毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5689号 「濃いお付き合い」は大事、「淡いお付き合い」はもっと大事

■人間関係においては、

 「太く短く」

 もいいですが、どちらかといえば

 「細く長く」

 が大事だと思っています。



■経験則からしてもそうで、

 短い期間に密度の濃い
 お付き合いをするのも良いのですが、


 そこまで密度が濃くなくても、
 細く、長く、お付き合いをしていると、

 思いもよらぬところで
 思いもよらぬ

 「なにか」

 が起こることがあるのです。



■頻繁にお付き合いしている人から
 もたらされる情報は、得てして

 「おおよそ想像できるもの」

 であったりするわけですが、


 数カ月ぶり、数年ぶり、
 なんなら十数年ぶり、

 といった形での再会は、

 お互いにとって、思わぬ実りを
 もたらしてくれることがあるのです。



■だからこそ、

 「濃いお付き合い」

 は意識しなくても、

 流れに任せているだけで
 関係性は続くものですので、

 そこまで力を入れなくてもいいでしょう。



■むしろ

 「淡い付き合い」

 にこそ、意識を払い、

 ときおり、メッセージを送ったり、
 お茶をしたり、食事をしたりして、

 関係性の種火?を絶やさぬように
 したいもの。



■そのためのあれやこれや、
 について、

 私(鮒谷)自身、いろいろ工夫を凝らして
 行っているつもりですが、

 このメールマガジンもその一つ。


 メルマガを発信しているからこそ、

 直接会わなくても、
 精神的に続くご縁があるわけです。



■もちろん解除されたり、
 読まれなくなることも多々ありますが、

 ただ、何もしていなければ、
 せっかくの出会いやつながりも、


 早ければ数日、
 せいぜい数週間も経てば

 ほぼ確実に、
 忘却の彼方に押しやられるわけです。



■そう考えれば、

 1年経って、お会いした人との関係性が
 たとえ10パーセントほどであってさえ、

 メルマガを通して続いていれば、
 素晴らしいことだと思います。


 何もしなければ、
 おそらく関係性の残存率?は、

 良くて3パーセント、
 悪ければ1パーセント、あるいはゼロ、

 なんてことになることは
 容易に想像がつくからです。


 しかも年数を重ねていくと、この差は
 ますます拡大していくのですから、、、



■そう考えると

 「人間関係においても
  微差の積み重ねが大事」

 と言えるのかもしれません。


 自分の存在を知ってもらい、
 何者かを深く理解してもらい、

 あとは、だらだらとでも、
 継続的に発信を続けていると、


 「思いもよらぬ人から、
  思いもよらぬタイミングで、
  思いもよらぬ話を頂戴する」


 ということが本当にあるのです。



■というよりも、

 「むしろ、そうしたきっかけから
  新しい何かが始まる」

 こともしばしばです。


 代わり映えしない毎日が続く、

 そんな悩みを持たれている方があると
 するならば、ひょっとすると、

 「濃いお付き合いだけを大事にして、
  淡いお付き合いに意識を払ってこなかった」

 ところに、
 理由の一端があるのかもしれません。



■ここまで記してきたことに
 確信を持っているからこそ、

 16年ほどに渡り、一日も休まず、
 メールマガジンを発信し続けてきましたし、

 これからも発信し続けていくつもり。


 今日の話がなにかの参考、ヒントに
 なりましたら嬉しく思います。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■密度の濃いお付き合いも大事だが、    淡いお付き合いも同じくらい意識を払い、    育む必要があるのでは。   ■「私」を新しい世界に導いてくれるのは    往々にして、    「異なる世界に住む、淡い付き合いを     続けてきた人」    だからである。   ■こうしたご縁を紡ぐにはそれなりの    エネルギーが必要。    しかし、ご縁においても微差の積み重ねが    世界が大きく広がるきっかけとなり得る。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。