毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5865号 愛想の悪い人にチャンスは決して訪れない


■はるか昔、

 私(鮒谷)がサラリーマン稼業を
 やっていたときに、


 同僚で、あらゆることに対して
 文句ばかり言う人がありました。


 口癖は、

 「むかつく、鬱陶しい、面倒くさい、
  腹が立つ、やっていられない、、、」

 などなどなど。



■ぶつくさ、ぶつくさ、
 ぶつくさ、ぶつくさ、

 一緒にいても気が滅入るだけので、


 仕事上、仕方のないとき以外は
 極力、関わらないようにしていましたが、

 どうやら他の人も同じ様子で
 ありました。



■別のある人は、

 何が起きても冷静沈着、
 といえば聞こえがいいのですが、


 単に冷たいだけで、

 いつもすました顔をして
 近寄りがたい、

 怖いオーラを放っておりました。



■お二人、それぞれ今、

 何をなさっているのかは
 分かりませんが、


 少なくとも私(鮒谷)にとっては、

 積極的に近づこうと思える人で
 なかったのは間違いありません。



■先日、飲食店に入ったとき、

 愛想のない店員さんに接客される
 機会があり、

 ふと、はるか昔の思い出?が蘇り、
 こんな話を書いている次第。



■それはさておき、


 他人に対して
 どういう姿勢で向き合うのか、

 もちろん人それぞれ、
 好きなスタイルで行えばいいし、

 大の大人が、強要されて
 振る舞うべきでもないのでしょうが、


 自分が経営者として仕事をする中で、
 これはもう確信を持って言えるのが


 【愛想の悪い人に
  チャンスが訪れることは決してない】


 ということ。



■愛想のない人には、
 誰も好んで近寄ることはないし、

 意見もアドバイスも、ヒントも、
 ノウハウもアイデアもチャンスも、

 もたらしてはくれません。


 人間、そういったものを
 渡したいと思うのは

 「自分が好感を
  持っている人にだけ」

 なのは、あなたも
 お分かりのことと思います。




■であるならば、

 どうせ他の人と関わらなければ
 人間、生きていけないのだから、


 他者からは好かれたほうが
 楽しく生きていけるし、

 機会の扉も大きく開かれます。



■それゆえ


 「人から好かれる
  (愛想がいい、明るい、朗らか、
   前向きな言葉しか発しない)」


 そんな人物を目指すことが
 重要になるのです。



■いつもそこに、
 笑顔や笑いがあってこそ、

 人も集まり、
 チャンスもやってくるのです。


 いつ見ても、

 苦虫を噛み潰したような
 顔をしているようではダメ、

 ということですね。



■同じ世界を見ていても、
 いいこと、悪いことの両面があります。


 悪いところばかりを見ていれば

 「むかつく、鬱陶しい、面倒くさい、
  腹が立つ、やっていられない、、、」

 と感じるだろうし、


 良いところばかりを見ていれば
 そんな中にでも、

 明るく振る舞うための根拠を
 見いだせるものでしょう。



■つねに自分の精神と態度の
 有り様について、

 振り返っては確認するように
 したいもの。

 自戒を込めて。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■愛想の悪い人にチャンスが訪れることは    決してない。   ■人柄の良い、人当たりの良い、    愛想の良い人に    「とっておきの、     人や知識や情報やチャンス」    を渡したいと思うのは、    みなが持っている普遍の思いだから。   ■自分がそうなら、他人もそう。    自分が好感を持つ人にいろんなものを    あげたくなるのなら、    自分が好感を持たれる人物となり、    いろんなものをもらえる人になればいい。   ■それはとても簡単なことで、    世の中の全てのことについて、    明るく、楽しく、前向きに捉えて、    毎日を生きていくこと。   ■それだけで、どんどん恵まれるように    なっていくだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。