毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5882号 「黒歴史」「恥ずかしい過去」「葬りたい履歴」は巨大な埋蔵金


■数日前、

 『新・男子校という選択』

 という本を読みました。


 溢れる男子校愛を持つ
 私(鮒谷)としては、

 どうしても読まずには
 いられなかった一冊。



■この本によると、

 全国に高校は4897校あるそうですが、
 その中で男子のみの学校は107校、

 とのこと(約2パーセント)。


 女子校は299校(約6パーセント)
 とのことなので、

 なおのこと、
 男子校のレアさが際立ちますね。



■実は、

 私(鮒谷)にとって
 男子校出身、

 ということは

 「希少性の源泉の一つ」

 になっています。



■さらに補足すると、

 男子生徒のみの「高校」は
 約2パーセント、

 とのことですが、


 私は「中高6年間」、
 ずっと男子校で過ごしましたので、

 高校のみ男子校、という人よりも
 さらにレア度がアップして、


 およそ1パーセントくらいの
 出現確率ではなかろうかと思います。



■この話を聞いて

 「本当かよ。

  自分は男子校出身ではないけれども、
  周りに男子校出身者はたくさんいた」

 という人もあるかもしれませんね。



■ただ同書によれば、


 東大生の三分の一以上は
 男子校出身者とのことですし、

 それに準ずる一部の環境においては
 男子校出身者は全くレアでないので、


 ここまでの話を読んで

 「???」

 と思われた方も
 あるかもしれません、

 ということは補足しておく
 必要がありそうです。


 ※現に今日、年間プログラム参加者に

  「この中で男子校出身の方は?」

  と尋ねたら3割くらいの方から
  手が挙がり、

  想定を大きく上回っていたので
  驚かされました。



■とはいえ、あくまで日本全体で
 みたときには、

 同級生の中における
 男子校出身者占める割合は、

 「およそ2パーセント」


 中高6年間をまるまる
 男子校で過ごした人は(おそらく)

 「およそ1パーセントくらい」

 ということです。



■さて、ここまでが
 枕の話となるのですが、

 ここから本題。


 たとえ別の学校であっても
 男子校出身者同士が出会ったら、


 希少属性を持つ者同士、

 文化的背景を同じくしている
 仲間意識からか、

 すぐに仲良くなれる傾向が
 あるように思われます。



■と同時に、

 共学、あるいは女子校の
 出身者から

 「男子校って、
  どんなところだった?」

 と、ちょくちょく
 関心を持って尋ねられたものでした。



■「男子校あるある」
 (「女子校あるある」も)

 は相対的に珍しいから
 関心を示されるのでしょう。


 こうした話で
 盛り上がることはあっても、

 「共学あるある」

 で盛り上がった、そんな話は
 ついぞ聞きません。



■ほとんどの学校は共学なので、
 一般的に過ぎて、

 珍しくもなんともないので
 関心を持たれない、

 からのような気がします。



■こんなことを考えると、

 「他者と異なる履歴、経歴」

 は、コミュニケーション上における
 大きな武器になる、

 ということがありそうです。



■ここまでの話
 (男子校(女子校)の出身者の話)

