毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5837号 (格差社会)目標達成経験の有無がもたらす格差の広がり


■人は

 「こうなりたい」

 と強く願うから、

 「その姿に近づいていく」

 のです。



■「こうなりたい」
 そんな思いがなければどうなるか。


 人間は環境に流される生き物だから、

 「成り行き任せ」

 になるしかありません。



■成り行き任せで生きていて、

 人生がいい方向に向かうのなら
 喜んで成り行きに任せますが、


 残念ながら、
 きままな生活を行いながら、

 満足や納得のいく人生が
 開けていく可能性は、

 極めて低くなるであろうことは
 想像に難くありません。



■私(鮒谷)はこれまでに、

 目標を立てては、
 そのたびに達成し、


 達成するたびに
 新しい目標を立て直し、

 (ときには掲げた目標を達成する
  イメージができたときに、

  さらに次の目標を
  前倒しで立てることも)


 さらにその目標を達成したら、
 その次の目標を立てて、、、


 といったことを
 幾度も繰り返してきました。



■掲げた目標は

 「事業(売り上げや利益)について」

 も、もちろんありますが、


 むしろ

 「QOL(人生や生活の満足度)を
  高める」

 ことを主たる目的として、


 その前提で、さまざまな要素を
 どのように最適化させるか、

 について考え、実践してきたつもりです。



■したがって、

 「ビジネスとしてはショボい」

 し、まだまだ成長、向上させなければ
 ならないことはいうまでもありませんが、


 たとえば、

 自信や自尊心、
 充足感や満足感、

 人生をコントロールしているという
 自由さや開放感、

 などは、

 (満足することはないにせよ)

 「客観的に見たら、それなりに
  高いレベルで満たされている」

 と思っています。



■それもこれも、ひとえに

 「最初にそうなりたい」

 と目標を掲げ、


 そのためには一つ一つの分野


 ※たとえばそれは、

  健康であったり、
  人間関係であったり、

  家族関係であったり、
  時間的な自由さであったり、

  リスク耐性であったり、
  自分の能力やスキルであったり、

  経験の幅であったり、
  選択肢の多さであったり、

  仕事についてであったり、
  経済的な報酬についてであったり、

  するわけですが


 を高いレベルで満たす必要があると
 認識したわけです。



■しかし、ことは
 そんなに簡単ではありません。


 それぞれの要素は

 「あちらを立てれば
  こちらが立たず」

 で複雑に絡まっているものだから。



■仕事に情熱を傾けすぎると、

 経済的な報いは得られても
 体を壊すリスクが高まる、

 とか、

 リスク耐性を追求すると
 事業がスケールしにくくなったり、

 とか、


 経験や選択肢の幅を殖やすほど、
 強みが分散される、

 とか、

 反対に、一点集中すれば
 狭い視野しか持てなくなる、

 とか、


 同時にすべてのパラメーター(?)を
 引き上げることはとても難しいいのです。



■複雑なパズルを解くように

 「最終的にはすべての要素が
  高いレベルで満たされた人生、生活」

 を追求すると、
 一定の時間はかかります。



■しかし、

 上に記したのは一つの例えですが

 たとえば私(鮒谷)であれば、

 この何十倍、あるいは100倍以上に
 精緻な目標を掲げて、


 たとえ何十年かかってもいいから
 難解なパズルを解こうと思って、

 毎日、試行錯誤してきました。



■その試行錯誤の記録が、

 このメルマガのバックナンバーや
 (5800日を超えました)

 おそらくは数万に及ぶ、
 日々の日記・メモ(時々刻々の記)、

 として集積されてきたわけです。



■それもこれも、目的はただ一つ、

 「私(鮒谷)は、こうなると幸せだ、
  満たされる、安心する、楽しい」

 と思える目標を、


 随時、アップデートしつつ、
 実現に向かって行動するためです。



■結果、どうなったか。

 少なくとも私(鮒谷)が
 サラリーマンのとき、

 最初に作った目標は、数年後、
 軽々と達成することとなりました。


 (でも目標を掲げたときは、
  一生かかっても到達できないのでは、

  というくらい、自分にとっては
  大きな目標でした)


