毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5812号 情熱を言葉に乗せることで、動いてもらえるようになる


■「音源の聴き方音源」をお求め下さった
 岡村拓朗さんより、

 以下の感想を頂戴いたしましたので
 ご紹介。


 (ここから)
 ------------------------


 鮒谷様
 セカンドステージの皆様


 いつも大変お世話になっております。


 私は昨年の春頃から
 鮒谷さんのメルマガを拝読していますが、

 こんなに安い音源ははじめて!?
 と思い、つい購入していました。

 そして、この選択は大正解だったと
 強く強く感じております。


 というのも、

 私が鮒谷さんの音源を
 購入させていただいている理由は、

 何を言っても鮒谷さんの声を
 ただただ聴くことにあります。


 きっかけは、

 私が尊敬する経営者の方から、

 エネルギー高い人の声を聞いているだけで、
 その人のパワーを自然と体に落とし込める、

 と学んだことでした。


 その学びを受けた後、

 私はエネルギー高い人の音源を
 探すようになりました。

 といっても、エネルギー高い人を
 探すことはなかなか大変なものなので、

 先ずは様々な人気メルマガを
 購読するようになりました。


 そのメルマガの中でも、
 鮒谷さんの平成進化論は別格でした。

 言語レベル、抽象と具体の行き来、
 身近で想起しやすい具体例、、

 そして、

 より最強な点は毎日欠かさず
 メルマガが送られてくることでした。


 これ、本当に無料でいいの...?

 これ、そこらへんの自己啓発本なんかより
 群を抜いた質じゃない...?

 そんな気持ちを購読後、すぐに
 感じるようになったことを覚えています。


 そんなエネルギー高い方が直接話す声を、
 毎日聴きづけるとしたら、

 私にも同じエネルギーが
 蓄えられるのではないか?

 と思うようになりました。

 そして、ポチッと購入するように
 なりました。笑


 今回の音源も
 何度聴いたかわかりません。

 というのも、
 ただ流しっぱなしにしているからで、

 それでも、ふとした時に、

 日々の習慣について、
 時間管理について、
 目標達成について、

 あらゆるシーンで
 思い起こされています。

 まるで、どこにいても鮒谷さんの
 コンサルを受けているような...笑


 そして、今回の音源でいただいたクーポンで、
 新たに音源をポチッっていました。


 話がそれましたが、
 今回の音源をもとに、


 ◆音源をかけっぱなしにして
    無意識で思考できるようにする

 ◆質の高い言葉を手に入れるために
    質の高い多様な本を読む


 この2点をより注力して、そして、
 習慣化できるよう仕組み化していくことで、

 自分のありたい姿に向けて
 努力してまいります。


 改めましていつも貴重な学びをいただき、
 心より深く感謝申し上げます。

 引き続きどうぞ
 よろしくお願いいたします。

       (岡村拓朗さま)

 ------------------------
 (ここまで)


 岡村さん、いつもありがとうございます。

 そしてこのたびも長文のご感想を
 お寄せ下さり、ありがとうございました!



■頂戴したご感想の中でも

 「エネルギー高い」

 と言及下さったところ、
 とても嬉しく読ませていただきました。


 なんといっても
 私(鮒谷)自身、

 「メルマガに『圧』を乗せる」

 ことをつねに意識して、
 執筆、配信してきたからです。



■人に何かをお伝えするためには

 「圧倒的な熱量」

 が必要です。


 高い熱量があるからこそ、

 「そこに伝えたい、伝えるべき、
  『なにか』がある」

 と感じて頂けます。



■私(鮒谷)がお伝えしたいのは


 「人間、正しい『仕方』を身につけ、
  考え、動けば、必ず変われる」


 という、ただ一つのこと。


 このプロセスをひとたび体験して、
 自らの過去を顧みれば

 「なんだ、
  そういうことだったのか」

 で済む、簡単な話。


 ただ、その体験をするところまで
 進んでもらうためには、

 千語万語の言葉を費やす必要が
 あるのです。



■それゆえ、

 これまで5,800日以上、
 一日も休むことなく、

 できる限り強い「圧」を、と思い、
 メルマガ配信してきましたが、


 ここにきて、
 ようやく届けるべき人に届き始めた、

 そんな感覚を
 持てるようになりました。



■と同時に、ここから先は、

 「お届けしたことを
  実践いただく」

 ことに心を砕く必要がある、

 (伝えたことを実践いただかないと
  意味がない)

