毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5712号 私(鮒谷)の二日間戦争 ~ 自身の怠慢を痛烈に自覚させられた二日間


■先週の土日、

 メルマガをお読みくださっている方を
 対象として、


 当社の提供する商品・サービスが
 ご自身のニーズに合致するのかどうか、

 あるいは、

 合致するとすれば、それは果たして
 どの商品なのか、


 を実際に面談して相談頂けるという

 「カウンセリング&コンセル」

 と銘打った企画を(試験的に)
 8名の方に対して行いました。



■結果として、

 年間プログラムや個別コンサル、音源等を
 多くの方にお求め頂きました。

 (もちろん、説得とか、無理強いとか、
  監禁とかw、一切行っておりません)



■当社のサービスは必要ない、

 と思われた方には
 その旨、はっきり申し上げましたし、


 きっと当社のサービスがお役に立つと
 思っても、

 お伝えすべきことをお伝えしたのちは
 特段の説得もせず、ご意思のままに、

 というくらいの軽い感じで。



■それでもなお

 「自分に必要だ」

 と思われた方は、思い切った意思決定を
 行ってくださいました。


 それによって、

 時間を購入する、あるいは、
 質の高い人生を前倒しで実現する、

 ということについて、一定の納得を
 頂いたからだと理解しています。

 そして私(鮒谷)は、そのご期待に応える
 必要があるのもいうまでもありません。



■この二日間の取り組みで
 改めて知らされたことがあります。


 それは、

 「これだけ毎日、メルマガでお伝えすべきだと
  考えてきたことをお伝えしてきて」


 さらには、

 「メルマガだけでは足りないと思い、
  各種セミナー音源をご提供し、

  それをお聴き下さっていた方が
  ほとんどであった」


 にもかかわらず、

 実際にはご面談をすることによって
 ようやく初めて

 「年間プログラム、あるいは個別コンサルの
  価値をご理解いただけ、お申し込み頂けた」

 ということ。



■つまり、

 膨大な情報提供を行ってさえ、
 (=徹底して、説明責任を果たしている
   つもりであってさえ)

 それはお客さまには
 ほとんど届いていなかった、

 という現実であったことを意味します。



■私(鮒谷)自身、

 なんとなく分かっていたことでは
 ありましたが、


 改めて今回の

 「お申込み/ご面談数」

 の比率の高さを考えてみても、


 広範な、文字情報による
 情報提供に加えて、

 リアルでお会いし、対話を通して
 疑問や不安を払拭して頂く、

 ということが大事であったのだ、
 と理解させられたのです。



■もしあなたが、

 ご自身そのもの、
 あるいはご自身の扱う商品やサービス、

 を販売しようと考えていて、
 しかし、思いの外、売れていかない、

 という状況にあるのなら、


 「まだまだ、まだまだ、まだまだ、まだまだ、
  情報提供&対話が足りない」

 ということなのかもしれません。


 というよりも、そうなのでしょう。

 あくまで提供している商品、サービスの
 品質が素晴らしいことが前提の話ですが。



■私(鮒谷)も反省させられました。


 伝えるべきことを伝えられておらず、

 それゆえお求めになられず、
 せっかくの価値も受け取って頂けない、

 とするならば、その理由は

 「私の怠慢」

 にあるのです。



■伝えるべきことを伝えて、
 それで

 「結構です」

 と言われるのは仕方ありません。


 必要とされていない人に
 無理にお求め頂く必要はありません。



■ただし、

 伝えるべきことを、伝えたつもりになり、
 実のところ、全く伝わっていなかった、

 ということであれば、


 これは価値の説明をし切れていなかった
 こちら側に責任がある、

 と考えたほうがよいでしょう。



■今回のことを契機として、

 さらに説明責任を果たすことに
 力を入れて参ります!


 、、、ということで、次回は、


 「個別コンサルの申込みを
  検討しているけれども、

  本当に鮒谷のコンサルが、今の私の
  課題解決の役に立つかどうかわからない」


 という方に特化し、
 今月(5月)中に5名様に限定して

 【30分(ないし最大1時間まで)の
  無償カウンセリング&コンセル】

 を行います。



■ご検討下さっている方にとっては

 (こうした取り組みが潜在的に求められていた
  ものであったことを理解いたしましたので)


