毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5860号 真面目に勉強する人を笑う者には笑わせておけばいい


■「時間管理音源」でも
 お伝えしたように、

 結局のところ

 【運命は時間の使い方いかんによって
  決定づけられる】

 のです。



■遊び呆けていれば、
 どこかで報いを受けることになるし、

 真面目に勉強し、
 行動していたら、

 いつか必ず、
 結果が得られます。



■日々の学びにおいても
 同じです。

 なーんも勉強していない人と、
 音源を毎日3時間聴いている人、

 同じ結果であるはずがありません。



■商売している人で

 「イノベーション、なにそれ?
  興味ない」

 と思っていて、
 いっさい学ぶ気のない人と、


 「イノベーション、なにそれ?
  勉強しなきゃ、まずそうだ」

 と思い、

 教材を手に入れ、空き時間を見つけては
 学習する人と、

 同じ結果であるはずがないでは
 ありませんか。



■そう思っているから、

 私(鮒谷)は馬鹿みたいに
 勉強してきたつもりだし、


 短期的成果を求める勉強と、
 長期的成果を求める勉強、

 いずれも、それぞれの時間軸で
 成果をもたらしてくれ、


 日を追うごとに、私(鮒谷)に、

 安定や、安寧や、平穏や、
 平和や、自由といったものを、

 与えてくれるようになりました。



■日々の勉強が、そのような運命を
 もたらしてくれたのは明らかです。


 サラリーマン時代から、

 (羨ましいとも思いませんでしたが)

 カラオケやら合コンやら
 バーベキューやら飲み会に背を向けて、

 粛々と勉強していたら、


 いつの間にか、

 それらの学びが雪だるま式に
 複利の力で膨らんで、

 「それまで見えなかったものが
  見えるようになった」

 のです。



■そのときからですね。

 ビジネスで成果を
 出せるようになったのは。

 やっぱり人間、
 勉強しなければ駄目ですよ。



■今はどうか知りませんが、

 勉強している人間をバカにする
 風潮があった時代もありました。


 そのとき、

 勉強している人間を
 バカにしていた人は、

 今頃、バカにされるような状態に
 なっているじゃないですかね、

 しらんけど。



■将来、バカにされたくないのなら、

 「四の五の言わずに勉強しろ」

 これですよ。


 私(鮒谷)は、

 他人をバカにするつもりはありませんが
 (時間の無駄だから)、


 他人からバカにされるのは
 もうこりごりだから、

 これからも馬鹿みたいに
 貪欲に勉強していきますよ。



■将来、バカにされたくないのなら、

 「学ぶべきことを学ぶ」

 必要があるのではないでしょうか。


 たとえば
 ビジネスパーソンにとって

 【イノベーションについての
  理解を深めておく】

 ことは、

 将来、バカにされないための
 第一歩、

 ではないかと思います。



■バカにされないために
 勉強するわけではないですが、

 それなりの成果を出せば、
 決してバカにされたりはしない、

 と、起業してよく分かりました。



■圧倒的な成果を出すために、

 お互い、猛烈に、馬鹿みたいに
 勉強しようではありませんか。


 その姿を見て笑う奴がいれば、
 笑わせておけばいいんです。

 どうせ、いつかそいつが
 笑われるようになるから。



■誰がなんと言おうと、
 私(鮒谷)は猛烈に勉強し続けます。

 ご一緒下さる方がいれば、
 ぜひご一緒いたしましょう。


 そのための

 「良質の教材」

 も継続的に
 ご提供していくつもりです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■真面目に勉強に取り組んだ者が報われる、    当然のことである。   ■懸命に勉強する者を笑う者があったなら、    勝手に笑わせておけばいい。    どうせ、どこかの段階で、その者が    皆から笑われるようになるのだから。   ■その頃には、    真面目に勉強してきた人間は、笑った    相手のことを思い出す暇もないくらい、    充実した毎日を過ごせているに違いない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。