毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5893号 詐欺られたら、そこで試合終了ですよ


■人生をサバイバルする
 (生き残る)にあたっては

 「騙されない」

 ことが大切です。


 騙されて致命傷を負うことで

 「人生を一発退場させられる」

 人は、

 表に出ないだけで
 少なくありません。



■世の中には、


 真っ黒な詐欺を行う人もいれば、
 グレーな人もあれば、

 法的には白だけれども
 倫理的にはアウトな人とか、


 難儀な人がいるものです。



■特に一定以上の年数、
 商売をやってきた人ならば、

 こうした悪人に一度たりとも
 出会ったことのないという人は、

 皆無と言っても
 良いのではないでしょうか。



■人生の早い段階で、こうした人と
 それなりの頻度で遭遇し、

 かつ、

 そこで致命傷を負わなかったら
 免疫がつきますので、

 それはそれで良かったことと
 捉えればよいでしょう。



■幸いなことに私(鮒谷)は
 20代から30代にかけて

 「もう、お腹いっぱいです」

 というくらいまで、
 こうした種族の人と出会いましたし、

 さんざん騙されてもきました。



■己の恥を晒すようですが
 ハッキリ金額を書いてしまうと、


 複数案件において、
 累計すると

 「億単位で」

 やられてきました。



■振り返ってみると、

 真っ黒クロスケだよね、
 という案件から、

 法的に問うことはできないけれど、、、
 という案件に至るまで、

 トータルで。



■なんなら、詐欺られ案件だけで
 ワンデーセミナーできるくらい。

 誇れる話ではありませんが。


 当時はそれだけ、
 欲の皮が突っ張っていた、

 ということですね。



■詐欺の立証は難しいこと、
 警察はなかなか動いてくれないこと、

 詐欺られると、
 どういう感情が湧いてくるものなのか、


 やり手の詐欺師は、
 どのポイントを突いてくるのか、

 欲に目がくらんだ時点で
 詐欺られることは確定、


 弁護士に対応依頼すると
 いくらくらいチャージされるのか、

 弁護士にも良い弁護士もいれば、
 悪徳弁護士もいること、


 などなど、

 多額の授業料を払って、たくさんの
 生きた社会勉強をさせてもらいました。

 ありがとうございます。



■こうした事件に巻き込まれると
 最初は、

 怒る気持ち、呪う気持ち、恨む気持ち、
 嘆く気持ち、悩む気持ち、

 が湧いてくるものですが、


 ある程度、時間が経つと、
 解釈変更できるようにもなり、


 「こんなに早い段階で、
  強力な免疫がついたので、

  ここから先は、ちょっとやそっとで
  騙されることはない。

  騙してくれて、ありがとう」


 という気持ちも

 (半ば無理やりですが)
 生じさせられるようにもなりました。


 (これが70代、80代であれば、

  とてもそんな気持ちに
  なれなかったでしょうけれども、

  20~30代での話だから、
  なおのこと)



■また、

 一案件、数百万から数千万、
 という単位で騙されて、

 このケタを基準として生きていると
 人生、終わった、

 と思うかもしれませんが、


 当時はまだ公開されていた「長者番付」に
 載り続けていた、

 知人の事業家に相談すると、


 「その単位のカネが、
  はした金に思えるくらい、

  稼げるようになったら、
  そいつらに感謝の念が出てくるし、

  それが最高の復讐となる」


 と言われて、なるほど、
 と思ったりもしたものでした。



■ときおり、

 人生の終盤になって、
 免疫ゼロの方が、

 あからさまな詐欺に引っかかり、
 虎の子の財産を失う、

 という事件が報道されたりしますが、


 そうした報道に接するたび、
 正直に告白すると、

 お気の毒だ、
 という感情が生まれるとともに、


 「人生の早いうちに、
  免疫を獲得しておいてよかった」

 と思わないこともありません。

 (騙された方には
  大変、申し訳ない話なのですが、、)



■こうした詐欺案件の報道を
 見る限りにおいて、


 「月利2%を保証すると聞いて
  信じてしまいました」

 とか

 「最初は少額で預けていたのですが、
  毎回、利息をつけて返してくれるので信用し、
  額を増やした途端に連絡とれなくなり」

 とか

 「こんな有名人も投資していると
  聞いて、真に受けてしまいました」

 とか

 「友達を集めたら、プラスアルファで
  ボーナスが出ると聞き、
  友人まで巻き込んでしまいました」

 とか

 「代表者がたくさんの著名人と
  写真に写っているので、
  間違いない人だと信じてしまいました」

 とか

 「皇室と繋がりのある人と紹介され、
  信じてお金を預けてしまいました」

 とか

 「世界の富裕層だけが投資している
  金融商品を、あなたも購入できる権利が
  ありますと聞いて信じてしまいました」

 とか

 「上場間違いない会社の未公開株が
  手に入ります、と聞いて、
  欲に目がくらみました」

 とか、


 少しでも世間を知る人なら、

 「いやいや、さすがにその類の話に
  乗るのはちょっと」

 というセールストークに
 引っかかっており、


 しかもその数が数十人、数百人、

 巨額詐欺事件なら数千~万単位の
 被害者まで出ていることもあるわけで、

 「典型的な詐欺トーク」

 に乗ってしまう人が
 少なくないことに驚かされます。



■もちろん、

 (私自身、幾度も騙されてきたので)

