毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5817号 休息の取り方にも「言語化された意思決定基準」を確立しておくべき


■一昨日のメルマガでご紹介しましたが、


 尾崎さんより、年間プログラムの
 ご感想を頂戴いたしましたが、

 その中で今日は、こちら(↓)


 ------------------------


 【休息は意図的にとることについて】


 事前に休むと決めていれば、
 休んでも精神が害されない。


 なんとなくだらだらするのが
 よくないのであって、

 決めていたダラダラは
 むしろプラスである。

 まずはサボりや休息を計画して、
 それから、仕事等の予定を入れていく。


 それくらいが
 ちょうどいいのかもしれません。


 ------------------------


 についてお伝えいたします。



■あなたは

 「意図を持って、
  計画的に休息を取る」

 ように努められているでしょうか。


 それとも

 「何も計画なく、休暇に突入し、
  結果として

  『休息らしきもの』

  を取る、ということを
  繰り返してきた」

 でしょうか。



■これまで、
 いろんな方とお会いしてきましたが、

 後者の休暇のとり方
 (つまり、成り行き任せの休暇)

 をされている方が
 思いの外多いように思われます。


 まさかとは思いますが、
 このお盆休みまで、

 そうした休暇の取り方を
 されている方はないですよね、、、



■長期休暇では少ないとは思いますが
 (でも、きっとゼロではないはず)、

 普段の土日などでは、
 こうした

 「成り行き任せの休暇」

 にしてしまい、

 後悔を重ねている人が
 大勢いるはずです。



■こうした

 「休息らしきもの」

 は、真の休息にはならず、


 著しく自尊心を毀損する

 「ストレスの原因」

 となるだけです。



■同じだけ時間をつかっていても、
 ある人は

 「真の休息」

 とするのに、別のある人は

 「ストレスの原因」

 になってしまうのは、


 ひとえに

 「その休暇を事前に、
  休むという意思を持って、
  計画しているかどうか」

 にかかっています。



■休息するのはいいのです。


 というよりも、むしろ、

 一定の期間、集中したら、
 一定の期間、弛緩させなければ、

 「ゴムが切れる」

 こととなってしまいます。


 だから、休息は絶対に必要です。
 (それと同じように睡眠も)



■ただ、

 休息は決して、
 成り行きで取ってはならず、

 (それは後悔にしかならない)


 そうではなく、

 事前に何か行うのか、
 あるいは何も行わないのか、

 を決めた上で取得するべきである、
 とお伝えしたいのです。



■これを心がけることによって

 ストレスを感じることなく
 真の休養を取れるし、


 自尊心が毀損されたり、
 焦りの感情が湧いてきたり、

 それに伴う後悔の感情に苛まされる、


 といったこともなくなるはず。



■今日は、
 尾崎さんからのご感想を通して

 【休息の取り方にも方法がある】

 ことについて記しました。


 たかが休息と侮ることなかれ、
 休息の取り方にも

 「言語化された意思決定基準」

 を確立しておくべきです。



■こうした言葉を持ち、
 さらには実践し、

 「メリハリの効いた人生」

 を過ごせるとするならば、

 この言葉は自分の人生に
 どれほど良い影響を及ぼすのだろう、


 そんなことに
 思いを致していただければ。



■こうした波及効果の高い言葉を毎回、
 何十個もお届けすることを目的とし、

 私(鮒谷)が

 「最大の自信と思い入れ」

 をもってお届けしているサービスが

 【年間プログラム
 (会場版ならびに音源版)】

 となります。



■こうした環境を選びとることは、
 あなたにとって

 【極めて波及効果の高い「投資」】

 となると信じておりますが、


 決断せず、成り行きに任せておくと
 お金も時間も

 「消費、さらには浪費に
  流れていってしまう」

 のは理の当然。



■膨大な良質の言葉と、環境と、
 同志とのつながりを、

 わずかな金額で購入できるとすれば
 私(鮒谷)であれば、

 「投資一択だろう」

 と思ってしまいますが、
 いかがでしょう。


※サービス提供者であるところの
 私(鮒谷)が言っているだけではありません。

 <参加下さっている方から頂戴したご感想>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180404_testimonials_nenkan.pdf

 ぜひ、読んでみて下さい。



■お申込み、お問い合わせは
 以下よりお願いいたします。


 ------------------------

 【鮒谷周史の、
  (少人数・双方向制)年間プログラムについて】

 以下よりお申込み、
 あるいは、詳細の確認を願います。


 【<会場受講版>詳細&参加申し込み】
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21

 【<音源受講版>詳細&参加申し込み】
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/13630

 ※分割払いも受け付けております


 【年間プログラムのお問い合わせやご質問は
  以下よりお願いいたします】
  http://www.2nd-stage.jp/contact/

 <参加下さっている方から頂戴したご感想>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180404_testimonials_nenkan.pdf

 ------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■休息は事前に計画して取られるべきもの    である。    事前に「ここは休む」と決めるからこそ、    休息を楽しむことができるし、    罪悪感を感じることもない。   ■もし、「結果として休み(らしきもの)を    取った」という形になったとするならば、    そこには自尊心の毀損と罪悪感と後悔しか    残らない。   ■休息の取り方にも「言語化されたルール」    を確立しておくとQOLは著しく向上する。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。