毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5895号 レシピ導入を拒絶する人は、永遠に美味しい料理を作れない


■これまで私(鮒谷)は、

 自分の行動について

 「なぜその行動をとったのか」

 について、


 自分自身はもちろん、

 他の人にも分かってもらえる
 くらいに説明できるよう、

 言語化して記録に残すことを
 努めてきました。



■行動しては、
 必ず振り返りを行い、

 その行動で良かったのか、
 悪かったのか、


 良かったとするならば、

 なぜ、その行動をとることが
 正解であったのか、

 出来る限り精緻に分析して
 記述します。



■反対に、

 ある行動がマイナスの結果を
 もたらしたと思われるならば、


 なぜその行動が誤りであったのか、

 同じく出来る限り、
 詳しく分析して記述するとともに、


 では、その状況においては、

 果たしてどのように振る舞うのが
 正解であったのか、

 も併せて検討し、

 仮説として記述し、
 後に残すように努めています。


 (そして、実際に、次に同様の場面に
  遭遇したときに仮説を試します)



■省察の機会を、
 絶対に先送りすることなく、

 限りなくリアルタイムで行い続ける
 ことを自らに課しているので、


 1日に、3回も5回、
 ときには10回近くも、

 振り返りの機会が
 与えられることとなります。


 この思考の蓄積がメルマガの
 バックナンバーになったり、

 日記(時々刻々の記)として
 集積されていくこととなるのです。



■自分のことについて、こんなことを
 いうのも厚顔無恥な話ですが、

 でも、

 これだけのことをやっていれば、
 徐々に行動の精度が高まっていくのは、

 やっぱり当たり前だよな、

 と思ってしまいます。



■たとえばメルマガ一つ書くにも、

 「言語化され、蓄積された
  複数のノウハウの組み合わせ」

 (これを「レシピ」ともいう)

 があるわけですが、


 そのレシピは、

 日々の振り返りの結果、
 改善に改善を加えて、

 作り上げたもの。



■そのレシピ通りに行動することで、

 成果物が生み出されるシステムが
 稼働することによって、


 これだけの文字数のメルマガを
 来る日も来る日も、

 一日たりとも休むことなく、
 発信し続けられるようになるのです。



■どころか、


 メルマガのみならず、
 表に出さない手元の日記についても、

 同様のことを行い、
 日々、大量ストックできるのは、


 上述の通り、

 「言語化され、蓄積された
  複数のノウハウの組み合わせ」

 があるからであり、

 このレシピを用いることによって
 安定的に成果物が生まれ続けます。



■ここでのポイントは

 「レシピがあるから、
  安定的に結果を出し続けられる」

 というところです。


 人生においても、
 仕事においても、

 安定感のない人は、例外なく

 「レシピをもたない人」

 なのです。



■レシピを持たず、
 それゆえ参照することもなく、

 一生懸命、料理を作ったとしても、
 (=仕事をしても)


 なにかの拍子に、

 まぐれでたまたま美味しい料理が
 できることもあるかもしれませんが

 (=まれに良い仕事が
   できるかもしれませんが)

 それはごくごく、
 レアなことであって、

 安定性や継続性は
 まったくありません。



■他の例でいきましょう。

 営業についても同じことが言えます。


 どのように顧客接点を持ち、
 関係性を深め、

 商品・サービスを提示し、
 関心を示してもらい、


 検討の俎上に乗せてもらって、

 最後は自らの意思で
 購買の意思決定をして頂くか、


 これら一連の流れを、

 (あたかもレシピのごとくに)

 決まった手順で行えば、
 おおむね約束された結果が現れる、


 というところまでシステムを作り上げ、
 初めて安定的な業績をあげられます。



■しかし、現実には、

 「営業をシステム化できている」

 企業や人は少数派であるように
 思われますし、


 そもそも

 「営業をシステム化する
 (=レシピとして記述できる形に
   落とし込む)」

 という概念を持っている人が
 圧倒的少数派のようにも思われます。


 そんな有り様で、安定的に
 売上を上げられるはずもありません。



■そうした人に、


 レシピの重要性を説き、
 レシピを手渡す

 (自分で作って下さいといっても
  最初は作り方もわからないので)