 は一つの例ですが、


 希少属性を持つ者は
 多数派ではないために、

 主流派になりにくいという
 側面はありますが、


 と同時に、

 【自らの希少性はアテンションを
  集めるための強力な武器になる】

 ことは覚えておいても
 良いのではないでしょうか。



■ここまで読まれたあなたも、

 ひょっとすると既に、私(鮒谷)の
 術中にはまっているかもしれません。


 つまり、ここまでに

 「私は中高6年間、男子校で
  過ごしてきたのです」

 と繰り返し記してきたことで
 その情報がインプットされ、


 たとえ、ほんの少しでも

 「感受性豊かな思春期の6年間、
  丸々を男子のみで過ごした、

  特異な履歴や背景を持つ存在」

 と認識されたとするならば、
 それはまさに私(鮒谷)の

 「術中にはまった」

 といって良いでしょう。



■それが狙いであり、

 もし、あなたの中にそんな気持ちが
 生じたとするならば、まさに


 今の時代において、
 最も希少な資源であるところの

 「アテンション(注意・関心)」

 を私に与えてしまった、

 ということです。



■注意・関心という希少資源を
 こちらに振り向けてもらわなければ、

 何も始まらないのですが、
 こうして提供してもらえた瞬間、


 私(鮒谷)は次のアクションを
 起こすことができるし、

 現にここから先の文章も
 あなたは

 「この続きにどんな話が展開されるのか、
  読まずにはいられなくなっている」

 はずです。


 これを術中にはまったと言わずして、
 なんというのでしょう。



■ここまでの話
 (と、あなたの体験)を通して、


 自分の持つ、
 レア度の高い属性に注目し、

 そこを重点的に
 プレゼンテーションすることで、


 他の人から
 関心を持ってもらえる、

 (それはビジネス上の
  大きなアドバンテージとなる)


 ということをご理解いただけたのでは
 ないでしょうか。



■別の事例を、続けて出します。


 来月、私(鮒谷)の出身高校の
 全学年同窓会が東京で行われます。


 母校愛に溢れる私は
 もちろん参加するわけですが、

 出席に際しては
 あらかじめ、

 自己紹介のメッセージを
 送る必要があります。



■その中に

 ------------------------
 5)甲陽時代の部活・その思い出
 ------------------------

 という項目がありましたので

 ※甲陽学院という学校が
  私の出身校


 その項目に、以下のように記して
 事務局に送付しました。


 (ここから)
 ------------------------


 中高6年間、部活には入らず、
 平日放課後は毎日、悪友と、

 梅田の阪急東通り商店街の雀荘か
 パチンコ屋かエロ本屋(平日)、

 土曜日の午後は仁川(競馬場)か
 梅田のWINS(場外馬券売り場)、


 ときに
 学校を休んで園田(公営競馬場)

 →警察に補導され、
  生徒手帳で甲陽生だとバレる


 そんな乱れきった
 放課後生活を共に過ごした友人たちも、

 今は皆、それぞれの立場で
 仕事を頑張っているので、

 さすが甲陽生の底力、
 と思わずにはおれません。


 そんなわけで、
 特に高校3年間は、

 「実践的人生学習」

 に勤しんでおりました。


 ------------------------
 (ここまで)



■こうした履歴も

 「希少属性」

 の一つと言って良いでしょう。


 中高6年間、一切部活に入らず、

 特に高校3年間は
 繁華街をほっつき歩き、

 ギャンブルに打ち興じていた、

 なんて、普通は恥ずかしくて
 なかなか口にできないはずですし、


 充実した部活生活を過ごした
 経験を持つ人からは、

 蔑視、嘲笑の対象に
 なりかねません。



■それゆえ、

 「黒歴史」
 「恥ずかしい過去」
 「葬り去りたい履歴」

 となる可能性の高い
 際どい履歴であったわけですが、


 しかし(上記のように)

 解釈を変えて、
 伝え方に工夫を凝らすことで

 「人さまに強い印象を与える武器」

 に転換させることも
 できるのです。



■これがはまれば、


 むしろ真面目に部活をやっていた
 主流派の人たちから

 「自分とは異なる奇異な背景を持つ、
  一定の存在感を感じさせる者」

 という扱いを受けられるかもしれず、


 これによってさらなるアテンション
 (注意・関心)を獲得できる、

 ようになるかもしれません。



■ここまで書いて思い出したのですが、
 他にもこんな

 「黒歴史」
 「恥ずかしい過去」
 「葬り去りたい履歴」

 がありました(↓)


 どんどん蔵出ししていきますYO!


