毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5852号 自分(自社)の持つ専門性を外販することで起きること


■自分(自社)の持つ専門性を
 コンテンツ化して外販しよう、

 そう思った瞬間から、


 日々の仕事に対して、

 より深く考え、
 細かく意識を向けるようになり、


 高いアウトプットを生み出すための
 再現性を持たせる方法論の開発が、

 大いに進むこととなります。


 ※それに伴い、
  「言語化」が飛躍的に進みます。



■仮にも、

 命の次に大切なお金を頂戴して、
 コンテンツとして提供するからには、

 いい加減なものをお渡しする
 わけにはいかず、


 できることならば

 「驚きや衝撃や感動や感銘」

 といった感情変化がもたらされる
 水準のコンテンツをお届けしたい、

 そんな気持ちにもなるものです。



■この緊張感が、

 今、自分が取り組んでいる
 仕事に対して、

 真剣に向き合う姿勢を
 もたらします。


 こうして自らを高め、
 その成果物をコンテンツに反映し、

 さらには販売しようと思うと、
 大きなプレッシャーがかかります。



■大変ではありますが、
 そうした環境に身を置いてこそ、

 自ずから日々の仕事の基準が
 引き上げられることでしょう。


 この姿勢を手に入れるために

 「コンテンツの外販」

 という事業を行ってもよいのでは
 ないかとすら思います。


 大きな負荷がかかるからこそ、
 その分だけ成長を遂げらるのだから。



■あなたも

 「今、自分が携わっている仕事」

 によって蓄積されるノウハウを、

 コンテンツとして販売できるかどうか、
 考えてみてはいかがでしょう。



■さらには、
 もし状況が許すなら、

 「実際にコンテンツとして
  販売することを決意する」

 ところまでいけば、

 日々の仕事に向き合う姿勢が
 まるで変わることをお約束します。



■こうして仕事のレベルを引き上げ、
 コンテンツ化を推進すれば、

 必ず、お求め下さった方の
 お役に立つはずです。


 つまり、

 自分の学習について
 体系化を図ることは、

 自分のためになるとともに、
 お客さまのためにもなる、

 ということです。



■誰も損しませんね。

 というか、関わる全員、
 得しかしないのです。


 ただ、自分の専門性について
 コンテンツ化を進めようとする人は、

 おそらく
 数パーセントもありません。



■それゆえ、

 そのプロジェクトに取り掛かり、
 販売を開始する勇気を持てた人は、


 それだけで、
 上述のメカニズムが発動され、

 急激にビジネスパーソンとしての
 戦闘力がついてくることとなり、

 短期間で一気にトップレベルの
 人材へと躍り出ることとなります。



■コンテンツの外販、
 この決断を下すだけで、

 1、能力がつき
 2、関わる人に喜んでもらい
 3、経済的にも報われる

 とするならば、

 やらない手はないのでは
 ないでしょうか。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分の専門性をコンテンツ化して    外販しよう、と決意すれば、    それだけで日々、仕事に向き合う姿勢は    激変するだろう。   ■人さまからお金を頂戴するということは    責任が発生し、その分だけプレッシャーが    かかることとなる。   ■しかし、その負荷こそが自身の成長を    促してくれるのだ。   ■自身が成長し、お客さまに喜んでもらい、    経済的にも潤うようになる、    とするならば、コンテンツ化の推進を    行わないという手はないのではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。