毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5679号 「同調圧力」を上手に管理できる人が、結果を残せる人


■しつこく、しつこく、しつこく、
 しつこく、しつこく、しつこく、書きますが、

 「体を動かさず、
  頭と口だけを動かしていても、

  結局、事態は何も変わらない」

 ものです。



■世の中に勉強好きな人がいるものですが、

 「勉強に、行動が伴われてこそ、
  価値が生まれる」

 わけであって、

 「勉強のための勉強は、
  ただの趣味」

 なのです。



■もちろん趣味として学ぶのを
 否定するわけではありません。

 学びには純粋に

 「知らないことを知る喜び」

 があることは、
 百も承知しています。



■しかし(特に仕事絡みの学びについては)

 仕事のアウトプットを高めるために
 勉強しているはず。


 であるにもかかわらず、

 「一向に成果の生まれぬ勉強
  (=行動の伴わない勉強)」

 を続け、

 人生や生活に結果が現れず、それゆえ
 現状について不満を持っているのでは、

 学んでいる意味がないと思うのです。



■私(鮒谷)は、

 (特に仕事上において)

 学ぶのはあくまで人生の、生活の、
 仕事上の不満を消し、

 楽しく充実した毎日を送るためだと
 理解しています。



■しかし、

 「学びを行動に変える」

 ことがなかなか難しいんですよね。


 理由はいろいろ考えられますが、

 多くの人と接してきて、
 分かったのは

 「同調圧力にやられて、
  動けない」

 人が、極めて多いということ。



■一生懸命、勉強し、
 その成果をどこかで発揮したいと思っても、

 「自分の周りに現状の殻を破ろうと、
  突き抜けた行動をしている人がいない」


 あるいは

 「現状維持を良しとする人に
  取り囲まれた状態」

 であれば、

 「無言の圧力」

 的なるものに打ち勝てず、


 結局、

 「やらなければならないとは
  思っているけれども、

  どういうわけだか体が動かない」

 そんな状況が続くこととなるのです。



■こうした現状を打破するためには、

 【突き抜けた行動をしている人ばかりで
  自分の周囲を満たせば良い】

 のです。


 上述の「同調圧力」は、
 否定的な意味合いで用いましたが、


 上手に「同調圧力」を活用すれば、

 「動けない自分が動かずにおれない
  環境に身を置くことによって、

  当人の自覚なく、自然体で
  動き始められるようにすらなる」

 ということが現実にあるのです。



■年間プログラム、という、

 平均的な水準から大きく(あるいは少し)
 逸脱して行動し始めている、

 そんな人たちに囲まれていると、
 自然と身体も動き始めるというものです。


 同時に、

 「これから、身体を動かそうとしている人の
  居場所も確保されている場」

 であるから、これから、の人も
 安心して参加いただけますし、


 「先行者と追随者の双方が交わり、
  相互に影響を与え合い、

  いつの間にか、行動しているのが
  自然と感じられる場と一体化する」

 こととなるわけです。



■もちろん別に「年間プログラム」という場で
 なければならないわけではなく、

 どんな場でもよいのですが、
 ただし、


 「先行者と追随者の双方が交わり、
  相互に影響を与え合い、

  いつの間にか、行動しているのが
  自然と感じられる場と一体化する」


 そんな場に身を置いていないと、
 いつまで経っても、

 体を動かそうと思っても動かない状態から
 抜け出す、

 といったことが起きないであろうことは、
 確信を持って断言できます。



■結局のところ

 「どこに身を置いているのか」

 ということですね。


 たとえば、
 会社づとめの社会人であれば、

 A社に勤めるのか、
 B社に勤めるのか、
 C社に勤めるのか、

 によって、それが3年、5年、10年と
 経過するうちに、

 (ほとんど自覚なく)所属組織の水準に
 合わせて振る舞うようになるのと同じです。



■3年で10年分の能力を伸ばそうと
 思っている人ばかりの環境と、

 10年かかって、3年分の能力伸長でいいやと
 思っている人ばかりの環境の、

 どちらに身を置いていたほうが
 成長できるし、行動も伴うか、

 考えてみたら分かりますよね。



■別の形で説明するならば、

 圧倒的に高い能力を持ち、
 さらに行動を重ねている人たちに混じり、

 最後尾を走る人と、


 低い能力で、
 さらには行動もしていない集団の中で、

 先頭を走っている人と、
 どちらが早く変化を遂げられると思いますか、

 と問題提起したいのです。



■どんな場でも良いと思いますが、

 もしここまでの話に共感されるところが
 あると思われましたら、


 高い能力と行動量を兼ね備えられた方が
 大勢、参加下さっている、

 「年間プログラム」

 にぜひお越しください。


 既に参加下さっている皆さまとともに
 あなたをお待ちしております。


 ---------------------------------

 【鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
   参加申し込みはこちらから】
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21

 【<音源受講版>
  鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
  (音源受講版) 参加申し込みはこちらから】
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/13630

 【年間プログラムのお問い合わせやご質問は
  以下よりお願いいたします】
  http://www.2nd-stage.jp/contact/

 ---------------------------------





 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■私たちが考えている以上に、    同調圧力は強いものである。    この力は、無意識に作用しているもの    だからこそ、なお恐ろしい。   ■しかし、この力を上手に扱えるように    なれば    (=自ら場を選択できるようになると)    自分の行動を、自分の意志で管理し、    自在に扱えるようになるだろう。   ■場の持つ力は、一般に思われている、    10倍も100倍も、いや1000倍も、    大きなものであることを知るべきだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。