毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5850号 幸せの追求は、時間の使い方の追求から


■今日もまた、
 無為な一日を過ごしてしまった、

 未来に向かって何も積み上げずに
 一日が終わろうとしている、


 そんな

 「負の思い」

 の繰り返しは
 著しく自尊心を毀損し、

 やる気の原動力を奪い去り、
 行動する力を削ぎ落とします。



■反対に、

 自分の時間をしっかりと
 マネジメントできている、

 そんな思いは自尊感情や幸福感を
 高めてくれるもの。



■自分の時間は
 自分できちんと管理している、

 (しっかりとオールを握りしめ、
  人生という海を渡っている)


 そんな自覚を持てるような
 毎日を過ごせれば、

 高揚感や充実感や幸福感が
 もたらされます。



■とするならば、

 【幸せを追求するのなら、
  時間の使い方を追求するべき】

 といえるのではないでしょうか。


 にもかかわらず、

 真面目に時間の使い方を
 研究・実践している人は、

 極めて少ないように
 見受けられます。



■恥ずかしながら、不肖鮒谷も、
 これまでに幾度となく


 「自尊感情が毀損される
  時間の使い方をしてきて、

  そのためにますますやる気が
  失われ、、、」


 の毎日を繰り返してきましたが、

 そんな日々を過ごし、遅ればせながら
 ようやく理解できた真実が


 【時間の使い方と幸福感には
  密接な関係がある】

 ということ。



■同時に

 【幸福感を感じるために必要な
  時間の使い方】

 についても長い間、

 試行錯誤と自問自答を重ねつつ、
 改善を図り、


 「こういう時間の使い方をすれば
  充実感や幸福感を得られる」

 ということも
 理解できてきたつもりです。



■これについては、

 メルマガの5号や10号程度で
 伝えきれるものではありませんが、


 間違いなくいえるのは、

 「今、行っていることが
  確実に将来につながっている」

 そんな実感を持てる時、人は

 「今を生きている」

 という感覚を味わえるということ。



■試行錯誤して確立した方法論を、

 私(鮒谷)自身、今まさに、
 意識し、実践していますが、


 おかげさまで毎日、
 安定的で平和で平穏な感情を、

 維持することができています。



■そんな、

 私(鮒谷)が長年かけて
 誰にでも導入可能な形に言語化した


 【時間管理の基本的考え方と、
  超・具体的な実践方法】


 について、

 長時間(合計6時間以上)にわたって
 語り続けた音源が、

 以下の2つの音源となります。



■お勧め音源(その1)。

 ------------------------

 【鮒谷周史の
  「圧巻!人生は『時間の天引き』
   からしか変えられない」
  放談会音源】

 <カード決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/11202803

 <銀行振込、携帯プレイヤーでのお求めを
  希望される方はこちらから>
 https://form.os7.biz/f/0df8bf89/

 ------------------------


 お勧め音源(その2)。

 ------------------------

 【鮒谷周史の
  「圧巻!題名のない放談会
   (平成30年4月8日開催)」音源】

 <カード決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 <銀行振込、携帯プレイヤーでのお求めを
  希望される方はこちらから>
 https://form.os7.biz/f/859756b2/

 ------------------------



 ※どの音源を持っているか
  分からなくなった方は、
  ご遠慮無くお尋ね下さいませ。

  速やかにお調べして、
  ご回答いたします。

  <お問い合わせフォームはこちら>
  http://www.2nd-stage.jp/contact/


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■時間の使い方と自尊感情や幸福感の    間には、密接な関係がある。   ■無為に過ごしたり、    後悔を生む時間の使い方は、    そのまま人生の喜びや満足感を    毀損することとなる。   ■とするならば、    【幸せを追求したければ     時間の使い方を追求するべき】    といえるのではないか。   ■にもかかわらず、    真面目に時間の使い方を研究・実践して    いる人は極めて少ないように思われる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。