毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5799号 地方在住者バンザイ、競合をタコ殴りにする方法


■上述の


 【やる気ゼロでも
  毎日、最低3時間は学べた!

  会社員時代の鮒谷が行っていた
  超・実践的音源学習法】


 をお聴きくださったSさんより、

 以下のご感想を頂戴いたしましたので
 ご紹介。


 (ここから)
 ------------------------


 この音源が、4つ目の購入となります。


 北海道の片田舎に住んでいても、

 こうやって皆さんと同じ情報を
 得る事ができる!

 いい時代です。
 感謝の気持ちでいっぱいです。


 購入する度に、
 迷いが少なくなっています。

 ささってしまいました♪

 すっかり、
 鮒谷ワールドにハマってます。


 今回の音源は、最初に聞いた方が
 良かったのかもしれませんね。

 今自分のしている事が、
 これでいいと思えました。


 通勤が、車で片道30分強かかります。
 その時に音源を流すようにしています。

 時には、小説なんかも聞きます。
 繰り返しきくことが、苦になりません。


 聞く度に、腑に落ちる箇所が違うのです、
 腑に落ちることが増えていく感じです。

 まだ、習慣とまではなっていませんが
 続けていきます。


 ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いいたします。

         (鈴木千佳子さま)


 ------------------------
 (ここまで)



■鈴木さん、感想のご送付、
 ありがとうございました!


 地方在住の方から

 「音源リリースに感謝」

 というメッセージを
 頻繁にいただきます。



■良いのか悪いのかは
 分かりませんが、

 私(鮒谷)は都会(大阪&東京)以外に
 住んだことがないので、


 地方の方がどんな感覚で
 毎日を過ごしていらっしゃるのか、

 正確なところは
 理解しきれません。



■ただ、

 地方にお住まいの方、
 (そして海外に在住の方)

 からよく、

 まさに鈴木さんが
 書いてくださったような、

 地方にいながらして、
 情報を得られることに対しての


 ------------------------

 いい時代です。
 感謝の気持ちでいっぱいです。

 ------------------------


 というご感想を頂戴するのです。



■こうした感覚は
 おそらく私(鮒谷)の中では、

 「頭の中では分かっていても、
  身体では決して理解できない」

 ものなのかもしれません。



■ただ、それでも、

 地方(&海外)在住の方からの
 音源のご購入率が極めて高いことから、

 やはり

 「そういうことなんだろうなあ」

 と考えることもしばしばです。



■実は初めて音源をリリースする際には、

 これほどまでに地方(&海外)の方が
 お求め下さるとは、

 想像もしていませんでした。



■過去のセミナーや放談会の
 開催等においては、

 (もちろん往復の所要時間や
  交通費等の問題などもあり)

 地方の方の参加比率が
 そこまで高くはなかったのですが、


 音源販売も
 その延長線上で考えていたので、

 こんなにも地方の方が

 「ビジネス系のコンテンツを
  求められていた」

 とは思いもつかなかったのです。



■実際に、
 当社の販売データから、

 大都市圏のご購入者と、
 地方のご購入者の割合を見てみると、


 (詳しい比率は企業秘密ですが)

 おそらくは、
 皆さまが思われている以上に、

 「地方にお住まいの方の
  ご購入比率は高い」

 ことに驚かされます。



■それだけ情報を求められていた、
 ということなのかもしれません。


 こうした現状を知るにつけ、
 ますます有益なコンテンツを提供し

 「都会と地方との間に存在する
  教育機会の格差を埋めるお手伝い」

 に力を尽くさねば、

 という思いも強くなります。



■また、これは


 ------------------------

 【鮒谷周史の、圧巻!
  「極小リスク、ミドルリターン起業」
  放談会音源】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

 ------------------------


 においてもお伝えしたことですが、


 もしあなたが地方で商売をしている、

 あるいは、これからされようと
 しているのであれば


 (あえて刺激的な言葉を
  用いるならば)

