毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5715号 着想環境を整えること以上に大事な「第二領域」はない


■このメルマガを含め、
 毎日、たくさんの日記を書いていますが、

 大量にネタが湧き出てくる日と、
 ネタがそれほど出てこない日があります。



■さすがに毎日定点観測していると、

 ネタが出てくる日、
 出てこない日、

 それぞれに共通項があることに
 気づきます。



■たくさん思いつきがある日は、

 「一定のゆとりを感じられる日」

 であり、


 反対に、それほどの勢いでネタが
 浮かばない時は

 「ゆとりが全くない、
  あるいは、ゆとりがありすぎる日」

 であることが多いです。



■一つのプロジェクトに
 集中的に取り組んでいるときは、

 その仕事を完成させることために、持てる
 認知能力のかなりの部分を使うからなのか、

 なかなか着想が湧いてこないものですが、


 同時に、

 余裕がありすぎて
 認知能力が余ってしまっても、

 脳が活性化されず、
 アイデアが湧いてこないのです。


 日程をギチギチに詰め込みすぎても
 ダメだし、暇すぎてもダメ、

 ということなのでしょう。



■ほどよい緊張感を保ちつつ、
 次々にアイデアが浮かぶ、

 そんな環境を創るという意味では
 これは時折行うのですが、


 「気のおけない仲間と
  温泉宿になどに行き、

  一日のうちに何回かだけ、食事や温泉などで
  合流していろいろ話をして、

  残りの時間は一人一人が個別に、
  やりたいことや、やるべきことを行う」


 そんな合宿が効果的。



■適度の余裕と、
 適度の刺激(友人との会話、読書など)、

 両者がうまく混ざり合うことでが
 さまざまな閃きがもたらされます。



■実はこうした取り組みは、

 日記やメールマガジンのネタを量産する、
 といったことに留まる話ではありません。


 さらに大きな効果として
 挙げられるのは、

 「将来の人生や生活、ビジネス全般に
  大きな波及効果をもたらすであろう、

  システム全体の改善や改革に
  大きく寄与する着想を得られる」

 ところです。



■大きな成果を求めるのであれば、
 急ぎ、行動に移す前に、

 「大きな成果をもたらす着想」

 を得る必要があります。


 だからこそ、

 「いかに効率的に、大量の、
  さらには質の高い着想を得られるか」

 が死活問題となってくるのです。



■この最適環境を求めて、これまで
 さまざまなチャレンジを行ってきましたが、

 こうした試行錯誤は、私(鮒谷)にとって
 とても重要な活動でありましたし、


 その過程の中で徐々に明確化されてきた

 「量的に豊かで、
  質的にも洗練された、

  私に最適化された形で、着想を得るための
  環境をどのように設定するか」

 の方法論は、
 私にとり、大きな財産となりました。

 (上の合宿は、その一例となります)



■成果は必ず

 「着想+着手(&その後に続く実行)」

 から生まれるものですが、


 平均から(上方に)大きく逸脱するレベルでの
 成果を求めたいのであるならば、

 ただ着手し、実行すれば良い、
 という段階からは早急に卒業し、


 「良質かつ大量の着想を得るための、
  自分にカスタマイズされた環境設定」

 を自在に行えるようにしておく必要が
 あるということです。



■こうした環境づくりを
 いかに精度高く行えるかについての、

 さまざまな試行錯誤は、
 私(鮒谷)にとって

 「極めて大切な投資」

 なのです。



■外から見ると、

 ただ遊んでいるだけ、
 旅行に行っているだけ、
 仕事していない時間、

 と見えることが、
 実は最も生産性の高い時間であった、

 ということがあるのです。



■こうしたことは、

 理解できる人には理解できるけれども
 理解出来ない人には金輪際、理解できない、

 というものなのかもしれません。


 このメルマガをお読み下さっている
 あなたには、

 前者(理解できる人には理解できる)に
 なって頂きたいと思い、


 メルマガネタの着想の話を枕に、
 より重要度の高いと思われる

 「良質かつ大量の着想を得るための、
  自分にカスタマイズされた環境設定」

 についてのお話をいたしました。



■いうまでもありませんが、

 先の例(友人との温泉合宿)は
 あくまで私の例なので、

 お一人お一人が、
 自分に最適化された形で

 「着想の量産化&質の向上」

 を生み出すためのシステム設計と
 実装を行う必要がありますね。



■今日の結論としては

 【着想環境を整えること以上に大事な
  「第二領域」はない】

 と声を大にして、
 お伝えしたいと思います。


 本日の話が、あなたの人生や生活、お仕事を
 豊かにする一つのヒントになればと思います。



■ちなみに、これに関連する話は

 ---------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!人生は『時間の天引き』から
  しか変えられない」音源】
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/11202803

  ---------------------

 の音源の、
 いずれかにて語っていた(はず)。


 期間限定ではありますが、
 現在、定価から20%オフの

 「約5,000円引き」

 にてお求め頂けます。



■私(鮒谷)がその他、どれほどの思いと
 情熱を持って、

 「自分が最高のパフォーマンスを
  発揮できる環境を探し求めてきたのか」

 について、熱く語っておりますので
 ぜひ参考にして頂ければと思います。



■ちなみに、以下の


 <当音源をお聴きくださった方から
  お寄せいただいたご感想紹介>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180709_testimonials_deduction.pdf


 ご感想をお読み頂くだけでも、
 読む人が読まれれば、

 数万円くらいの価値を得て頂ける
 (のでは)と思います。


 【お求めはこちらから】
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/11202803




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■着想環境を整えること以上に大事な    「第二領域」は存在しない。   ■なぜなら良質&大量の着想がなければ、    行動を起こしようもなく、    よしんば起こせたとしても、他の人と    質的に変わらぬ行動であり、大した成果も    見込めないからだ。   ■各人が一人ひとり、自分に最適化された    着想環境を整えることに力を入れるべき。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。