毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5755号 「叩き上げ」という生き方

■私(鮒谷)は、昔から

 【叩き上げ】

 という言葉が大好きです。


 政治の世界でよく使われる言葉ですが、

 地べたを這いつくばり、
 どぶ板を踏むような地道な努力を重ね、

 市会議員から県会議員、
 やがて代議士を経て、大臣に、、、

 といった人に対して、

 「あの人は叩き上げだ」

 というふうに使われますね。



■この言葉に、
 なぜ惹かれるのかというと


 【叩き上げ】

 =重心が低い
 =足腰が強い
 =人生や人間についての深い理解
 =酸いも甘いも噛み分けている
 =世の中の裏も表も知り尽くしている

 そんなイメージがあるからです。



■実はここに示したようなイメージは
 すべて私(鮒谷)の

 「Being目標」

 に記していることです。


 きらびやかな世界を
 志向される方もあると思いますし、

 私(鮒谷)のような
 「地面這いつくばり系」に魅力を感じる、

 奇特な人もあると思います。


 それこそ「志向」であり
 「価値観」の問題ですので、

 何が正しいとか正しくないとかの
 話ではありません。



■そんな私(鮒谷)は、

 政治の世界とは無縁のところで
 仕事をしていますが、

 イメージとしては、

 「叩き上げの政治家」

 ならぬ

 「叩き上げのビジネスパーソン」

 でありたいと思っているのです。



■先ほど、

 「叩き上げ=足腰が強い」

 と記しましたが、
 これは政治の世界においては

 「選挙に強い」

 ことに繋がってくる資質です。



■よく、

 「(政局において)
  風が吹いたから当選した」

 といった言葉を聞く事がありますが、


 そうした人は往々にして、
 次の選挙では、

 「(風向きが変わって)
  あえなく落選」

 となったりするものです。



■話は変わりますが、

 二ヶ月ほど前に、高校後輩の紹介で
 ある連続当選10回以上の代議士さん

 (当選10回超という人は、
  おそらく日本に10人もいないのでは
  ないかと思います。

  もちろん大臣経験者)

 と食事をご一緒する機会が
 ありました。



■その方はある選挙区において、

 連続当選を10回以上、
 重ねてこられた方ですが、


 その県においては
 明治以来で数えると、

 代議士はのべ100人以上、
 誕生しているにもかかわらず、


 そのうちの6割ほどが、

 当選1回ないし2回のみで
 終わってしまっている、

 とのことでした。



■さらに、1回、2回なら
 だれでも当選できるけれど、

 そこから先が大変で、

 選挙に当選するよりも、
 当選し続けることがはるかに大変、

 といったことを言われていました。


 私(鮒谷)としては1回、2回の
 当選も大変なことだと思うのですが、

 「それくらいなら誰でもできるけど」

 と、、、汗



■連続して何期も当選し続けるには、

 風に頼るのではなく、しっかりと
 地元に密着し活動を行う必要がありますね。


 それを実践し、選挙区において
 盤石の地盤を築くことによって、

 ようやく安心して中央で政治を
 行えるのかもしれません。



■繰り返しますが、

 私(鮒谷)は政治の世界とは
 無縁の人間であり、

 かつ、きっと
 死ぬまで無縁であり続ける

 (議員になろうとはしない)

 でありましょうけれども、ただ、


 【盤石の地盤を持つ
  ビジネスパーソンとなりたい】

 とは、つねづね、考えております。



■きらびやかな履歴も名誉もいらないし、

 賢い人だとかエリートだとか言われたい、
 とも思いません。


 ただ、仕事に携わる人間として、

 やっぱり足腰の強さや粘りは
 身に付けたいと思っていますし、


 叩き上げ精神を持ち、
 努力を重ねていけば、

 そうした資質は逓増傾向で
 身に付けられるものだと思っているので、

 日々、その目標に向かって、
 小さな一歩を積み重ねていくつもりです。



■こうして毎日、休むことなく、

 メルマガを書き、会食し、
 コンサルを行い、セミナーを開催し、

 月に一度は年間プログラム
 (ちょうど明日も終日、開催)

 という活動をしているのも、


 私(鮒谷)にとってはひとえに

 【選挙区を隅から隅まで巡り、
  戸別訪問や辻説法をしている】

 そんな気持ちから。



■たしかに地味で地道で、
 目立たず、辛気臭い営みですが、

 ただ、こうして
 基礎体力をつけているとやがて

 【風に影響されなくなる】

 のです。



■私(鮒谷)は
 ほぼメディアに出ず、

 本も書かず
 (過去、売れない本を2冊だけw)、


 風の力を頼らずに
 仕事を続けてきましたので、

 風の恩恵をこうむることは
 ありませんでしたが、


 逆にいえば

 「風の影響を全く気にせず
  仕事ができる」

 のは極めて、精神衛生上、
 良いのです。


 強固な地盤を固めて、
 どんな向かい風でも当選できる、

 時折、そんな政治家がありますが、
 その安心感が分かるような気もします(笑)



■なにがあっても盤石な、

 戸別訪問、辻説法を重ねてきた
 者だけが積み増すことができる

 「基礎票」

 があれば、安心が得られるのです。



■もちろん、

 政治家と同じく、
 ビジネスパーソンも、

 可能な限り、
 (比喩的な意味で)

 「陳情」

 に応じる必要があるし、


 (これまた比喩的な意味で)

 「町内会の集まりやら夏祭りやら
  各種団体のイベント」

 に顔を出す、
 ということも必要ですが、


 それをやり続けていれば、

 その地道な活動に応えていただける、
 と分かっているので、

 目立たず、派手さも一切ない、
 地道な取り組みを重ねてきたつもり。



■修羅の巷で、最後の最後、
 戦闘力を発揮できるのは

 【長期間、叩き上げの精神を持ち、
  泥をかぶったり、雑巾がけをしたり】

 ということを長らく続けてきた人では、
 と思っていますので、


 これからも引き続き、

 地味に、地道に、
 派手なパフォーマンスもせず、

 与えられた役割を全力で果たすことに
 力を尽くしてまいります。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■地道に努力を重ね、さまざまな経験を    積み上げてきた「叩き上げ」の人間は、    風に影響されることなく、継続して    成果を上げ続けられるだろう。   ■地道な努力と豊富な経験に裏打ちされた    盤石たる基盤をもつ、    足腰の強いビジネスパーソンを目指すと    いうのも一つのキャリアの築き方では。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。