 騙される方が悪い、などと
 いうつもりはありませんし、

 騙す側が120%、悪いのですが、


 かといって、完全なる性善説で
 生きていけるほど、

 世の中、甘いところではないことを
 少なくとも二十歳を過ぎたら、

 理解しておくべきである、

 とも思うのです。


 (これだけ悪人が蔓延っているのが
  現実なのだから、

  知らなかったで済まされるような
  ことではありません)



■さらにいうと、

 上に紹介した甘言程度なら、

 それなりの経験と知恵を持つ人なら
 簡単に見破ることもできますが、

 より手の込んだ、見破ることが
 困難な誘惑も少なくないのです。



■それゆえ、

 特に多額の
 金銭的な投資を行う際には、


 「欲に目がくらみ、
  欲の皮が突っ張って、

  確証バイアスが働き、投資する方向に
  傾いているのではないか」


 と自分の感情を中立的に捉えて、
 冷静に判断しようとする意思を発動する、

 必要があるでしょう。



■特に、あの手この手で

 「情報弱者」

 から毟り取ろうとする悪人たちは、

 「印象形成、見せ方」

 がとても重要だと
 知っているので

 (これが上手くなければ、
  カモを引っ掛けられないので)


 ことさらに、


 高級住宅地に住んでいる、
 大きな家に居住している、

 高価な服装を身につけ、
 高級な時計を愛用している、

 高級車に乗っている、
 高級ホテルを愛用している、、、


 といったことをアピールしている
 ケースも多いもの。



■もちろん、

 そうした人がみな、悪い人、
 というわけではありませんが、


 こうしたアピールを行っている人の、
 一定割合で

 「悪人(真っ黒クロスケから
  オフホワイトまで)」

 が含まれる、

 ということは知っておいたほうが
 良いでしょう。



■人は見た目が9割、

 という言葉が、
 もし仮に本当だとするならば、


 それを悪用しようとする者が
 当然、現れてしかるべきであり、


 それゆえ、

 「人を見た目だけで安易に
  判断し、信頼する」

 ことは決して行ってはなりません。



■つまり、


 高級住宅地に住んでいる、
 大きな家に居住している、

 高価な服装を身につけ、
 高級な時計を愛用している、

 高級車に乗っている、
 高級ホテルを愛用している、、、


 といった情報があったとしても、
 それらは

 「半値八掛け二割引」

 なんなら、

 「さらにそこから九割引」

 くらいに捉えて


 「はいはいはい、
  そうなんでちゅね~、

  立派でちゅね~
  すごいでちゅね~」


 くらいの感じで、
 適当に受け流すべき。



■そうした意図的に流される情報を
 いちいち真に受けては、

 「羨ましい」

 とか

 「凄い」

 とか

 「格好いい」

 とか

 「成功している」

 とか、

 感情を掻き立てられるほど
 下らぬことはありません。



■人によっては、

 借金したり、
 レンタルしたり、
 フェイクアイテムを使ったり、

 してまで、
 演出しようとしている人もあるし、


 そもそも、

 少なくとも私の知る限り、
 本当にお金のある人は、

 来る日も来る日も、
 そんな画像ばかりをアップしたり、

 そうした振る舞いを自慢する人など、
 一人もありません。



■扇情こそが、

 獲物を狩るために
 最も有効な手段である、

 と、悪人は承知して、
 行っているのですから、


 その程度のことで心が揺さぶられ、
 心の隙を作ってしまうような、

 世間知らずで
 お人好しな人間になってはならない、

 ということですね。



■他にも、

 頻繁にテレビや雑誌に
 取り上げられているから、

 とか

 大勢の著名人と交流が
 あるみたいだから、

 とか

 たくさんの著作があるから、

 とか、


 それはそれで凄いことかもしれませんが、

 だからそれで100パーセント、
 信頼できる、

 と信じたい、信じよう、信じる、

 という三段活用を勝手に発動するのは
 いかがなものかと思います。



■もちろん、

 「優秀さと信頼性を
  両立させている人」

 が結果として、

 そうした世界に出ていることも
 多々あるわけで、

 (比率としてはそちらのほうが
  多いのかもしれませんが)


 ただ、上記のような活動を
 しているから

 「無条件に信じる」

 というのは

 「知恵のある
  大人の態度ではない」

 とも思っているのです。



■なぜ、あえてこうした

 「当たり前の話」

 をここまで強調して書くかというと、


 いろんな人と話をしている中で、


 思考のエネルギーを
 省略したいからなのか、

 それゆえの、

 先に上げた
 確証バイアスの為せるわざなのか

 ※確証バイアスをご存じない方は
  各自、お調べ下さい


 分かりませんが、

 「信じたいから信じる」

 という姿勢の人が
 決して少なくないことに、

 つねづね、
 驚かされてきたからです。



■ああ、その心的態度だと、

 いつなんどき
 騙されてもおかしくない、

 と

 (こと、騙されることに関しては
  プロフェッショナルである)