 そしてそれ以降も、
 同じことを繰り返してきました。



■目標を掲げ、狙い続け、
 行動し続けられたら、

 あなたや私が想像している
 以上のことができるもの。


 少なくとも、
 既に実現している人がいて、

 しかも、そうした状態に出たい、
 と心の底から思える状態であるならば。



■数日前、私(鮒谷)は、

 ビジネス面も
 プライベートにおいても、

 かなりチャレンジングな目標を
 新しく更新しなおしたのですが、


 掲げたからには
 必ず実現すると

 「今から分かっている」

 のです。



■こうしたメカニズムを
 身体知として認識できている人は、

 何度でも、目標を掲げては達成し、
 を繰り返せますが、

 この経験をしたことのない人は、
 ずーっと経験できないままですから、


 ここにおいて

 (良い悪いではなく、
  現実問題として)

 「差が生まれる」

 こととなるでしょう。



■いうまでもありませんが
 これは巷で言われているところの

 「教育格差」
 「経済格差」

 といったものとは全く別の、

 「目標達成経験の有無から
  生まれる格差の広がり」

 です。



■こうした経験がゼロの人が
 一度経験するのは難しいですが、

 一度経験したら、
 二度目、三度目、四度目、、、

 と繰り返すほどに

 「目標の立て方と、
  そこに向かう方法」

 の精度がどんどん引き上げられていく
 こととなりますから、


 ここにおいて

 「目標達成経験の有無から
  生まれる格差の広がり」

 が生まれるということです。



■もしあなたが、

 これまでの人生において
 いくたびも目標を立てては実現させ、

 を繰り返しているのであれば、

 今さら、こんな話をしていても
 何の学びもないかと思います。

 (既にご存知なのだから)



■しかしもし、

 これまでの人生において
 一度も目標を立てて実現させ、

 という経験をしたことがない、


 あるいは、

 一度くらいは経験していても、

 再現性のある形で
 方法論を確立できていない、

 のであるならば、


 きっと、当音源

 ---------------------------------------------

 【鮒谷周史の
  「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
  &<フォローアップ編>&<Q&A>
  音源3本セット】

 ■収録時間:約7時間50分
 ■価格:49,600円(税抜)

 <カード決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 <銀行振込、携帯プレイヤーでのお求めを
  希望される方はこちらから>
 https://form.os7.biz/f/e31519b0/

 ---------------------------------------------

 が、

 ここまで記したことについての
 解答をもたらしてくれるもの、

 と信じています。



■私(鮒谷)自身が、

 「(成果をビジネス領域に限定しない)
  人生の全体最適化」

 を実践し、
 それなりに形にしてきて、


 さらには、

 そのプロセスの言語化を
 自らの主戦場と定め、

 メルマガを発信し始める前から
 数十年に及ぶ取り組みを行ってきた

 「集大成」

 とでもいえるコンテンツで
 あるからです。


 (当音源を聴かれた方からのご感想も
  合わせてお読みください)


 ------------------------

 <目標設定音源 本編をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた377ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf

 <目標設定音源 フォローアップ編をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた80ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170714_testimonials_mokuhyou_fup.pdf

 <目標設定音源 Q&A編をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた78ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170714_testimonials_mokuhyou_qa.pdf

 ------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■目標を立てなければ「成り行き任せの    生き方」になるのは当然だ。    それでいいという人もあるし、    人それぞれである。   ■しかし、こうなれば幸せになれるだろう、    と目標を立て、逆算し、細分化し、    時間を味方につけて、パズルを解くように    一つづつクリアし、全体最適化を図り、    ときに立てた目標自体も修正しつつ、    毎日を生きていくと、    プロセスそのものが幸せに満たされる。   ■さらに目指す地点に近づくにつれて、    ますます充足感や満足感、幸福感に    満たされていくことのは間違いない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。