毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5703号 脳内回路が壊れ、自動発火し続ける状態とは


■大量にインプットはしているけれども、

 書くこと、話すことが苦手、
 という人がいるように思います。


 かくいう、私(鮒谷)も、
 昔はそうでした。



■たくさんの本を読み、
 知識を蓄えていても、

 いざ、文章を記そうとすると、
 あるいは人前で話をしようとすると、

 どうにもうまくいかなかったのです。



■今から考えると、
 その理由は明白です。


 【インプットした情報を
  アウトプットする(編集して発信する)、

  その訓練を行っていなかったから】


 ただ、それだけの理由です。



■インプットしたことを
 ただ、知識として蓄えるのと、

 それらを意味のある形に編集し、
 発信することは、

 似て非なるもの。



■インプットとアウトプットの間には

 「編集」

 というプロセスが存在し、
 この編集を通してのみ、

 【大量の知識に、
  新しい価値を付加させる】

 ことができるのです。



■たとえば私(鮒谷)が、日々、
 メルマガで書いていることも

 過去に見聞きしてきた情報を
 そのまま

 「コピペ」

 して伝えているのではなく、


 2つ、3つ、4つ、
 さらには、、、

 といった数多くの知識を

 「ある一つの結論に向けて
  編集していった」

 結果として、
 生まれるものとなります。



■だからこそ、


 「コンテンツは
  オリジナルなものとなり、

  オリジナルのものは、
  目新しいから読んでしまう」


 ことにつながっていくのでは、
 と考えているのです。



■ここでいう

 「ある一つの結論に向けて
  編集する」

 という脳内回路の形成は、

 (書いたり話したりといった)
 アウトプットを通してしか、

 訓練されないもの。



■知識貯蔵の能力(記憶力)と、

 各種知識をつなぎ合わせて、
 新しい価値を創出する(編集力)とは、

 全く異なるものなのです。



■だからこそ、

 もしあなたが勉強好き(インプット好き)
 なのならば、

 その能力を最大限に発現させるためにも
 アウトプット好き、

 にならなければなりません。



■特に、すでに十分なインプットを
 行ってきた人が、

 意識してアウトプットの訓練を重ねると
 急激にレベルが上がります。


 これまで大勢の人を見てきて、
 確信を持って断言できること。



■大量の知識を蓄えてきた人が、

 それまで漠然と考えたり、
 イメージしていたりすることを、

 言葉に乗せて発信しようとしたときに、


 それらの知識が、結びつき始め、
 自分でも想像しなかったような、

 着想が生まれることも
 しばしばです。



■こうしたトレーニングを続けていき、

 「入力 → (編集) → 出力」

 に、ほとんど負荷がかからなくなると、


 外部刺激(入力)を受けては考え、
 新たな着想を発信(出力)し、


 そうして発信した情報、

 あるいはそこから受ける外部からの
 フィードバックが新たな刺激(入力)となり、

 新たな着想が生まれて
 発信(出力)し、


 というサイクルが
 繰り返されることとなります。



■これが常態化すれば、
 良い意味で

 「脳内回路が壊れた
  =自動発火し続けた
  =興奮状態であり続ける」

 ということとなるでしょう。



■ここに至って、

 インプットがアウトプットに繋がり、
 アウトプットがインプットに繋がり、

 といった形で、

 永久機関のように加速度を増しながら
 思考が前進し、

 その思考に伴って行動が
 前に進んでしていく、


 そんな

 「夢中(夢の中)の状態」

 あるいは

 「覚醒状態」

 に出られるようになるはずです。



■これまで蓄えてきた知識を
 アウトプットする訓練をやり切り、

 その状態にまで出られれば、

 【一生ものの財産(最強の習慣)】

 を手に入れられたも同然です。


 これは身体(脳?)に
 紐づいた能力ですから、

 失われることもなければ、
 盗まれることもありません。



■逆に言うと、最悪なのは、

 アウトプットなき学びは
 楽チンであるから、

 といった理由で学び続けるのみで、
 言語化するトレーニングを怠り、


 それなりに知識や情報のストックが
 あるにかかわらず、

 それらを退蔵させ、
 さらには腐敗させてしまうこと。


 せっかくの学びをドブに捨てる、

 一番もったいないことであり、
 愚かなことであると思われます。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■大量にインプットしているのに、    その内容を書いたり話したりするのが    苦手なのは単にアウトプットの訓練不足。   ■もし、あなたが上記の悩みを抱えて    いるのなら、    まずは学んだことのアウトプットを    意識してみてはどうか。   ■編集能力が鍛えられ、発信力が上がり、    発信した気づきが新たな刺激となり、、、    といった好循環が生じてくるはずだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。