毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5738号 「不感症の人」が最後に性交、もとい、成功する理由


■昨日、

 「即日満席必至」

 と銘打って、

 【丸一日、もくもくと集中して
  音源を聴く会】

 のご案内をいたしました。



■おかげさまで、即日満席となり、、、

 とお伝えしたいところでは
 ありましたが、


 蓋を開けてみれば、現状

 「スッカスカやぞ!/悔しいです!」

 といいたくなるような
 惨状です(泣笑)。



■でも、ときおりは


 「こういうこと
  (=新しいことに取り組み、
    想像もしなかったような
    悪い結果が出る)」


 があったほうがいいのです。

 いや、決して負け惜しみでは
 ありません、、、



■つまり、長い目で見れば

 ---------------------------

 いつもうまくいく → ×
 ときに大コケする → ○

 ---------------------------

 ということですね。


 どういうことかというと

 「いつも予定通りにうまくいく」

 というのは一見、
 良さそうに思えますが、


 実のところ

 「新しいチャレンジをしていない」

 ことと同義だから、

 「いつもうまくいく
  → 現状維持 → ×」

 と考えたほうが良いのです。



■反対に、

 新しい取り組みを行うと、
 ときに大コケすることもありますが、


 新しい挑戦をしながらリアルタイムで
 チューニングし続けることによってのみ、

 行動の精度は
 どんどん高まっていくものです。



■失敗したり、恥をかくのを恐れて、
 新しい行動をしない

 (=チューニングするつもりがない)と、

 はじめのうちは良いのですが、
 いつまで経っても行動の精度は上がらず、


 やがてそのまま

 「十年一日状態」

 に入ることとなり、
 やがて失速していきます。



■恥をかきながら精度を高めるのと、
 恥をかかずに着実に劣化していくのと、

 どっちがいいですか、
 という話。


 私(鮒谷)は、

 これまでの人生において
 既にさんざん恥をかいてきた

 (というか、
  恥しかかいていない)

 ので、もはや感覚が麻痺し、


 なにが起きても恥をかいたという
 感覚もなくなって

 「不感症」

 になりました。



■「不感症」の結果として、

 「行動量が激増する」

 こととなり、


 その中にはうまくいくこともあれば
 そうでないこともあり、

 そのプロセスの過程で、


 前者は残し、
 後者は捨てていく、

 という新陳代謝を強烈な速度で
 行い続けると当然のことながら、

 行動の質が高まり、結果を出せる
 精度も上がっていくこととなりました。



■たとえば一つの例ですが、
 私(鮒谷)は、

 音源をどんな風にリリースしたら、
 最も、売上げが上がるのか、

 大量の実データとともに
 知見が蓄積されてきています。



■「不感症」であることを幸いとして、
 毎日、ひたすらに案内をし続け、


 かけた労力の割に
 全く売れなかったり、

 恥をかいたり、
 罵詈雑言を浴びたり、

 ここではかけないようなご迷惑を
 お客さまにおかけしてしまったり、、、


 といったことを超ハイペースで行い、
 改善を繰り返してきたからこそ、

 今では、少なくとも
 音源販売については大外しはしない、

 (というか、かなりの精度で売上げの
  総金額ならびに時系列での売上げ推移を
  予測できる)

 というレベルにまで至りました。



■これはいうまでもなく、

 「大量の実験を行い、
  かつ、高速のPDCAを回し続けてきた」

 故のこと。



 以上は一つの例ですが、

 あなたも私(鮒谷)も、
 たくさんの恥をかき捨てながら、

 どんどん新しいことに
 挑戦すべきではないでしょうか。


 数ヶ月後、数年後、十数年、
 あるいはそれ以上の時を経て、

 「過去の自身が取った
  (恥知らずな)大量行動」

 に感謝(?)できるように
 なるはずです。



■、、、そんなわけで

 【丸一日、もくもくと集中して
  音源を聴く会】

 の集客は、上述の通り、

 「スッカスカやぞ!/悔しいです!」

 の状況です。



■これまで7、8回?くらい行ってきた

 「丸一日集中して勉強する会」

 はいつも満席となっていたので、


 今回、テスト的に市場投入した

 「丸一日集中して音源を聴く会」

 も同じだろうと思っていたのですが、

 お客さまの側からすると
 そうではなかった

 (=ニーズを満たさなかった)

 ということなのかもしれませんね、、、



■もう一、二回ご案内して
 それでダメなら、そのまま

 「スッカスカやぞ!/悔しいです!」

 状態で開催いたします。

 その分、私(鮒谷)も
 自分の仕事が捗りますし(負け惜しみw)




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■成果が出ないことがあろうが、    恥をかこうが、    とにもかくにも倦まず弛まず、大量行動を    し続けられた人(不感症の人)だけが、    最後に勝利するのである。   ■つねに新しいチャレンジを行い、    結果を確認し、    良い取り組みは残し、    結果の出なかった取り組みは廃棄する、    というプロセスを延々と繰り返していれば    自ずから結果が出るに決まっている。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。