 (ここから)
 ------------------------


 【鮒谷の恥ずかしい画像集(その1)】


 (0点!答案、先生の達筆コメント
  ※高校入学以来何をしていたのか)
 https://tinyurl.com/y7v4dmg6

 →高校入学どころか中学入学以来、
  何もしてませんでした(キリッ


 (0点!!答案(その2))
 https://tinyurl.com/yy9zlth6

 (0点!!!答案(その3))
  ※完全白紙答案!URYYYY!
 https://tinyurl.com/y5jr7nos


 (華麗なる模試の成績!URYYYY!)
 https://tinyurl.com/ydyha6nt


 (夜を徹して作った英語の試験の
  カンニングペーパー!

  数十年前に住んでた家を大掃除したら
  出てきたYO!URYYYY!)
 https://tinyurl.com/y39x8tkw


 ------------------------
 (ここまで)


 普通の人は、こんなにたくさんの
 0点答案を持っていないから、

 それだけで私(鮒谷)は、

 「アテンション獲得ゲーム」

 を、相当優位に
 展開できることとなる。



■あるいは私は

 「勤務先の倒産」

 という、

 さらなる恥ずかしいカードまで
 持っています(↓)


 ------------------------

 【恥ずかしい画像集(その2)】
 http://www.2nd-stage.jp/profile/wc_hatan.html

 ------------------------



■勤めている会社が倒産する経験を
 持っている人は、

 なかなかにレアではないかと
 思います。


 まして、営業先からの帰社途中、

 駅売りの夕刊で
 その事実を知った人など、

 まず、いないのでは
 ないでしょうか。



■自分が勤めている会社が倒産する、

 というのは普通の感覚だと
 かなり恥ずかしいことであって、


 伏せる、隠す、
 なかったものにする、

 ということすら選択肢に
 入ってくるものです。



■しかし、

 あえて逆張りして、その事実を

 「思い切って全開示する」

 ことで、


 希少な経験の持ち主であることを
 積極的にアピールし、

 もって、
 アテンションをゲットする、

 そんな戦略も
 立てられるかもしれませんね。

 (実際にそれを行い、
  奏功しました)



■こんな風に、

 下手をすると、ネガティブな気持ちを
 誘発する可能性のある過去も、

 使い方いかんで


 「黒歴史が白歴史に」

 「恥ずかしい過去が
  誇るべき過去に」

 「葬り去りたい履歴が
  開示したい過去に」


 転換できるのです。



■こうして、

 自他共に、今までマイナスにしか
 評価、認識されなかった履歴を

 「圧倒的な注目・関心を集める
  超強力な武器」

 に変えることができるのです。



■ということはつまり、


 今、あなたにもし、
 これまでひたすらに隠し続けてきた

 「黒歴史」
 「恥ずかしい過去」
 「葬りたい履歴」

 があるとするならば、


 その履歴をサルベージして
 解釈と見せ方の変更を上手に行えば、

 それはとてつもない

 「埋蔵金」

 となる可能性があるということです。



■こうした

 「負の遺産」

 を一挙に

 「正の財産」

 に転換し、人生を切り開くための
 魔法をかけてもらいたい、

 そう願われる方が
 いらっしゃるのなら、


 以下にて、

 実際に、私(鮒谷)が自分にかけて
 人生を大逆転させたマジックを、

 あなたにもかけて差し上げます。


 ------------------------

 【 鮒谷周史の、
   個別コンサルティングのご案内 】

 <お申し込みはこちらから。
 ※6回コースがお得でオススメ、ほとんどの方が
  6回コースでお申込み下さっています>

 https://form.os7.biz/f/6387a7fb/

 ------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■希少性のある属性、あるいは    踏み外してしまった過去を持つ人は、    それを元手に    大逆転できる可能性がある。   ■皆が目指す「王道」キャリアを歩んで    きた人は、それゆえにむしろ、    「面白みもおかしみもなく、     アテンションを集められない」    ということが起こるのだ。   ■今の時代において最高に希少な、価値ある    資源は「アテンション」なのだから、    そのアテンションをふんだんに頂戴できる    「黒歴史」「恥ずかしい過去」    「葬りたい履歴」    を持つ人は、今こそ、それらを    サルベージし、返す刀で解き放つべし。   ■負の遺産は、例えていえば埋蔵金であり、    魔法をかけると正の財産に転換できる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。