毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5746号 「刺さる話」ができるようになるためには


■私(鮒谷)は、

 「人に刺さる話
  (=人が動かずにおれなくなる話)」

 ができるようになるためには、


 日々、

 ときに大勢の人に向けて、
 発信し(文章や講演等で)、

 ときに膝突き合わせて
 1対1で対話し、

 を繰り返す必要があると考えています。



■他者との双方向のやり取りを
 重ねることによってのみ、体感的に

 「このコンセプトは刺さる」
 「この表現は響く」

 といったことを
 掴めるようになるのです。



■自分の頭で考えているだけでは、

 そのあたりの勘所を掴むことは
 難しいといえるでしょう。


 実際に人と交わることによってのみ

 「リアルな反応」

 が分かるようになるのです。

 あとはひたすら試行錯誤ですね。



■今の時代にあって、

 もちろん無理やり
 人を動かすことはできませんが、

 「人が動かずにおれなくなる
  スイッチ」

 がどこにあるのか、
 どのように押せばいいのか、

 が分かれば、


 それが

 【コミュニケーション能力の核】

 となり、それを手に入れられれば、

 摩擦を極小化させつつ、
 互いが機嫌よく生きていける、

 ようになるのではないでしょうか。



■そして、

 【コミュニケーション能力の核】

 の有無からもたらされる

 【コミュニケーションの巧拙】

 は私たちの人生の質に、
 決定的な影響を与えるもの。


 人生すべて、なにをするにも

 「コミュニケーション」

 が必要です。

 すべての思いが以心伝心で伝われば
 楽ですが、そういうわけにはいかぬもの。



■とするならば、


 ときに怠けたい心を鞭打って
 人と交わらねばならぬこともあり、

 ときにその過程において傷つき、
 痛みが伴うこともあり、


 そんな中でも挫けず日々、

 大量のコミュニケーションを
 重ねることによって

 コミュニケーション能力を強化する必要が
 あるのではないでしょうか。



■私(鮒谷)はある時期から、
 そのように考えるようになり、

 「日々これ修行」

 くらいのつもりで、

 メルマガを書き続け、
 人と会い続け、
 人前で話すことを重ねることで、


 (その分、たくさん傷つき、
  痛みを覚えながらも)

 昔は考えられなかったほど、

 コミュニケーション能力を
 高めることができた、

 と思っています。

 (あくまで当社比ですので念の為)



■中でも特に鍛えられた環境が

 「代価をお支払い頂いての
  コミュニケーション」

 です。


 代価が発生せず、役務提供も
 求められぬコミュニケーションは、

 責任が発生しないので、
 気楽といえば気楽です。



■しかし、

 お金を頂戴し、それ以上の価値提供を
 要求されるコミュニケーション

 (私(鮒谷)の場合は、それが
  個別コンサルとなるわけですが)

 は、常に緊張感とともにあります。



■この緊張感(またの名を負荷とも)、

 こそが私たちを大きく
 成長させてくれるのです。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■コミュニケーション能力を鍛えるには    他者と数多く、交わることが必要だ。   ■その過程で傷つき、打ちのめされることも    あるかもしれないが、    その繰り返しでしか、対人関係構築能力は    強化されないのだ。   ■いろんな価値観を持つ人と、たくさんの    回数を交わることによってのみ    「刺さる話、動かずにはおれなくなる話」    ができるようになる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。