 そしてレシピを使ってみて
 初めてその威力を知ってもらう、

 というところから始めることで、


 ようやく

 「達人への道」

 を一歩、踏み出していただけるように
 なるのです。



■暫定的であれ、いったん

 「レシピ的なもの」

 さえお渡しすれば、

 あるいは簡易なものでも作って
 頂くためのお手伝いを行えば、


 そこから先は、

 適切にPDCAを回していきさえすれば、
 必ず改善されていくはずなので、


 原理的には

 「より大きな結果を、
  より安定的に出し続けられる」

 そんなシステムへと
 育っていくこととなるでしょう。



■私(鮒谷)であれば、

 たとえば以下は一例ですが、


 「マーケティング」
 「営業」

 「放談・セミナー」
 「プライシング(値決め)」

 「タイムマネジメント」
 「交渉」

 「商品の企画・開発」
 「インプットの歩留まり向上」

 「コミュニケーション」
 「モチベーション管理」

 「スモールビジネスの利益率向上」
 「スモールビジネスのマネジメント」

 「PDCA高速改善手法」
 「大量文章執筆法」

 「徹底模倣学習法」
 「リピート誘発」


 などなど(以上、順不同)、


 と名付けたレシピを、

 相当まとまったボリュームで
 持っているし、


 (それぞれについてもまた、

  抽象世界、ならびに、そこから
  展開される具体的なレベルまで、

  幾階層ものがレシピが存在する)


 それらは、いつでも参照できるから

 (といっても、多くは
  既に身体知化されていますが)

 おおむね安定的な成果を
 継続的に生み出せるし、


 それゆえ枕を高くして
 眠ることができるのだ、

 と自己分析しています。



■そんな、

 膨大な時間をかけて学び、さらには
 PDCAを回し続けて精緻化した、

 「各種レシピ」

 を、


 超効率的、超合理的に、
 言語化された形で、

 即座に使えるようにお渡しするのが

 「個別コンサルの価値」

 であろうと思っています。



■先日、

 コンサルをさせて頂いた
 (=レシピをお渡しさせて頂いた)


 かなり大きな規模で不動産販売を
 展開されている企業の、

 (支店内での)トップセールスの
 一角を占めるKさんから、


 以下のような
 ご感想を頂戴いたしました。


 (ここから)
 ------------------


 鮒谷様


 Kでございます。

 昨日はありがとうございました。


 肉声でもメッセージを
 ありがとうございます。

 心にしみますね。

 水曜日のみというワガママを
 叶えて下さり感謝しております。


 約4年、私はホントに
 色々なことがありました。

 自分で選んだ道とはいえ、
 情けなく、涙する日もありました。


 その中でも鮒谷さんのメルマガは
 毎日拝読しておりましたので、

 私は毎日、鮒谷さんを
 感じてはおりました(笑)


 今回のお話は私の「価値観」そのものを
 変えていただきました。

 【勝負は会う前に決まっている】

 システム構築。


 「○○○○作成」
 「○○○○○」

 をすぐやります。

 お手紙、速達も。


 システム構築に関して、

 今後、鮒谷さんに
 ご相談をさせていただくと思います!

 もっと早く相談するべきだった・・。


 といっても、正直、

 【闘争心】

 がなくなっていたのも事実です。


 「変わるため」に、
 個人コンサルを申し込んでいたのに、

 「現状維持」で満足している
 自分になっておりました。

 ケツも叩いてくださり
 ありがとうございました!


 支店レベルで満足せず、

 ますはグループのトップ1%に
 入れるように頑張ります!!


 この度はコンサルを
 ありがとうございました。

 寒くなってまいりますのでご自愛くださいね。

 すぐお会いできるように、
 頑張ってきます。


 感謝を込めて。

        (N・Kさま)

 ------------------
 (ここまで)


 Kさん、過日は
 ありがとうございました!



■お渡ししたレシピを
 適切に運用して頂ければ、


 早ければ一ヶ月以内に
 目に見える成果が出るはずであり、

 さらに半年、一年したら全社レベルで
 目立った成果を出せるはず。



■グループのトップ1%とか、
 ショボいことを言っていないで

 「グループトップ(1位)」

 を目指して、レシピを作り込んでいって
 頂ければと思います。


 必要に応じて、またお手伝いさせて
 いただきますので、

 その折はご遠慮なく、
 お申し込み下さいませ(笑)



■それはさておき、

 2時間でお伝えできる
 範囲ではありましたが、

 それでも

 「営業のシステム構築のレシピ」

 の秘中の秘、をお伝えしたので、


 きちんとレシピ通りに
 行動して頂ければ、

 すぐに売上げの5割増、
 ないし倍増、

 くらいは簡単にできるはず。


 Kさん、頑張って下さい!



■これがレシピの威力です。

 自己流で料理していても
 なかなか美味しくならないなあ、、、

 といっても当然の話。


 きちんとしたレシピさえあれば、

 どんな人でも安定した
 成果を出せるようになるのです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仕事における「レシピの重要性」を    理解していない人が、    あまりにも多いのではなかろうか。   ■質の高いレシピさえあれば、    安定的、継続的に、    高い水準の成果を出し続けられるのだ。   ■自分でレシピを作ろうとしても、    それは時間の無駄。    一定の結果が既に出ているレシピを    外から導入し、活用するのが、    圧倒的短期間で成果を出すために必要な    心構えである。   ■妙なプライドや、おかしなコスト意識で    レシピ導入を拒絶する人は、    永遠に、不毛な試行錯誤をしながら、    不味い料理を作り続ける羽目になる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。