 あくまで、

 私(鮒谷)の個別コンサルの利用を
 検討されている方に限ってではありますが、

 そのための判断材料を提供するための

 【(マンツーマンでの)
  無料カウンセリング&コンサルティング】

 を行うことといたしました。



■原則として、

 「カウンセリング&コンサル時間は
  お一人さま30分(ないし最大1時間まで)」

 を考えております。


 内容については、具体的には、


 ▼自分が抱えている課題は、内容的に
  鮒谷の個別コンサルの対象となりうるのか

 ▼コンサルの申込みを検討しているけれども
  コンサルの具体的イメージが湧かない

 ▼そもそも鮒谷に会ったことがないから、
  人間的に相性が合うかどうかわからない

 ▼正式に申し込む前に、鮒谷の能力や知識や
  経験、人となりに触れた上で判断したい

 ▼自分の抱えている課題は、果たして
  個別コンサルで本当に解消されるのか

 ▼課題が解消されまでのスケジュールの
  イメージはどんな感じなのか

 ▼この課題の解決に対して、コンサルは
  何回コースで申し込めばよいか

 ▼この課題はコンサルではなく、年間プログラムや
  音源での解決を求めたほうが良いのか


 などといった、

 具体的な疑問や心配や悩み、
 不安等を抱えられている

 「当社サービスのお申込み検討」

 を前提とした方に向けての
 カウンセリング&コンサルとなります。



■したがって、

 「上記の内容とは無関係の、
  ただ、鮒谷と話がしたい」

 といった方は趣旨が異なりますので、
 ご遠慮頂けましたら幸いです。



■30分(ないし最大1時間)でお伝えする話の
 内訳としては、

 限られた時間ではありますが、


 ------------------------

 1、今のあなたのご状況を
   簡単にヒアリング

 2、今後、何をしたいのか、どうなりたいのか
   あるいは、そうしたものを持っていないのか

 3、実行のための戦略、プロセスについて

 4、その戦略やプロセスを加速させるための
   具体的な進め方や回数、あるいは場合によっては
   他の商品、サービスのご提案

   (該当するものがないときには、
    そのことをハッキリとお伝えいたします)

 ------------------------


 という流れで進めていくことになると
 思います。

 「4」を除いて、実質、普段、

 私が1時間12万円(+税)を頂戴して
 行っている個別コンサルと、

 多分、まったく変わらない話となると
 思います。


 ※一連の対話を通して、意思決定のご判断を
  頂ければと考えております



■今回は、

 「5月中にお取りできる枠数」

 として

 「最大5名様まで」

 の枠を確保いたします。


 ゴールデンウィーク最終日を
 受け付け締切日として、

 以下のフォームを通して
 お申し込みくださった方に、

 追って、日程調整のご案内を
 お送りいたします。


 ※応募下さった人数によっては、

  全員の方とご面談することができない
  可能性があります点のみ、ご了承ください。


 ※開催する場所は東京・飯田橋にある
  当社セミナールームとなりますが、



■このサービスのお申込みにあたっては


 ------------------------

 完全自由記述の形式にて、

 現在のご状況、ならびに個別コンサルで
 解決したい課題、悩み、不安、

 あるいは、

 達成したい将来の夢、目標、

 ------------------------


 などを記載の上、
 以下のフォームよりご応募下さい。


 <お申込みはこちらから>
 http://www.2nd-stage.jp/contact/


 ※遠隔地にお住まいの場合には、
  オンラインでの面談も可能です。

  (実際のコンサルについても、
   オンラインで実施も問題ありません)



■ご面談の結果、もちろん、

 お話を伺い、その課題は個別コンサルはもとより
 当社サービスで解決できないと思われれば、

 その旨、率直にお伝えいたしますし、


 また、

 「売らなくても売れていく」

 を長らく標榜してきた私(鮒谷)ですので
 間違っても、買ってくださいとか、


 不良投資用物件を電話営業してくる
 どこぞの悪徳不動産屋のように、
 しつこく電話で追いかけ続ける、

 といったことも(当たり前ですが)
 行いませんので、

 安心してお申し込み下さい。



■できる限り、丁寧に状況をお伺いし、
 ベストのご提案をさせて頂ければ、

 と考えております。


 その上でのご判断として

 「お求め、お申込みはしない」

 という選択を取られたとしても
 一向に問題ございませんので、

 おかしなプレッシャーがかかることもなく
 楽しくお話しできるかと思います。


 お気軽にお申し込み下さい。


 ※メルマガを読む、音源を聴く、
  だけでは解消できなかった疑問や悩みを、

  今回の

  【(マンツーマンでの)
   無料カウンセリング&コンサルティング】

  によって、すべて解決頂ければ、
  と願っております。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■お客さまに伝えていると思っていても、    現実には    「伝えているつもり」    になっているだけのことがあるものだ。   ■納得や理解を頂けるまで説明責任を果たす    のは商品・サービス提供者の努めであり、    それを丁寧に行った上で    お求め頂けないとするならば、    少なくとも現時点においては    必要とされていないということだから、    それはそれで全く問題ない。   ■一番の問題は、本当は価値をお渡しできる    お客さまであるにもかかわらず、    説明が稚拙で、あるいは説明しきることが    できておらず、    結果としてお求め頂けず、価値をお渡し    できないこと。   ■お客さまにとっても不幸なことであるし、    それはそのまま、数字に反映されるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。