■入れたら出す、これが心身ともに、    健康であり続ける秘訣である。   ■最終的には、便秘体質は、時間をかけての    体質改善を行うべきであるが、    まずその前に滞留している老廃物を    出すために下剤や浣腸が有効になる、    こともある。   ■学びも同じ。    たとえ一日でも、集中して成果物を残す    ことで、デトックスされ、    次のステップに進むことができるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。