毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5605号 「起業は絶対、止めておくべき」であると言える人


■サラリーマンからの起業を経験した人は
 例外なく分かるはずですが、


 自分の内に

 【起業家の物語】

 が存在しない人は、いくら口で

 「起業したい、起業したい」

 と唱えていても100%、
 起業できません(口だけです)。




■逆に、

 いろんなインプットを重ねる
 (揺らぎにさらされる)うちに、

 「サラリーマンとしての信念、物語」

 に小さな亀裂が入り、


 その亀裂が徐々に、
 さらにあるとき急激に、

 大地がパカっと割れるがごとくに

 「これ以上、サラリーマンは
  やっていられない」

 という心的状態が訪れた人は、
 近々、必ず起業することとなります。



■これが

 【心が定まり、本気モードに入る】

 という状態。


 ここに至るまでに


 「新しい(起業)物語を大量輸入し、
  自分の感性に当ててみると、

  はじめはゆっくりと、やがて急激に
  起業の方向にしか目が向かなくなった」


 ということであれば、
 その人は

 【起業家適性があった】

 と言って良いでしょう。



■反対に、

 「新しい(起業)物語を大量輸入し、
  自分の感性に当ててみたけれども、

  起業について頑張って、より深く、
  思索しようと思っても、なぜかできない」

 のなら、

 きっとその人は起業が
 止めておいたほうがいいのです。



■いくら起業に向けて

 「盛り上がるべきだ」
 「盛り上がろう!」
 「いや、盛り上がらなければならない!!」

 と頑張ってみたところで、

 そもそも着火剤(起業を希求する心=適性)が
 心の内になければ、

 永遠に心に火が灯ることはありません。



■ただ、残念なのは、

 本当は起業適性があるにもかかわらず、
 「起業物語」に触れる機会がなく、

 それゆえ

 「自分には起業なんて無理」

 あるいは

 「そもそも興味がない」

 と、その選択肢を自ら除外してしまって
 いる人が少なくないことです。



■それはとてももったいなく、

 「大量のインプット
  (=新しい世界認識=新たな物語)」

 に触れていたら、

 より広い世界で活躍できる機会が
 あったかもしれないのに、


 単なる「物語への接触がない」だけで
 扉を押し開くことができなかった、

 ということが、今も現に、
 そこここで起こっているように思います。



■会社員としての適性のある人もあれば、
 起業家としての適性がある人もあります。

 両方、いける人もあれば、
 どちらかでしか生きていけない人もいる。

 (私(鮒谷)は後者でした)


 ただ、

 「まずは触れてみないと、
  適性があるかどうかは分からない」

 ということだけは、
 間違いないのではないでしょうか。



■前倒しで「起業物語」触れ、その上で

 「適性がない」

 と判断し、割り切るのであれば
 後悔も残りませんが、


 「起業物語」に触れることもなく、
 自分で勝手に適性がないと判断し、

 人生のどこかの段階で、

 「あ、やっぱり起業適性あったみたいだ。
  もっと早めに、
  そっちに突っ込んでおくべきだった...」

 と思っても、
 失われた時間は取り戻せません。



■自分に起業適性があるかどうかは
 起業世界に生きる多様な人に触れ、

 (=自分をリトマス試験紙に当ててみて)

 心が震えるかどうかによってのみ
 判定されるもの、

 と私(鮒谷)は考えています。



■もし、ここまでの話を読み、
 自分が起業に向いているかどうか、一度

 「リトマス試験紙」

 に当てて試してみたいと思われるなら、
 以下の音源


 ---------------------------------

 【鮒谷周史の、圧巻!
  「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源】

 ※カード決済ご希望の方はこちらから
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

 ※銀行振込or携帯オーディオプレイヤーでの
  音源提供を希望の方はこちらから
  https://form.os7.biz/f/cb72cc22/

 ---------------------------------


 は、格好の教材(物語)になるはずです。


 ※本日より、本数限定ですが、
  予定販売本数に達するまでは

  【20%オフ(通常時より1万円以上、
   お安くお求め頂けます)】

  にてご提供いたします。



■この音源を聴いて、

 「ピクリとも、心が震えない」

 のであれば、
 悪いことはいいません、

 起業は向いていないので
 止めておいたほうがいいでしょう。



■逆に、

 「ブルブル、震える!」

 くらいに心が動いたのであれば、
 起業適性は十二分にあるでしょう。


 心が動くから体が動くのであって、

 「自分で起業するは面白そう!楽しそう!
  やってみたい!」

 と、少しでも心が動いたなら、
 あとから行動力はついてくるようになるので、

 その時点において

 「起業適性は大アリ」

 と、間違いなく言えるのです。


 (逆にどれだけ起業系の知識が豊富でも、

  商売のことを考えて一向に興奮できない人は
  厳しい言い方になりますが「脈なし」です。

  いい悪いではなく、
  まさに「適性」なのです)




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分に起業家適性があるかどうかは    自分ひとりで決められない。   ■多くの「起業物語」に触れ、心震える、    血湧き肉踊る、興奮する、    そんな心境になれる人があれば、    その人は起業適性、大アリだ。   ■その心さえ生まれれば、    大量の行動をせずにはおれなくなり、    大量行動によって、あらゆる困難は    乗り越えるからである。   ■いくつかの起業物語に触れ、何も心が    動かないのであれば悪いことは言わない、    「起業は止めておいたほうがいい」    だろう。そもそも向いていないのだ。   ■起業したけど朝、起きられないなどという    状態になるのが、関の山。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。