毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5673号 段違いの「普通のレベル」をインストールする


■先日、ツイッターで、
 この投稿

 https://twitter.com/comicyamanaka/status/1107979320184565760?s=21


 がバズっておりました。


 以下は、まず上記の漫画をお読みに
 なった上でご覧頂きたいのですが、

 この漫画に記されていること、
 完全に同意です。



■今から15年前、私(鮒谷)は、

 弁護士の高井伸夫先生を、かんき出版の
 境健一郎社長(当時)からご紹介頂きました。


 高井先生からは、

 今日まで、数えきれないくらいの回数、
 高井先生の講演、セミナー、勉強会に参加し、

 無数の会食に同席し、
 たくさんの方をご紹介頂き、


 国内外の出張や海外視察、
 デトックス合宿(?)や温泉旅行に同行し、

 書籍執筆、講演事前準備、事務所主宰セミナーの
 幹事等のお手伝いを通して、


 膨大な時間をご一緒し、
 仕事の基準をまるごと

 「上書きインストール」

 させて頂きました。



■朝から夜遅くまで、長時間、
 集中してこなされる仕事量が半端なく、

 大量の仕事、出会い一つ一つに気を入れて
 丁寧に取り組まれる姿に、

 終始、圧倒され続けました。



■今の時代、
 まったく流行らないのでしょうけれども、

 私(鮒谷)が圧倒的長時間、仕事に精力を
 傾けることにまったく違和感を覚えないのは、


 ひとえに高井先生の、

 質量ともに、他の追随を許さぬ水準で仕事に
 没頭されている姿を目の当たりにしてきた、

 からこそです。



■いつぞやのときには、

 「この半世紀、大晦日の夜10時から、
  正月の午前以外、全て仕事をしてきた」

 と言われていたのを聞いて、
 驚愕したことを覚えています。



■もちろん、
 肉体的に休まれることはあったにせよ、

 精神的にはつねに仕事に向き合ってきた、
 ということなのだと思いますし、


 実際、朝もなく、夜もなく、

 思いつくことをひたすらメモをし、
 録音をし、

 といったことをされていたので、
 気分としては

 「24時間、365日、年中無休」

 という感じでいらっしゃったのだろうな、
 そんな風に思います。



■高井先生からは、
 同じく弁護士の升永英俊先生


 (青色発光ダイオードの訴訟や、

  海外在住者に対する贈与税1330億の
  追徴課税を取り消す判決を勝ち取ったこと、

  一票の格差問題の啓蒙活動等で
  著名な先生)


 をご紹介いただき、何度か懇親・懇談の
 機会を頂戴したことがありますが、

 升永先生は事務所に寝袋で
 泊まり込んでいたことも有名です。



■そうした方々と接することにより、
 まさに上述の漫画で記されている

 【「普通」の違い】

 を体感することとなりましたし、


 私も日常的に、今でも事務所で寝袋にくるまり
 寝泊まりすることがありますが、

 それを特段のことと思わないのも、
 知らず知らずのうちに

 「普通の基準」

 を、ぶっ壊してもらっていたからだ、

 と先の漫画を読んで、
 改めて思った次第なのです。



■普通の人の「普通」と、
 圧巻の結果を残す人の「普通」、

 【要求する「普通のレベル」が段違い】

 ということを、

 そうした方々と出会うことによって
 肌身を通して知らされたのは、


 私(鮒谷)の人生において、
 極めて大きなインパクトがありました。



■もちろん、高井先生の足元にも
 及ばぬ不肖の弟子ではありますがが、

 今、社会人として、経営者として、
 なんとかやらせてもらっているのは、

 ひとえに

 「段違いの普通の水準」

 を刷り込んで下さった高井先生の
 おかげであり、感謝しかありません。



■誰とどのように時間を過ごすかで
 人生が変わることを体感しましたし、

 出会いで人生が変わる
 (文字通り、生まれ変わる)ものだと、

 つくづく思います。


 こうした経験を経て、
 人生のある時期までは、

 【卓越した人の「普通」】

 を学ぼうと思ってやってきましたが、


 数年前からは

 【自らが卓越した成果をあげる人物となり、

  関わる人の「普通」の基準をぶっ壊し、
  引き上げる存在となる】

 そんな目標を掲げるようになりました。



■昨日の年間プログラムにおいて、

 改めて、その決意表明を
 行った次第なのですが、

 参加下さった中野さんより、ご感想を
 早速いただきましたので以下にご紹介。


 (ここから)
 ---------------------------------


 鮒谷さん、

 本日も「怒涛の圧巻セミナー」を
 ありがとうございました。


 今回の最も印象に残った事は、

 「普通(当たり前)の基準 」

 を引き上げることの大切さです。


 誰しもが(無意識のうちに)
 自分の「普通の基準」は持っていますが、

 それを普段から意識している人は
 殆どいないと思います。


 確かに自分の基準は高いか低いかなどは
 客観的に判断しづらいと思いますが、

 明らかに自分より高い基準の人に会うと
 思わず「あっ!」と感じることがあります。


 大事なことは、普段から意識して自分の
 「普通の基準」を引き上げるために
 仕事をするということです。


 ちょうど先日引退されたイチロー選手が
 同じようなことを以下のように仰ってました。


 「あくまでも測りは自分の中にある。

  自分の限界を見ながらちょっと超えていく
  ということを繰り返していく。

  そうするといつの間にか
  こんな自分になっているんだと言う状態。」


 まさに自分の中の「普通の基準」を
 日々(意識して)少しでも超えるために
 練習を積んできた結果、

 あのような大記録を
 次々と打ち立てられたのだと思います。


 鮒谷さんが通われていた学校内での偏差値が
 29だったにも関わらず、

 全国の偏差値だと50あったと言うのも
 まさに基準の違いを表しているエピソードです。

 (偏差値が29の時がおありだったと
  言うのはオフレコでした?笑)


