毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5651号 「労多くして、功極大」それが私(鮒谷)の理想の世界


■人生の、ある時点まで、

 私(鮒谷)は自分の話す内容に対して

 「聞く耳を持ってもらう」

 ことができませんでした。


 これはなかなかに辛いことですよ。



■自分の語りに耳を傾けてくれる人が
 いないというのは、


 (罵声を浴びることはないにせよ)

 【周囲からの無反応によって、
  自己否定され続ける】


 ことと同義ですからね(汗)



■そんな私(鮒谷)は、あるとき

 「もうこんな人生、嫌や!」

 と思い立ち、

 「聞く耳を持ってもらうため」

 の冒険の旅に出たのです。



■とはいうものの、最初のうちは

 「どうすれば
  聞く耳を持ってもらえるのか」

 が分からないので、

 あれこれやってみるのですが、
 やっぱり変わらず、


 (罵声を浴びることはないにしても)

 「周囲からの無反応によって
  自己否定され続ける」

 生活がそのまま続くこととなりました。



■このままじゃマズイ、
 と考え、試行錯誤するうちに


 「あ、いくら偉そうなこと、
  立派そうなこと、賢そうなこと、

  を口にしたり、
  文章に認(したた)めたりしたところで、

  『目に見える結果』を出せていなければ、
  誰も相手をしてくれないんだ、

  耳を傾けてはくれないんだ」


 と分かるようになったのです。



■そうと分かれば話は早い。

 「耳を傾けてもらうために、
  耳目を集める結果を出せば良いんだな」

 ということで、


 一社会人として、
 仕事上で相応の成果を残したら、

 聞く耳を持ってもらえるだろう、

 と考えて、
 仕事に邁進するようになりました。



■こうして人生において、

 初めて、真剣に仕事に取り組むように
 なったのです(遅い、、)。

 ただ、ここにおいて
 ようやく分かったことがあります。


 それは、

 【成果をあげるためには、
  自分の時間を支配下におかねばならぬ】

 ということでした。



■なにかを成すために、
 絶対に必要になるのが

 【人生において最も希少な資源である、
  時間を有効に活用できる能力】

 であると気づいたのです。


 真面目に仕事その他において、

 「圧倒的な結果」

 を残そうと努力した人は例外なく、
 この現実にぶち当たったことがあるはず。



■どれほど(本人的には)
 頑張っているつもりでも、

 正しく時間管理を行えていなければ

 「投入した時間に比して、成果は極めて
  小さなものにならざるを得ない」

 からです。



■私(鮒谷)も同様で、

 「これほど頑張っているのに、
  一向に目に見える成果が現れない」

 ことに焦り、もがき、苦しみ、


 「どうすれば、単位時間当たりの生産性を
  最も大きなものとすることができるだろう」

 という難題に、

 以来、十数年の長きに渡り、
 向き合い続けることとなりました。



■さんざん、
 時間管理のセミナーに行きました。

 さんざん、
 時間管理の本も読みました。

 時間管理の専門家について、
 コンサルを受けたこともありました。

 時間管理に優れていると思われる人を
 観察しては、徹底模倣にも努めました。



■こうした取り組みの末、
 ようやく

 「ああ、こうすれば、
  平均的な人の10倍、20倍程度の生産性で
  あれば再現性高く、実現できるのだ」

 と思われる法則を理解し、


 さらには、その法則を自らが、
 実践できるようになったのです。

 (というか、いちおう、
  自分ではできているつもり、、)



■こうして結果が出るようになるに従い、

 「語る言葉に説得力が生まれる」

 ようになってきたように思われます
 (対、過去の自分比)。


 自己分析としては、

 【その成果をあげる「土台」となったのが、
  タイムマネジメントの能力であった】

 と理解しています。



■ドラッカーは

 「成果を上げる者は、仕事からスタートしない。
  時間からスタートする」

 といっていますが、

 まさにこうしたことを
 述べていたのではないでしょうか。



■いくら一生懸命に頑張ったところで、
 肝心の時間管理、

 (結論からいえば、
  本当に大事なことを最優先する姿勢を
  貫くこと)

 の重要性について理解せず、
 それゆえ実践もしていなければ、

 「労多くして、功少なし」

 となるだけです。



■どうせなら

 【労少なくして、功多し】

 のほうがいいのではないでしょうか。


 さらには、

 高い生産性を維持しつつ、
 圧倒的な物量(時間等)を投入して、

 【労多くして、功極大】

 の世界を実現する、

 それが私(鮒谷)の理想なのです。


 こうした世界も、ある程度まで、
 実現できたように思います。

 (まだまだ改良、改善を図っていくのは
  いうまでもありませんが)



■たいていの人は、
 こうした話を聴いても、

 「そうかもしれないけれども、
  自分が取り組むのは億劫だ、面倒だ」

 となるのが普通ですが、


 こんな考えに触れ、理解し、
 さらには自らも実践してみたい、

 と思われた奇特な(!?)あなたには、

 ぜひ、以下の音源をお聴き頂ければと
 願っております。


 -----------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!人生は『時間の天引き』から
  しか変えられない」放談会音源(完全版)】

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/11202803


 ※音源をお聴き下さった方からのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180709_testimonials_deduction.pdf

 -----------------------------------



■あるいは、

 特に、これまで私(鮒谷)の音源を
 聴いたことがない、

 という方はいきなり上の音源は
 ハードルが高いかもしれませんので、

 「お試しコンテンツ」

 を以下にご用意いたしました。

 -----------------------------------

 【時間の天引き放談会音源
  (その5...お試しコンテンツ)

  ご希望の方は今すぐこちらから
  (3,840円でお求め頂けます)】

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/17170720

 -----------------------------------


 最終的には「完全版」をお聴き頂ければと
 思いますが、

 「いきなりは怖いよ」

 という方は、まずこちらからお聴き頂いても
 良いかなと。



■加えて、

 「先送り癖がどうしても治らない人」

 に向けて、
 別途、以下の音源をご案内しています。


 -----------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!題名のない放談会
  (平成30年4月8日開催)」音源】

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668


 ※音源をお聴き下さった方からのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180411_testimonials_no_title.pdf

 -----------------------------------


 上記音源と合わせてお聴き頂き、
 実践を重ねられれば、必ずや

 【あなたを十数年、数十年、
  悩ませ続けてきた先送り癖を根治】

 できると信じております。

 (私(鮒谷)も、この考え方と方法論で
  克服いたしました)


 「先送り癖」を断ち切り、
 今すぐ、お求めを。



■一度、時間管理を身につけられれば、

 自ずからその能力は

 【他の人が注目せずにはおれない、
  圧巻の成果を叩き出す】

 ことに活かされることとなるでしょう。

 そして、その能力は

 【一生モノの財産】

 であることも申し添えておきますね。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仕事で成果を残すためには、    時間管理から始めなければならない。   ■どれほど頑張っても、タイムマネジメント    がザルならば、    「労多くして、功少なし」    となるのが関の山。   ■時間管理の方法を学び、    【労少なくして、功多し】    さらには    【労多くして、功極大】    といった世界を目指すのならば、    時間管理は必修科目と言えるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。