毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5701号 人間関係は「良樹細根、大樹深根」の精神で

■上述の通り、昨日は月に一度の

 「年間プログラム」

 を開催しておりました。


 参加くださったDさんより、早速、
 以下のご感想を頂戴いたしました。


 (ここから)
 ---------------------------------


 鮒谷さん

 今回もありがとうございました!


 私用にて途中退出となってしまいましたが、

 今回はいつもに増して、人間関係を築くことの
 大切さを再認識させる回だったと思います。


 ▼万人に対して、上下をつけずオープンに
  接しているか?

 ▼新しいもの(場)に飛び込み、
  弱い繋がりを増やせているか?

  その結果として

 ▼日常的に声をかけてもらえているか?

 ▼長い期間付き合っている人がどれだけいるか?


 私自身、人あたりは良い方かなと思っていますが、
 必ずオープンにできているかといえば、
 まだまだですし、

 声をかけてもらえる頻度も、まだまだ低い!


 ということで、
 色々限られた時間の中ではありますが、
 さらに上記の観点を意識して行動していきます!


 なお、一番記憶に残ったフレーズは、

 『滝行と年間プログラムは
  本質的には同じ。』

 でした!

 (なかなか、その場に居た方でないと
  伝わらないですが。笑)


 どちらも、本業でないところで
 通じ合えるきっかけ、という意味と思いますが、

 滝行と年プロを紐づけるまで
 抽象度を上げる技術に唸りました。笑


 それではまた来月、よろしくお願いします。

              (K.D さま)


 ---------------------------------
 (ここまで)


 Dさん、昨日もありがとうございました!



■いろんなお話をいたしましたが、

 「人間関係を築くこと」

 について再認識頂けたとのこと、
 良かったです。



■いつもメルマガでも書き、年間プログラム等でも
 お伝えしていることですが、


 「こちらから働きかけなくても、
  いろんな人から何かしら、
  声をかけてもらえる人」


 になれていれば、
 食いっぱぐれることはなくなるし、

 孤独と無縁になるから
 精神衛生上も安定するものです。



■別に絶対にそういう人にならなければ
 なりませんよ!

 などというつもりはまったくありませんが、
 ただ、

 「他の人から
  何かしら気をかけてもらえる人」

 は、どこかの段階で

 「他の人に
  何かしら気をかけてきた人」

 であることは間違いなく、


 誰にも気をかけてもらえない人は、

 他者に関心を示してこなかった
 自らの過去に原因がある、

 といってもよいのではないでしょうか。



■どちらの人生を選ぶのも
 各人の自由ですから、

 どちらが正しいとか、
 こうすべき、

 などというつもりは全くありませんが、


 ただ、私(鮒谷)は誰からも
 相手されなくなるのが恐ろしいので、

 (孤独は嫌だし、特に老後、
  さらに仕事が途切れるのも怖い、

  仕事は人づてに来るのだから、
  人間関係が希薄な人に商売は来ない)

 それゆえ、

 「できる限り、ご縁を大切に」

 と思って、これまで生きてきました。



■もちろん、
 そのように思って取り組んでも、

 現実には至らぬ点が多々あり、
 反省すべきことばかりではあります。



■それでもなお、

 「できる限り、ご縁を大切に」

 と意識し続けてきたからこそ、

 最低限、生きていくに困らず、
 孤独に苛まされることはないくらいには、

 人間関係には恵まれているのだと
 思っています(ありがたし)。



■「良樹細根、大樹深根」

 という言葉がありますが、


 「立派な幹や枝を持ち、たくさんの葉を
  茂らせている良い木、大きな木は、

  たくさんの、細い根っこを
  地中深くに張り巡らせているもの」

 とでもいったように解釈しています。


 ※調べてみたら今から13年前のメルマガにも
  書いていました。

 <0969号 良樹細根(りょうじゅさいこん)を肝に銘じれば
      縄文杉になれる~陰徳あれば陽報あり>



■人間関係においても同じで、

 「地道に、緻密に、日々、小さくても良いので
  継続的に多くの人に価値をお渡しする」

 という

 「細根」「深根」

 を心がけていれば、
 いつの日か、

 「立派な大樹」

 になれるのではないでしょうか。



■横着して、目に見える

 「幹、枝、葉」

 の見栄えを整えることだけに
 力を注いでいれば、

 何かの拍子に簡単に倒れてしまうように
 思われます。



■こういうところにも


 「簡単に得られるものは、
  簡単に失われる」

 「時間をかけて培ってきたものは、
  簡単に失われることはない」


 の言葉が当てはまるのでは
 ないでしょうか。



■年間プログラムでは特に

 「時間をかけて培うべきもの」

 について、
 思うところをお伝えしています。


 スキルやノウハウも大事ですが、
 そんなものはどこででも手に入ります。

 それよりも、それらの土台となる、
 それらを使いこなすための、

 「根っこ作り」

 に意識を向けてみられてはどうでしょう。


 ---------------------------------

 【鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
   参加申し込みはこちらから】
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21

 【<音源受講版>
  鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
  (音源受講版) 参加申し込みはこちらから】
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/13630

 【年間プログラムのお問い合わせやご質問は
  以下よりお願いいたします】
  http://www.2nd-stage.jp/contact/

 ---------------------------------



■こんなサービスもひそかに行っております。


 ---------------------------------

 <鮒谷との1対1、個別相談会(90分)>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10201293

 ※参加費は20,000円+税、となります。

 ---------------------------------



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人間関係は「良樹細根、大樹深根」の    精神で築くとよいだろう。   ■時間をかけて、継続的に、大勢の人に、    小さくても良いので役に立ち続けること。   ■そうしていれば、誰かしらから常に    気にかけてもらえるようになるし、    それは孤独に陥ることを防いでくれ、    仕事上のチャンスも生まれてくるはずだ。   ■地道なことをできない(行わない)人は    すぐに悪い結果は現れなくても、    時間の経過とともに、どこかで無作為の    報いを受けることとなる。   ■それが恐ろしければ、日々、    「良樹細根、大樹深根」の心持ちで、    マメに生きるより他にないのでは。   ■目先の面倒を避けて、あとで回復不能の    報いを受けることを回避したいのなら。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。