 「先端の学びを地方で展開することで
  競合をタコ殴りできる」

 のは間違いありません。


 ※こう記した詳細な意図については
  下部の「枠囲み部分」をご覧ください。



■私(鮒谷)のお客さまで、


 「地方にいらっしゃりながら、
  日々、新たな学びを重ねながら、

  その学びを事業に実装し、
  近隣の競合をタコ殴り」


 されていらっしゃる方が
 たくさんおられるのですが、


 こうした姿を見ていると、

 心の底から、地方で
 ご商売をしていらっしゃる方が、

 羨ましく思います。



■いかんせん、
 競合が不勉強過ぎるので、

 日々、学び続け、行動し続ける人に
 負ける要素が存在しないのです。


 ただし、
 殴られているほうはきっと

 「なぜこんなに殴らているのか、

  その理由も分からず、
  殴られ続けるのみ」

 の状況となっているはずです。



■そういう意味では、

 学ぶぬ人にとってビジネス、起業は、
 過酷な世界です。

 控えめに言っても、
 甘い世界ではありません。



■会社がつまらないから、

 商売(たとえばコンサル、飲食店、
 物販、その他)

 「でも」

 始めるか、


 みたいな安易な気持ちで開始しても
 99%叩き出される結果に終わるのは、

 世の中の一定割合の人が

 「本気で商売している」

 から。


 本気で商売している人に

 「○○でもやってみるか」

 みたいな安易な気持ちの人が
 勝てるはずがないではありませんか。



■ただ、そうした人(本気の人)の
 比率は、

 あくまで主観ですが、

 「地方よりも都会のほうが
  圧倒的に高い」

 ように思われます。



■したがって、都会を主戦場と
 している人は大変です。

 特に都心部とか、
 レッドオーシャンにもほどがある。


 どれだけ勉強しても、勉強しても、
 行動しても、行動しても、


 周りの人も平気な顔をして

 「圧倒的な学習量&行動量」

 を叩き込んでくるのですから、
 その中で勝ち切るためには、

 「すべての所有リソースを総動員」

 するくらいの気迫が必要です。


 とくにビジネスの立ち上げ期
 なんかには。



■ただ、どういうわけか、

 地方はそこまで本気で
 勝負をかけている人が、

 割合的にも、絶対数的にも、
 圧倒的に少ないので、


 「他の人よりもちょっとだけ勉強し、
  そして行動すれば勝てる」

 し

 「他の人よりもかなり勉強し、
  そして行動すれば圧勝できる」

 のです。

 だからとっても羨ましい、、、



■そんな世界をに出たいと
 志されている地方の方に対しても

 「地方に居ながらにして最新の、
  そして膨大な学びを得られる」

 そんな音源学習コンテンツを、

 これからもふんだんに
 提供してまいります。

 ご期待下さい。



■これから陸続と
 提供されてくるであろう、

 各種コンテンツを聴く前にぜひ


 【やる気ゼロでも
  毎日、最低3時間は学べた!

  会社員時代の鮒谷が行っていた
  超・実践的音源学習法】


 の音源を聴いておき

 「来るべきとき
  (大量音源リリースのタイミング)」

 に備えておいて頂ければと
 思います(笑)



■そんなわけで、

 地方にお住まいの方の


 「ご当地における絶対安定政権的な
  事業の地歩を築き、固めるお手伝い」


 も、各種音源のご提供を通して
 行ってまいります。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■地方在住の人には大きなチャンスがある。    都会ほど、強烈な勢いで学び続け、    行動し続ける人の比率が少ないから。   ■都会と地方の間には、リアルな場における    教育機会の格差が厳然として存在するが、    意識的に音源等を通した学習機会を    有効に活用すれば、    都会に暮らす人と遜色ない教育を    自らに施すことができるだろう。   ■一方、地方において、    本気で戦っている人は少ないので、    学びを継続している人は、近隣の競合を    タコ殴り続けることが可能になる。    殴られている側は、なぜ殴られているのか    も分からず、ただただ呆然とするのみ。   ■特に地方で商売をしている方であれば、    殴る側に回りたいのか、    殴られる側に回りたいのか、    自分で決める必要があるだろう。   ■誤解のないよう記しておくと、    殴られる側、イコール、    お客さまに価値や満足を提供しようとする    気持ちもなければ、改善の努力もなく、    自分のことしか考えず、現状に安住し続け    ようとする横着で怠惰な企業や人のこと。   ■厳しい言葉でいうならば、そうした存在は    早急に叩き出されて、市場から退場して    もらった方が、世のため、人のため。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。