毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5608号 劇的な人生変化を遂げたければ「どこにこの身をおくべきか」の問いを持つことだ


■上述の通り、昨日は、

 月に一回、朝10時から夜9時まで
 開催している

 「年間プログラム」

 でした。



■場を共有されている皆さまは
 既にお分かりの通り、

 ここにきて、急速に参加者の皆さんが
 加速し、行動に移していかれています。

 (理想としていた流れが形成されつつ
  あることをビシビシ感じています)


 別に年間プログラムでなくてもいいのですが
 こうした

 【場の力】

 を借りることが変化・変容を志す者に
 とっては必須です。



■本日、午前中も、
 ある方とお話をしていたのですが、

 どれだけ知識を蓄えても、結局のところ、
 行動しなければ何も変わりません。


 そしてほとんどの人は

 「一人では行動できない」

 ものなのです。



■その方は十数年の長きに渡り、

 このままでいいのかと悶々とされていた、
 (でも、そのまま歳月が流れてしまっている)

 と言われていましたが、
 よく分かります。

 私(鮒谷)も長らくそうでしたので、、、



■私(鮒谷)自身も、

 その昔、読書を中心として学びを追求する
 勉強熱心な人間(?)ではありましたが、


 結局、一人では

 「なかなか気持ちが乗らない」

 し、たとえ少し乗ったところで

 「続かない」

 という、

 走り始めては止まり、
 走り始めては止まり、

 を繰り返していたものです。



■それが

 「行動主体」
 「知行合一」

 の人間に変化できたのは
 ひとえに

 【場の力】

 を借りることによってでありました。



■いろんな人が集まり、
 交流できる場に足を運ぶことによって、

 徐々に自分が「活性化」されていく感覚を
 味わったものですが、


 振り返ってみると、
 自らの活性化を促してくれた

 「場の力」

 の構成要素は

 【講師や主催者の話=1、
  そこで知り合う人間関係=9】

 といった感じであったかと思います。



■取り組む分野はことなれど、
 各人がそれぞれの場所で全力を尽くす、

 その姿を見て、さらには、

 そこで仲良くなった人たちと
 プライベートな関係性を構築する中で、


 徐々に熱量が上がってきて、それが駆動力
 (自らを行動へとかき立てる力)へと、

 転換されることとなりました。



■この駆動力が、

 ほんの小さな(それでも当時の自分にとっては
 大きな冒険に感じられた)行動を促し、

 こうして生み出された行動に伴って
 小さな変化が生まれる。


 さらにこうした小さな変化が繰り返され、

 無数の変化が集積し、
 有機的に結びつき始め、

 複利の力で加速し、
 最終的には

 【相転移】

 に例えてもよいであろう、

 【劇的な人生の質的転換】

 を遂げる瞬間を迎えることとなったのです。



■そんな自分の実体験とともに、
 これまで大勢の、

 「どこかのタイミングで、
  完全に人間が生まれ変わることとなった」

 人を見てきた経験からも、


 「将来、何ごとかをなすポテンシャルを持つ
  人たち同士の人間関係の生まれる場」

 に所属することは
 変わるために必須、

 であると思います。



■もちろん、こうした環境は

 社内で実現されることもあるし、
 プライベートな人間関係を通して、

 「場が形成される」

 こともありますので、必ずしも
 有料の勉強会等であるとは限りません。



■人生において、大きな跳躍を
 遂げたことのある人は

 【場の持つ力
  (人間関係から生まれる温度感や高揚感)】

 を理解し、納得されることと思いますが、


 こうした化学反応を
 経験したことのない人は

 【グループ・ダイナミックスの妙】

 を永遠に理解することができないので、

 「私はちょっと、
  そういうのが苦手なので、、、」

 といった感じになり、


 成長志向を持つ、
 多様な人が集まる場に近づかず、

 結局、(昔の私と同じように)

 走り始めては止まり、
 走り始めては止まり、

 の悪循環から逃れることができません。



■高い目線を持ち、大きな変化率を
 維持している集団に身を置くことによってのみ

 (=環境を選択することによってのみ)

 初めて、

 【退屈な日常生活に亀裂が入り、
  そこから新しい扉が開かれる】

 という事実は、

 どれほど強調しても、
 強調しすぎることはありません。



■ですので、

 もしあなたが本気で
 変わりたいと願うのなら、

 ぜひ、どういう形でもいいので
 最低限、3人ないし5人くらいの

 【目線が高くて、
  一定以上の変化率を保っている人間】

 の集団に身を置く、
 できれば、自ら主宰する、

 ということを心がけてみて下さい。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分一人で「完結」している人に、    根本的な変化は起こりえない。   ■目線高く、行動が伴っている人    (=変化率の高い人)に囲まれる、    そんな環境に身を置くことによって、    自身が「活性化」することとなる。   ■活性化、からの小さな行動、さらには    行動の継続による変化の兆し、    これらが同時多発的に結びつき始め、    あるとき一気に開花する。   ■人生における劇的変化の経験者は例外なく    このプロセスをたどっているものである。   ■人生を変えたければ    「どこにこの身をおくべきか」    という問いをど真ん中に持ってくるべきで    ある。   ■一人いて、大量の書物を紐解き、いろんな    知識を蓄えたところで何も変わらない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。