毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5903号 「止血やむなし」のときもある


■一昨日、昨日と、


 私(鮒谷)の情弱ぶり

 (携帯キャリアに無駄な高いカネを
  支払い続けてきたこと)

 の話を通して


 「時給を引き上げる
  意思決定(と行動)」

 を意識することが大事、

 とお伝えいたしました。



■次に

 「時給を引き上げる
  意思決定(と行動)」

 には

 「コスト削減系の仕組みづくり」

 と

 「収益逓増系の仕組みづくり」

 の2方向があることを
 記しました。



■さらに、
 昨日のメルマガでは、

 「コスト削減系の取り組み」

 にあは限界があるし、


 やればやるほど削減余地が狭まり、
 時間当たりの生産性が下がり、

 縮小再生産に陥りがちであるから、


 「収益逓増系の
  青天井方向への取り組み」

 を基本方針とすべきである、


 そんなお話をいたしました。

 今日は本シリーズの完結編。



■上に書いたことは、

 「理論的には」

 確かにそのとおりの話であると
 ご理解頂けると思いますが、


 さはさりながら、
 今、カツカツの個人や法人が、

 いきなり(不慣れな)

 「収益逓増系の取り組み」

 を行おうと試みても、


 「コスト削減系の取り組み」

 よりも高い能力が必要とされるので、
 一定のトレーニングを積んでいなければ、

 結果を出すことはできません。



■したがって、

 実践して、成果を出せるように
 なるためには時間がかかるのです。


 であれば、

 今、経済的に厳しい方には
 次善の策として、


 (いつまでもコスト削減系の
  取り組みだけを行うわけにはいかない、
  と理解した上で)

 あえて、

 今すぐ、成果の出る、
 コスト削減系の取り組みを行う、

 そんな選択肢をとることを
 お勧めいいたします。



■昨日の例でいうならば、


 私(鮒谷)は少なくとも
 現状においては、

 (零細企業ではありますが)

 わずかなりとも利益が出る会社を
 経営している経営者であり、


 携帯電話代に月7万円を
 払っていても

 「誤差の範囲」

 と許容できる状態でありました。



■けれどももし、今、
 私(鮒谷)が20代の会社づとめの頃で、

 副業もしておらず、
 収入は会社からの給与のみ、

 という状態であるあれば、

 「収益逓増系の取り組み」

 も大事ではありますが、


 それよりも今すぐ

 「コスト削減系の取り組み」

 を行い、出血を止めることを
 急いだことでしょう。



■理想を言えば、
 青天井の収入をもたらしてくれる

 「稼ぐ系」

 にフォーカスしたいところでは
 あるけれども、


 現実を見れば

 (コスト削減に限界があることは
  分かった上で、あえて)

 「節約系」

 でいくべきである、

 ということですね。



■こうしてコスト削減をして、

 浮かせた余剰のお金(と時間)を
 再投資することで、

 「3歩進んで2歩下がる」

 を繰り返しつつ、
 少しづつ余裕を増やしていき、


 ある程度の余裕が生じた段階で、

 (いつまでもコスト削減系のみを
  行い続けるのではなく)

