毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5858号 「書く力」という名の弱者の武器を持ち、蜂起せよ


■今の時代にあって、
 一番価値あるものは

 「信用」

 ではないかと思うのです。


 お金で信用は買えませんが、
 信用はお金になり得ます。


 人生もビジネスも

 「信用」

 さえあれば、うまく回るのです。



■その信用を築くのに、
 極めて有効な手段である、

 と私(鮒谷)が考えているものに

 【文章を執筆、配信する】

 ことがあります。



■たとえ今、

 駆け出しのビジネスパーソンで
 あったとしても、

 「毎日、文章を書く」

 ことくらいはできるでしょう。


 たとえ気の利いたことや
 役に立つことは書けなくても


 「自分がどれだけ行動しているか」

 「今日、どんな学びを手に入れたか」


 くらいのことは
 書けるに違いありません。



■こうしたことを、

 1日、2日はともかくとして
 1ヶ月、2ヶ月と継続していくと

 「見てくれている人は
  見てくれている」

 もので、


 ここからチャンスが掴めることが
 あるのです。



■発信しなければ、

 たとえ一生懸命に学び、
 行動していたとしても、

 その姿は半径数メートルのところに
 いる人にしか伝わらないので、


 伝わっていない人からすれば

 「何もしていない人」

 と変わりありません。



■それが、

 たとえば私(鮒谷)であれば、
 こうしてメールマガジンを配信するだけで、


 1,000キロ離れたところに住む、
 見ず知らずの方であってさえ、

 「私(鮒谷)の
  日々の動向を知って下さり、

  あまつさえ、提供しているサービスを
  購入下さることすらある」


 のですから、まさに

 「見てくれている人は
  見てくれている」

 のです。



■こうしたことが可能になったのは、

 もちろんIT環境が整った時代に
 生きているからであることは勿論のこと、


 それだけではなく

 「書く力」

 をフルに発揮し、

 こうして毎日、大量の文章を
 紡ぎ続けてきたからにほかなりません。



■一切の資源を持たぬときから、

 毎日、メルマガを
 書き続けてきたからこそ、


 お読みくださっている方に
 ゆっくりと

 「こいつは、
  ばっくれない人間だ」

 「滅多なことはしないだろう」

 という信用や信頼が
 蓄積されていったのではないか、


 と思われるのです。



■とするならば、

 「書く力」

 とは、まさに

 「弱者のための武器」

 といってもよいのでは
 ないでしょうか。

 書くのには一銭のカネもかかりません。



■あなたが「強者」であるならば、

 違う信用、信頼の蓄積の仕方も
 あるかもしれませんが、


 もし、私(鮒谷)と同じく、
 大した資源も持たないのであるならば

 【「書く力」という名の弱者の武器】

 を活用し、

 「世の中に橋頭堡を築く」

 ための戦いを
 はじめてみてはいかがでしょう。



■チャンスが来ない、と嘆いていても
 向こうからやってくることはありません。


 こちらから、呆れられるくらいに
 大量に発信していけば、

 (99%の人からは疎んじられても)

 1%の人は見てくれ、
 さらには声をかけてくれるもの。



■それが分かれば、

 「馬鹿みたいに大量発信する」

 ことで可能性を切り開く、

 そんな道もあると理解できるように
 なるでしょう。


 そのためには、なにをさておいても
 まずは

 【「書く力」という名の弱者の武器】

 を手に入れなければなりません。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自らを「資源の持たぬ弱者」であると    認めるのであれば、    「書く力」という名の弱者の武器を持ち、    蜂起してみてはどうか。   ■世の中に自分の存在を訴えかけなければ、    存在しないと同じになる。   ■強く、激しく、しつこく、大量に、    発信し続けることによって、    ようやく自分の存在が認識されるように    なり、さらには、    信用、信頼が積み上げられていくだろう。   ■ゼロからイチが最も大変だが、    そこまでいけば、その後の展開が相当、    楽になるはずである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。