 その「(高い)基準」さえ持っていったら
 自ずとそこに合わせにかかる

 =「(高い)基準」

 を持つと自分が
 このままではまずいと思う、と言うことは、

 まさにこの年間プログラムの場に
 属していると言うことだと考えます。


 これからもこの環境の力を借りて、

 ともすれば自分のペースだと
 緩く(ぬるく)なってしまうところを、

 引き締め直していきます。


 1年間もこの環境に属するとなると、

 意識せずとも自分の「普通の基準」の
 レベルが引き上がっていくことは

 間違いないと感じています。

 今後とも宜しくお願い致します。


        (中野 茂徳 さま)


 ---------------------------------
 (ここまで)


 中野さん、ありがとうございます!


 参加下さっている皆さまの

 「普通の基準」

 を引き上げようとするままが、
 私(鮒谷)自身の

 「普通の基準」

 をさらに引き上げることに繋がり、


 私自身の基準があがれば、それが再び
 参加下さっている皆さまの基準に、

 必ず反映されていくこととなります。



■また、

 参加下さっている方の基準が上がれば、
 参加下さっている方同士でも、

 「互いが互いの『普通基準』の引き上げ」

 を行えるようになり、やがては

 【(それぞれの場所において)
  圧倒的な変化率を誇る集団】

 へとつながっていくことでしょう。



■そんな場をつくりたいと思って
 試行錯誤しながら、

 年間プログラムを5年間以上、
 続けてまいりましたが、

 ようやく、この場がイメージしていた姿に
 近づきつつあります。



■変化する集団に身を置き、

 「普通の基準を書き換える」

 ことの価値をご理解頂ける方にこそ、
 ぜひ、年間プログラムにご参加いただければ、

 と願っております。



■人間は知識やスキルやテクニックで
 変わるものではなく

 【(自分の中における)普通の基準】

 【意思決定、ならびに行動のモノサシ】

 によって変わるもの。



■このことについては
 まだまだ書き足りないのですが、

 「これまで、いくら努力しても、
  勉強しても変われなかった」

 と思われる方は、


 「結果を出す人が当たり前に考え、
  取り組んでいる基準」

 に触れていただきたいと思います。



■おそらく

 「自分にとっての当たり前と、
  成果を出している人間の当たり前」

 の間に、

 「知らなかったこととはいえ、
  こんな懸絶があったのか」

 と驚愕し、あるいは愕然されることと
 なるでしょう。



■その驚愕こそが、

 「人生を作り変える起爆剤となる」

 のです。


 そのお手伝いをするべく


 【驚愕を与えるのが私(鮒谷)の
  仕事である。

  だからこそ、自身の「普通」の水準を
  さらに引き上げ、卓越した成果を残し、

  実績(と、そこから生まれる説得力)を
  伴わせながら、

  多くの人の「普通」をぶっ壊し、
  「基準の高い普通」を再インストール頂く】


 という強い決意と意思表明を
 行いたいと思います。



■その目的を果たすための、
 私(鮒谷)にとっての主戦場たる

 「年間プログラム」

 のお申込みは、以下よりどうぞ。


 ※以下のサイトに年内の詳細日程も
  合わせて記しております。

 ---------------------------------

 【鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
   参加申し込みはこちらから】
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21

 【<音源受講版>
  鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
  (音源受講版) 参加申し込みはこちらから】
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/13630

 【年間プログラムのお問い合わせやご質問は
  以下よりお願いいたします】
  http://www.2nd-stage.jp/contact/

 ---------------------------------



■いきなりのお申込みはためらわれる、
 という方は、

 以下のサービスをご用意しておりますので
 お申し込みくださいませ。

 ---------------------------------

 <鮒谷との1対1、個別相談会(90分)>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10201293

 ※参加費は20,000円+税、となります。

 ---------------------------------


 本気の方にのみお越しいただきたいので、
 一定の金額を頂戴いたしますが、

 別途、サービスお申し込み時には
 全額充当いたしますので、

 【実質無料】

 にて、安心してお申込み頂けます。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分の「普通」と、圧巻の成果を残して    いる人)の「普通」は当たり前に異なる。   ■「普通」の認識が書き換わらない限り、    どれだけお勉強していても、    行動が変わるはずがない。    行動が変わるはずがないのだから、    異なる結果が出るはずもない。   ■結果を変えたければ、行動を変える必要が    あり、行動を変えたければ「普通の基準」    を書き換える必要がある。   ■そして「普通の基準」が書き換わるのは、    自分の想像も及ばぬ「圧倒的な基準」を    「普通の基準」として生きている人と、    出会い、驚愕したり、愕然とさせられた、    その時なのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。