毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5698号 自分の「ありのまま」は許しても、他人の「ありのまま」は許せない人


■ここ数日、

 「目の前にいる人に、
  期待を超える価値をお渡しする」

 ことを、

 長期に渡って、継続的に意識し、
 実践していけば、


 自ずから人生はチャンスと人に恵まれる、
 そんなお話をしてきました。

 今日も続けます(今日が最終回)。



■目の前にいる人が、
 自分に力を貸してくれようとしている、

 と思っている人を嫌いになる人は
 まずありません。


 たとえ、力になるための能力がなく、

 「お手伝いしようという意思」

 が感じられるだけであっても、
 その人に対して好感を覚えるもの。



■それは

 「人間の自然な姿」

 なのです。


 何も他の人のことを想像しなくても、
 自分なら、そういう人がいたら、

 その人に対して好感を持つのか、
 嫌悪感を持つのか、

 考えてみればすぐに分かること。



■自然界においては、たとえば

 「水が高きから、低きに流れる」

 といった自然法則があるわけですが、

 何ごとによらず、自然の法則に
 決して逆らってはいけません。

 そこには無理が生じ、
 長続きしないからです。



■徹底して自然法則

 (上記の例でいえば、

  「自分の役に立とうとして
   くれる人には好感を覚える」

  という自然法則)

 に従うから、
 自然体のままで結果が出るのです。



■自分がチャンスを渡せる、あるいは、
 多くの人を紹介できる立場であれば、

 「どんな人にチャンスを渡したいか、
  どんな人に友人知人を紹介したいか」

 を考えてみれば良いでしょう。


 もし、

 「私(自分自身)のような人間に、
  チャンスを渡したいし、人も紹介したい」

 と思われるのであれば、
 そのまま生きていくだけで、

 きっと機会にも人間にも恵まれる(あるいは
 既に恵まれている)に違いありません。



■反対に、改めて考えてみたら

 「自分のような人間には、

  チャンスを渡したくもないし、
  人を紹介したくもないだろうなあ」

 と思うのであれば、
 そこを改善する必要があるのです。



■結論を言うと、

 どれだけ頭がよく、優秀で、
 実力があったとしても、


 【人から好かれ、応援され、助けようと
  思われなければ、

  せっかくの頭脳も能力も、
  宝の持ち腐れ】


 となるということ。



■あなたの周りにも、


 いつも苦虫を噛み潰したような顔をして、
 不平不満ばかりを申し立て、

 挨拶もしなければ、
 愛想もない、


 ましてや、

 「目の前の人に、プラスαの価値を
  お渡ししよう」

 といった思いを持ち、人と接する、
 という習慣を持たない人は、

 一人や二人はいないでしょうか。



■あなたが、

 そんな人にお付き合いを深めたいとは
 思わないし、

 機会を渡したい、人を紹介したいとも
 考えないとするならば、

 他の人もまた同じことを思っている、
 ということです。


 そして「私」がそういう人物であったと
 したら、

 ほかの側面においていくら頑張っても
 残念ながら、報われることはありません。



■徹底的に、

 「私が好きになってしまうような人に
  なれるよう、自分自身を躾けていく」

 ことによって、


 「人から好かれ、日々、多くの人から
  声を掛けてもらえる存在となる」

 のではないでしょうか。



■もし、そういった存在になりたいと
 願うのなら、

 「ありのまま」

 ではダメなのです。


 もちろん私(鮒谷)も、

 こうした姿勢がまだまだ身について
 いないと自覚しているからこそ、

 日々、少しづつでも自分を躾けていこうと
 試行錯誤、悪戦苦闘している最中です。



■大変な道のりだからこそ、
 それをやり切れる人が少なく、

 それゆえ

 「人のゆく裏に道あり花の山」

 となるのではないでしょうか。


 今日は(今日も)、
 自戒とともに記しました。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分の目から見て「好ましいと思える    人物」になれるよう自らを躾けていけば、    自ずといろんなチャンスがやってくるし、    多くの出会いも生まれることだろう。   ■「面倒だから、大変だから、私は     ありのままに生きていく」    けれども    「他の人は私の欲求、要望を満たす人間で     あってもらいたい」    と考えるのは、流石に虫が良すぎないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。