 満を持して、

 「収益逓増系の取り組み」

 に挑戦されるとよいでしょう。



■本当はこうしたい、

 といった思いや願いが
 あったとしても、


 現実を無視し、順序を飛び越して、
 一足飛びに無茶をすると、

 形となる前に破綻をきたして
 しまうこともあるため、


 まずは自分の現状を
 客観的にとらえ、

 どの方向性に向かっていくか、
 検討されるべき。



■ここまでお読み頂いたら
 もうお分かりかと思いますが、


 一昨日、昨日と書いてきた

 「通信費で無駄なおカネを
  支払い続けてきた」

 という話の本質は、


 通信コスト削減のために、

 無駄な調査や手続きの時間、
 あるいは認知能力を割くくらいなら、


 先に収益の上がるものに投資をし、

 たかが月額5万や7万の通信費が
 気にならないくらい稼げばいい、

 というところにあります。


 私(鮒谷)は、

 そう思っておりましたし、だからこそ
 これだけ後回しにしたわけですが、

 順番としてはそれで
 間違えてはいないのです。



■考えてもみて欲しいのですが、

 『○○トレンディ』

 やら

 『D○ME』

 といった雑誌を熟読し、
 通信コスト削減に命をかけてみたり、


 毎月、毎月、ありとあらゆる
 クレジットカードの情報を集めて、

 ポイント蓄積に
 死力を尽くしてみたり、


 それでわずか数万円のコストを
 削減する暇があるならば、

 その膨大なエネルギーを
 稼ぐ方向に使うほうが、


 長い目で見たときには100倍、
 合理的だし、効果的だし、効率的です。



■だからといって上記のような
 雑誌に意味がないかというと、

 決して、そういうわけではなく、


 今、経済的に厳しい人にとっては、

 コスト削減の指南役を果たす
 素晴らしいコンテンツ提供をしてくれる、

 価値あるメディアです。



■しかし、

 「私は経済的に
  豊かになりたいんです!」

 と思っている人であれば、


 生活に多少のゆとりが出てきた段階で
 こうした雑誌は卒業すべきでは、

 と考えています。


 ※これら雑誌に恨みがあるわけでは
  ございませんので念の為、、、

  上述の通り、必要な人にとっては
  必要な情報が含まれている、

  極めて有用な雑誌であると
  思っています。



■ただし、あるところから先は、

 コスト削減に
 希少な時間を用いるよりも、


 青天井系の方に向けての情報収集や
 実践に時間を投下したほうが、

 トータルの利回りが上回る
 可能性がはるかに高い、


 ということは間違いないでしょう。



■私(鮒谷)は、

 もともと起業前から、
 こうした視点を持って、


 人間の持つ最大の希少資源である
 時間の最適投資先を検討したときに、

 「まずはコスト削減系から。
  でも、とっととそこから脱却すべき」


 という人生方針を
 立てておりました。



■だからこそ、

 多少なりとも生活に
 ゆとりが生まれたタイミングで、

 そこから先、一気に収益逓増化の
 方向に舵を切ることができたし、


 その結果として、執拗に
 コスト削減を追求しなくても、

 冗費がさほど気にならなくなる程度には
 利益を上げられるようになった、


 ということも付記しておきます。



■、、、というわけで


 携帯電話騒動?の一連の話を
 書いた最初の号では、


 「これだけのコストを
  垂れ流してきたことに、
  愕然としております(反省)」

 とか

 「こんな私(鮒谷)を
  反面教師にして下さい」

 などと記しましたが、


 実のところ、

 愕然としたわけでもなければ、
 反省なんかも全くしておらず、

 反面教師として下さい、

 などとも、
 微塵も思っておりませんでした。



■ただ、

 文章の流れの中で、
 というべきか、

 レトリック上というのか、
 言葉のあや、というのか、

 行きがかり上というのか、


 そうした文脈の中で
 出てきた言葉であって、


 まるで本心ではなかったと、最後に
 強調してお伝えすることによって、

 一昨日、昨日、本日と続いた
 3部作の締め、

 としたいと思います。



■ここまで記した言葉を読まれて、

 カチンと来られた方も
 いらっしゃるかもしれませんが、


 本稿に限らず、

 当メルマガは私(鮒谷)個人の
 私見を述べ、

 もし少しでも気づきや学びが
 あるようなら、

 どうぞどうぞ
 ご自由に取り入れて下さい、タダで、


 というつもりで配信している、
 ごくごく私的メディアです。



■購読料を取っているわけでも
 ないので、

 それで文句を言われても

 「知らんがな」

 という話ですし、


 「気に入らないなら、
  気に入る違うメディアを
  読まれたらどうでしょう」


 「頼んでいるわけでもないので
  無理に読まなくてもいいっすよ、

  マジで(後ろにアクセントを
  置いて読んでみて下さいw)」


 ということを
 繰り返し強調した上で、

 今日のところは
 筆を擱きたいと思います。



■年間プログラムにおいては、
 こうした


 「機嫌よく人生を生き、
  調子よく仕事を展開するために、

  役立つと思われる、実証済みの
  数々の意思決定基準」


 について毎月1度、
 11時間にわたってお伝えしています。


 (一ヶ月分のメルマガでお伝えしている
  情報量の100倍以上の、

  質・量のコンテンツを大量投下し、
  脳の変容と行動変化を促します)



■意思決定基準が、

 劇的に書き換わり、
 行動も変わっていくと、

 人生も変わっていくに違いないと
 思いませんか。



■始めるのが早ければ早いほど、

 学習効果も行動変容も
 複利で効いてくるものです。

 方向性を誤った努力をするほど、
 人生を無駄にするものはありません。



■別に私(鮒谷)の
 人生ではありませんので、

 無理にご参加いただこうとは
 全く思っておりませんが、

 参加されていらっしゃる方は
 他の参加者の皆さんとの化学反応も含め、

 劇的な変化を次々に
 遂げていらっしゃいます。



■これからはますます、
 年間プログラムの

 「場の力」
 「ネットワークの価値」

 を高めていくべく、
 大勢の方にご参加頂ければ、

 と願っております。


 ------------------------

 【鮒谷周史の(少人数・双方向制)
  年間プログラムについて】

 以下よりお申込み、
 あるいは、詳細の確認を願います。


 【<会場受講版>詳細&参加申し込み】
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21

 【<音源受講版>詳細&参加申し込み】
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/13630


 【年間プログラムのお問い合わせやご質問は
  以下よりお願いいたします】
  http://www.2nd-stage.jp/contact/

 <参加下さっている方から頂戴した
  365ページ分に及ぶご感想>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180404_testimonials_nenkan.pdf

 ------------------------




■私(鮒谷)がご提供する
 商品・サービス中、

 最もコストパフォーマンスの高い
 サービスであると考えています。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■一般的に、コスト削減系の取り組みは    縮小再生産に陥りがちであるから、    収益逓増系の取り組みを優先して    行うべきであろう。   ■しかし、現状、資金状況が厳しいもので    あるならば、期間限定という前提のもと、    コスト削減系の取り組みの優先度を    引き上げて実行すべきである。   ■こうして生まれたお金や時間の余裕を    再投資するプロセスを繰り返しつつ、    まとまった余裕が生じた段階で、    収益逓増系の取り組みに切り替えるべき。   ■自らの状況を見極めぬまま、安易に行動を    選択し、闇雲に実践していては、    その効果を享受する前に    破たんすることにつながりかねない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。