 私には分かってしまうのです。



■だからこそ、年間プログラムでは


 「詐欺師、詐話師から
  自分の身を守るために、

  知っておくべき知識や知恵
  (=ワクチン注射)」


 を随時、提供してきたつもりです。



■手痛い経験を通して学んだ、

 人生においては

 「攻めるのも大事」

 だけれども同時に

 「守ることも重要」

 であるということを参加者の皆さんに
 理解して頂きたいからです。



■とくに、


 悪人がなかなか近づいてこれない
 大きな組織に守られて、

 純粋培養の状態で
 仕事を続けてこられた方は、


 案外、世の中にこれだけ悪人が
 蔓延っている、

 という現実をご存じなく、

 したがって、免疫力も
 それほどないことが多いもの。



■そうした方が、

 いざ独立なされ、ご自身で仕事を
 されるようになったら、

 あるいは引退して、
 守ってくれる組織がなくなったら、


 どこから湧いてきたのか、
 というくらいに、

 いろんなところから、
 次々に悪人が湧いてくるので、

 予防接種的な意味合いで
 お伝えしている、

 ということもあります。



■ということで、以下、結論。


 私(鮒谷)が幼少の頃からの、
 父親の口癖として

 「欲をかくな」

 と何百遍、何千遍と
 聞かされてきましたが、

 騙されないようにするには
 これに尽きますね。



■欲をかかない、
 確証バイアスの存在を知る、

 これらを前提として、
 さらに、


 華麗に見える経歴や、

 贅沢を極めた住居や装飾品、
 食事や旅行先を、

 ことさらにアピールする姿を
 見たときには、


 「そうしたことをアピールして
  何を得ようとしているのか」

 とその背景に想像を巡らせてみたり、


 あるいは、

 どれだけ考えても
 裏がないようであるならば、

 「自己顕示欲の塊である、
  幼い人なんだなあ」

 くらいに捉えて、


 感情を動かさず、
 淡々と眺めること。



■こうすることによって、

 人間の「装飾」に容易に心動かされず、
 騙されることもない、

 重心の低い人間、

 になれるのではないかと思います。



■見栄えによって騙される人が
 未だにあとを絶たないようなので、

 いい加減、そんなものは
 意図して粉飾されている

 「下らぬ装飾物」

 と気づいたほうがいいのでは、
 と思われる次第



■そんなものにいちいち、

 羨ましがったり、
 自分の置かれた立場を卑下したり、

 感情エネルギーを消費することほど
 バカバカしいことはありません。


 そんなものを見ている
 エネルギーと時間があるのなら、

 自分の目標を実現するために
 投入すればいいのです。



■自分の口癖を振り返り、


 「あの人は○○な人だから凄い、
  こんな場所に住んでいて凄い、

  こんなものを持っている、
  こんな車に乗っているから凄い、

  こんな人と付き合っているから凄い」


 と頻繁に言っているのなら、
 それは

 「(思考の省略を日常的に行っている)
  騙され体質」

 である証だから、
 注意されるべきでしょう。



■また、お付き合いのある人が


 「あの人は○○な人だから凄い、
  こんな場所に住んでいて凄い、

  こんなものを持っている、
  こんな車に乗っているから凄い、

  こんな人と付き合っているから凄い」


 系の構文を多用する人であれば、

 ああ、この人は、
 思考省略系のタイプの人なんだな、

 と理解した上で、


 その人の勧める、
 人や商品やサービスは

 「半値八掛けニ割引き」

 に、そこからさらに

 「九割引き」

 した程度に聞き流して、

 それ以上、
 近づかないのが身の為です。



■スラムダンクには

 「あきらめたら
  そこで試合終了ですよ」

 という名言がありますが、


 詐欺師に引っかかると
 詐欺られた金額とタイミング次第では

 「詐欺られたら、
  そこで試合終了ですよ」

 ということがあるのですから、

 「攻める前に守りを固める」

 大切さを強調して
 お伝えいたしました。



■以上、

 騙されることに関して、

 卓越したプロフェッショナル(!)
 である、私(鮒谷)からの、


 身銭を切って得られた学びと、
 本日より活用できるアドバイス、

 でした。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■世の中には想像以上に悪人が多いもの。    免疫なしで無事に人生乗り越えられるほど    甘いところではないのかもしれない。   ■悪人の思考を理解し、    悪人の見分け方を知悉し、    あらかじめ免疫を獲得するために    ワクチン接種しておき(学んでおき)、    迫りくる詐欺師、詐話師に対する防御を    固めておくべきだ。   ■詐欺られる金額とタイミングによっては    一発で    「詐欺られたら、そこで試合終了」    となり、人生を閉じてしまいかねない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。