毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5616号 人生において飛翔(離陸)できる人は、こんな人


■人生においては

 【まず「自身の基準」を引き上げ、
  その基準に見合うように行動量を増やし、

  時間を味方につけつつ、
  成果の総合計を最大化させる】

 という意思が大切です。



■最初は

 「こんな小さな、しかも成果が上がるかどうか
  分からないことを続けていてもいいのかな」

 という不安や心配が絶えないものですが、

 こうした負の感情を抑え、
 やり続けられた人のみが、

 長期的に見たときに
 あるタイミングで

 【一気に飛翔(あるいは離陸)】

 していくこととなるのです。



■自己啓発歴30年、
 数多くの挑戦者たちの

 「栄光と挫折」

 を見てきた私(鮒谷)がいうのだから
 間違いありません。



■小さな行動を、
 猛然と繰り返している人は、

 「3年、5年、10年といった期間」

 でみたときには、
 とんでもなく大きな差となって現れるもの。

 ある地点から複利効果が
 爆裂し始めるのです。



■私(鮒谷)が

 「修行時代」

 に知り合った人たちの中で、

 「ある時期に劇的な成功を遂げた人」

 は、みんなそう。


 ほとんどの人たちは

 「(下積み時代の彼ら、彼女らのことを
   知らず)

  爆裂後の有名人、著名人、
  圧巻の成果をあげている人と認識する」

 から、

 「あの人は頭が良いから、
  優秀だから、
  運が良かったから、
  引き上げてくれる人がいたから、
  いい学校を出たから」

 という理由を探し出そうとするのです。



■でも、その人たちの成功の要因は、

 【ひたすら下積み時代に
  クリクリ、クリクリ、大量行動していた】

 からであることは間違いありません。



■こんな話を百回聞かされても、
 信じられないから、

 【微差を積み重ねる】

 という、王道を歩める人が少ないのです。


 だからこそ

 【微差を積み重ねることが、
  確度高く、向こう側の世界に出る唯一の道】

 だと信じさせてくれる場に
 所属すること、

 が大事なのだと確信しています。



■小さく、大量の行動をしていても
 なかなか報われず、

 心折れそうになったときにも、

 「いや、そういうもんだから」
 「ここから先が楽しいんだよ」

 「ここでみんな折れるから、
  残存者利益がでかいものになるんです」

 といったことを教えてくれる人がいて、


 また、愚直に微差を重ねている人が
 あるとき突如、

 「ガラッと作り変わる」

 姿を見て、

 「もう少し頑張ってみるか」

 と思わせてくれるコミュニティに
 身を置くことが、


 (本を読んだり、音源を聴いたり、
  セミナーに参加したり)

 といった活動よりも優先する、
 ということです。



■そうした観点から

 「あなた自身の変容」

 について思いを致し、

 そんなコミュニティに身を置いているか、
 否か、考えてみられてはいかがでしょう。



■間違いなく、あなたが思っているよりも
 はるか以上に、

 「場の力」

 を借りることは、大切なことなのです。


 もしあなたが、本当に

 「このまま、毎日を無為に過ごしていても
  いいのだろうか」

 という思いを抱きながら、
 日々を過ごしているのであるならば。



■そうした場の価値を理解し、

 同時に、

 身近にそうした場が存在しないという、
 まさに、そんなあなたに対して

 「年間プログラム」

 というサービスをご提供しています。



■以下、

 先日、思いつき、ご案内してきた企画ですが
 少し要項を変更し、

 【今月中(1月末まで)に『会場参加版』に
  お申し込みくださった方限定】

 として、


 【鮒谷の個別コンサル120分
  (1時間12万円×2×1.08=259,200円相当)

 ならびに

 【音源クーポン10万円分(25,000円×4枚)】

 つまり、

 【359,200円相当の特典】

 をおつけいたします。


 ※音源受講版申込みの場合は、

 「音源クーポン10万円分(25,000円×4枚)」

  のみご提供。

  音源受講版の申し込みの方も、二回まで
  オブザーバーとして会場にて受講頂けます。

  ぜひこの機会にご検討下さいませ。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■微差を積み重ねられる人が、いずれ    飛翔(離陸)できる人。   ■ただし、たいていの人が飛翔のタイミング    を待つことができず、    途中で心が折れてしまう。   ■励ましてくれる人がいなかったり、    具体的な例に触れる機会がないからだ。   ■だからこそ、飛翔をイメージさせてくれる    場に身を置くことが大事になるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。