 とも考えています。



■そのために

 「学び主体から行動主体に、
  姿勢を切り替えていただくための場」

 として、

 【年間プログラム】

 というサービスを提供しています。



■この場は限定されたメンバーのみで
 構成されているので、

 毎回、メルマガ以上の圧倒的な
 「情熱(=圧)」で語るのはもちろんのこと、

 メルマガでは書けないことを
 語り尽くしています。



■こちらのサービスを通して
 お届けしたい価値は、

 本気で変化を遂げたいと思われる方に
 対して、

 「徹頭徹尾、行動を促す、あるいは、
  行動せずにはいられなくなる」

 そんな場の提供、


 ならびに

 結果を出すための、超・具体的な
 知識やノウハウや方法論。

 (OSとアプリケーションをセットで
  提供する感じ)



■多くの学びをなされる中で

 【学びは大事、だけれども、
  行動するのは、もっと大事】

 という、

 分かっている人からすれば
 自明の話を、

 ようやく(?)理解下さった方から
 陸続とお申込みが入るようにもなりました。



■昨日、今日だけでも、

 音源習慣を身につけ、
 学ぶ素材を大量を手に入れたい、

 と思われた方が3名、

 (いずれも会場版ではなく、
  音源版となりますが)

 お申し込み下さっております。



■音源習慣が身につき、

 それに比して
 手元の音源の種類が乏しい(?)と、


 「とはいえ、同じ音源ばかりを
  聴き聞き続けていると飽きる」

 という感覚を
 味わうこととなりますが、


 年間プログラムの音源は、
 休憩時間を除いた収録時間で

 「毎回平均、9時間ほど」

 はあるので、


 平日は毎日、

 その音源だけに特化して2時間程度、
 ヘビーローテーションを行ってさえ

 「一ヶ月で
  3、4周できるかどうか」

 という圧倒的ボリューム。



■こちらにお申し込み頂ければ

 「音源が足りない」
 「音源に飽きてきた」
 「新鮮な音源を聴きたい」

 というお悩みは、
 すべて解消されるはず。


 そのうえさらに

 「行動せずにはいられなくなる
  環境が手に入るし、

  結果を出すための超・具体的な方法論も
  合わせて身につけられる」

 ことでしょう。



■これに加えて、

 「年に二回の、
  会場版へのオブザーバー参加資格」

 特典も付与いたしますし、

 ときおり行う「合宿」にも、
 ほぼ実費でご参加いただけます。


 会場や合宿等を通しての

 「参加者同士のつながり」

 はプライスレスの財産となるはずです。



■ですので、

 さらなる圧倒的インプットを図り、
 行動力を身につけたいと願う方には、

 ぜひお勧めしたい音源。


 一人で悶々としていても
 到達できない世界にたどり着くために、

 必ずや、大きな助けとなるはずです。


 もちろん可能ならば、
 会場版にお申込み頂くのが、

 最も波及効果が高いと思いますが、
 次善の策として、、、



■お申込み、お問い合わせは
 以下よりお願いいたします。


 ------------------------

 【鮒谷周史の、
  (少人数・双方向制)年間プログラムについて】

 以下よりお申込み、
 あるいは、詳細の確認を願います。


 【<会場受講版>詳細&参加申し込み】
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21

 【<音源受講版>詳細&参加申し込み】
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/13630


 【年間プログラムのお問い合わせやご質問は
  以下よりお願いいたします】
  http://www.2nd-stage.jp/contact/

 <参加下さっている方から頂戴したご感想>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180404_testimonials_nenkan.pdf

 ------------------------


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人に何かを伝えるためには    「情熱」が絶対に必要だ。   ■言葉に思いを乗せるところから、    言葉を受け止めた人の行動が促される。   ■そうした言葉を時間をかけて、千語万語、    尽くすことで伝えたいことが伝わるもの。   ■伝える側はこのことを意識して    情熱を込めて伝えるべきであり、    受け手の側は、そうした思いを乗せ、    行動を促す言葉を聞く、    この両者が交わるところに「化学反応」が    生じ、そこに何かが生まれることとなる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。