毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5836号 それは「今すぐ買え!」のサインなのである


■日々、
 いろいろな人と接していますが、

 「どうせやらなければならぬのなら、
  今のうちにやればいいのに」

 と思うことがしばしばです。



■たとえば、納期のある仕事。

 どうせやらなければなりません。


 やらねばならないことを
 残しておくと、

 「案件が頭の中に存在しているだけで
  ストレスになる」

 からです。



■逆に言うと、

 「頭の中からやるべきことを消せば、
  それだけでストレスから開放される」

 ということになりますね。


 簡単なことなのに

 (私(鮒谷)も含めて)

 これができる人が
 なかなかいないから、


 皆、思いストレスを抱えながら、
 生きているわけです。



■そうした

 「どんよ~り、おもた~い気持ち」

 から開放されたければ、

 どうせやらねばならぬことに
 ついては、


 【次々に意思決定(決断)を下して、
  頭の中から案件を一つづつ消していく】


 ことを習慣化すると良いでしょう。



■個人的な経験からいうと

 「意思決定の先送り」

 によってもたらされるストレスの中でも
 特に大きなものが

 【買うべきか、買わざるべきか、
  迷いに迷っている】

 状態。



■ある商品(サービス)の存在を知り、

 朝、起きて迷い、
 昼、思い出しては迷い、
 夜、寝る前にも迷う。


 あるいは、

 商品(サービス)の案内が
 届くたびに悩み、

 再び、商品(サービス)の案内が
 届くたびに悩み、

 さらに商品(サービス)の案内が
 届くたびに悩む。



■こうしたことを
 いくら繰り返したところで、

 実は何も生産的なことを
 行ってはいませんね。


 ただただ、迷い、悩んでいるだけで、

 【その状態そのものが
  強烈なストレスとなり続ける】

 のです。



■私(鮒谷)も、

 こうした状況を何度も繰り返し
 経験することによって

 【それだけ悩んでいるときには、
  結局、どうせ買うことになる】

 と学習することとなりました。



■さらに考えを進めると、

 結局、どうせ買うのなら、
 実際に、購入するまでのあいだ、


 【悩み続けていつ状態そのものが
  完全なるムダ】


 であると、あるときハッキリ、
 理解できました。



■それ以降、

 しばらく考えてみて、

 「どうせ欲しくてたまらなくなって
  結局、買ってしまうんだろうな」

 と思うものについては、


 欲求に抗うことを諦めて、
 潔く

 「即断即決即実行の精神」

 で、その場で購入することと
 決めたのです。



■そのとき以来、

 私(鮒谷)のAmazon購買履歴が
 異常な速度で膨れ上がる、

 こととなりましたが、


 しかし、結果としては

 【この意思決定以降、
  人生が大きく加速することとなった】

 のです。



■この本が欲しい、
 この雑誌が欲しい、

 この文房具が欲しい、
 この電子機器が欲しい、、、


 という気持ちが起きたとき、


 しばらく立ち止まって考えて、

 このあと、どうせ二度も三度も、
 五度も十度も悩むだろう、

 と思ったら、

 「その場でためらわずに
  ポチッと購入」

 するようになりました。



■すると何が起きるか。


 欲しいと思ったものを
 購入しさえすれば、

 あとは(既に手に入れたのだから)

 そのことについては
 忘れ去ることができますね。



■こうして、

 認知能力(思考するためのメモリ)に
 大きな空きが生まれ、


 そこで初めて、

 【人生において、
  真に価値をもたらす思考と行動に
  まともに頭を使えるようになった】

 のです。



■そんな世界に出たいのならば、

 要るか要らないかを検討は、
 その場で行い

 「悩んだところで
  どうせ買うんだろうなあ」

 と思われるものは
 その場で即座に購入すべきです。


 (そして以降の迷いや悩みのストレスや
  ムダ時間を捨て去りましょう)



■逆に、

 「これから幾度、目に触れても
  結局は買わないかな」

 と思われるのなら、


 そのように意思決定して、
 以後、なにがあっても

 「悩まぬ(購入しない)ことに決める」

 と良いでしょう。



■悩まぬように決めてさえ、

 やっぱり二度、三度、
 目にするたびに、

 「どうしても欲しくなってしまう」

 のなら、


 それは深いところで

 「悩んだところで
  どうせ買うんだろうなあ」

 という欲求をかきたてる商品で
 あるのだから、

 そこはやっぱり本能にあらがわず、
 その場で買ったほうがいいのです。



■これが

 「結果を出すために大切な
  一つの考え方」

 と言われれば、


 「ホントかよ」

 と思いながらも

 「でも、一理ある」

 とも思われないでしょうか。



■そして本当に一理あるのです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■買うか買わないか、で迷い続けるのは    「とてつもない認知能力と時間のロス」    につながると理解すべきだろう。    これが強烈なストレスの源となる。   ■ストレスから開放され、真に価値ある    思考と行動を行うためには、    これ欲しい!と思ったときに、    しばらく立ち止まって考えて、    これからも悩み続けるだろうと思ったら    即時に購入し、    すぐに悩みから開放されるべき。   ■反対に、そこまでではない、と    判断したのであれば、    それ以降はその商品については悩むことを    止めると明確な意思決定をすべきである。   ■その意思決定がためらわれるのであれば、    それは「今すぐ買え」のサインである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。