毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5764号 生命力や戦闘力が宿らず、お金にも恵まれぬ、典型的特徴を持つ人とは


■「あなたはお金が欲しいですか?」

 と尋ねれば、

 100人いれば全員が全員、
 とまでいうつもりはありませんが、


 もし建前抜きの、
 本音で回答してもらえるのであれば、

 控えめに言って、
 80人から90人、

 (きっと本当はそれ以上の割合で)

 「お金が欲しいです」

 と答えられることでしょう。



■何も悪いことではありませんし、
 恥じることもありません


 今の世の中にあって
 お金がなければ生活できないし、


 お金があれば何でも買える、
 などというつもりはありませんが、

 お金があることによって
 助かる、救われる、

 ということが多々あることは
 間違いないからです。



■そんな生きていく上で大切なお金に
 恵まれるための心構えとして、

 【失敗を辞さず】

 という精神はとても大事なものだと
 考えています。



■多くの人が、

 失敗する(お金を失う)ことを
 過度に恐れるがあまり

 「守りに入った行動」

 を取っています。


 守り主体の生き様は、
 確かに手堅いように思われますが、

 実は気づかぬところで
 大きなものを失っているものです。



■大きなものとは

 【経験と、そこからの学び
  (=生きた知恵)】

 を手に入れる機会。


 たくさんの経験をして、
 たくさんの失敗を重ね、

 そこから、たくさんのことを学び、
 金輪際、同じ轍を踏まなくなる、

 そんな

 「一生モノの知恵」

 を手に入れられないと、

 「知恵の不足が」

 あとあと、
 ボディブローのように効いてきます。



■若いうちは、
 失敗をしてもリカバリーできますが

 (たとえば20代、30代で
  詐欺にあっても経験値になりますし、

  それを糧として、新しいチャレンジを
  行うこともできるでしょう)


 これが、ある一定の年齢を過ぎると、
 現実問題としてリカバリーしきれず、

 失意のうちに、最後を迎えるときまで
 過ごさなければならない、

 ということも起こり得るのです。

 恐ろしい話ですが、、



■もちろん

 「騙した奴が悪い」

 のはいうまでもありません。


 ただ、若いうちから
 いろんなチャレンジをすることで

 「世の中には結構な割合で
  悪人がいるものだ」

 という

 【知恵と備える術】

 を持っていたら、

 知恵と術によって、
 大事を未然に防げることもある、

 ように思われます。



■もちろん、

 【うまくいかなくても
  死なない程度に、

  きちんとリスク管理をした上で、
  一定の失敗を重ねる】

 ことが必要ではありますが、


 人生において、一定の割合で
 失敗を重ねることを織り込んだ上で、

 どんどんチャレンジすることは
 短期的にマイナスになることがあっても、

 長期的には必ずプラスのリターンと
 なるはずです。



■常識的に考えても、

 「安全地帯に身を置き、
  一切の冒険をしてこなかった人」

 と、


 「多少の向こう傷を負うことを
  恐れず、

  全身、傷だらけになりながら
  前進を続けた人」


 であれば、後者に

 【生命力や戦闘力】

 を感じられるのではないでしょうか。



■新しいことを行うにあたっての
 意思決定を先送りすることによって、

 目先の危険は避けられるかも
 しれませんが、


 長い目で見たら、自らの

 【生命力や戦闘力】

 を衰えさせることにつながると
 分かれば、

 【可愛い我が身に旅させよ】

 的精神を持って、

 ばんばん、新しい意思決定を
 行うべきであると思われないでしょうか。



■かくいう私(鮒谷)も、
 これまでの人生において、

 多数の意思決定を行い、
 それに伴い、お金を使うこともあり、

 うまくいったこともあれば、
 大枚を失ったこともありました。



■悔しくて、あるいはショックで、
 夜も眠られないこともありましたが、


 でも、今にして思えば、
 全てはここまでに記したとおり、

 【失敗ではなく、学習】

 だったわけですね。



■身銭を切って取り組み、
 失敗するからこそ、

 身体を刻まれたかのような
 痛みを覚えるもの。


 でもその痛みこそが、

 次は同様の失敗をしないように、
 この反省を活かしてうまくやれるように、

 という次のステップにつながるのです。



■ですから、

 人生やビジネスの一発退場を避ける
 ための適切なリスク管理をした上で、


 【多少の向こう傷を恐れず、

  次々に意思決定しては、
  経験値を重ねていくべき】


 なのだと思います。



■実は、この姿勢は

 【お金に恵まれるために
  必要な姿勢】

 です。


 お金に恵まれない人が持つ
 一つの典型的な特徴として

 「絶対に損をしたくない」

 という思いが強すぎることが
 挙げられます。



■守りに走り過ぎる人には
 決してお金が寄ってきません。


 金は天下の回りもの、
 くらいの気持ちで、

 (適切なリスク管理をした上で)

 今、入ってきたお金を
 次の瞬間、潔く散じられる人が、


 経験を重ね、
 知恵を手に入れ、

 長期的に見たときに
 お金を殖やしていける人。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■生きる力や戦闘力は、それまでの    意思決定ならびに失敗の回数に比例する。   ■意思決定の数も失敗の数も少ない人に    生命力や戦闘力が宿るはずがない。   ■死なない程度のリスク管理をした上で、    バンバン意思決定し、バンバン行動し、    バンバン失敗し、バンバン学ぶことで、    人は知恵を身につけ、お金にも恵まれる    こととなる。   ■過度に恐れる人に戦闘力は宿らず、    お金が近づいてくることもないのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。