毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5579号 せっかく新しい知識を学んでも「上滑りに滑る」理由とは


■人生において、
 結果を出すために最も重要なのは

 【(予習ではなく)復習】

 であり、

 【(新しい知識の習得ではなく)
  既に持っている知識の習慣化】

 です。



■どうも、ほとんどの人は、

 前者(予習、知識の習得)こそが
 人生を変えるのだ、

 と固く信じているようですが、
 実際は全く逆。


 本当は、どうすれば人生や仕事が
 うまくいくかなんて、

 みんな、とうの昔から
 知っているのです。



■たとえば


 「人には親切にしなさい」

 「欲しければ与えること」

 「感情を表に出さない
  (相手を不快にさせるような言動は
   取らない)」

 「思い立ったが吉日、
  着想したことは、今すぐやる」

 「継続は力なり」


 といったことは、
 いずれも知っていることばかりのはず。



■でも、知ってはいても、
 なかなか実践できないもの。


 そんな中、

 -----------------------------------

 実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できない

 -----------------------------------

 といった繰り返しの中、
 たまたま

 -----------------------------------

 実践しようとする→うまくいった

 -----------------------------------

 ということが起きることが
 あるものです。



■でも、なかなか定着させることは
 難しいから、

 次からはまた

 -----------------------------------

 実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できない

 -----------------------------------

 を繰り返すこととなるでしょう。



■しかし、試行錯誤を重ねるうちに、
 やがて

 -----------------------------------

 実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できた
 →実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できた
 →実践しようとする→できた
 →実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できない
 →実践しようとする→できた

 -----------------------------------

 くらいの勝率になり、
 さらには

 -----------------------------------

 実践しようとする→できた
 →実践しようとする→できた
 →実践しようとする→できた
 →実践しようとする→できた
 →実践しようとする→できた
 →実践しようとする→できた

 -----------------------------------


 ついには

 【実践しようとすら思っていないのに
  無意識にやっていた(できていた)】

 という境地に至って、はじめて

 【習慣化が完了!】

 となるのです。



■ここで大切なのは、まずは

 【完璧にはできないながらも、
  何度も実践しようと繰り返し取り組む】

 ところにあります。

 繰り返し取り組むから、
 習慣化が進められることとなるのです。



■そしてこの機会
 (=実践しようとする機会)は、

 学びを反復、復習してのみ、
 手に入れられるもの。


 たとえば上述の、


 「人には親切にしなさい」

 「欲しければ与えること」

 「感情を表に出さない
  (相手を不快にさせるような言動は
   取らない)」

 「思い立ったが吉日、
  着想したことは、今すぐやる」

 「継続は力なり」


 という言葉に触れるからこそ、その都度

 「思い出し」、

 それゆえ、

 「なかなか実行できないながらも、
  改めて挑戦してみよう」

 という気持ちが生まれるのです。



■もし、

 こうした言葉に触れる場(復習の機会)を
 持たなければどうなるか。


 うっすらと、

 これじゃまずいと思いながら、
 反転攻勢をかける機会も生まれないから、

 なすすべもなく、
 ずるずる後退し続けるより他にありません。



■したがって、最も重要なのは

 【(予習ではなく)復習】

 であり、

 【(新しい知識の習得ではなく)
  既に持っている知識の習慣化】

 であるといえるのです。



■こうした

 【一見、賽の河原のごとくの、

  積んでも積んでも、後から崩れ去る、
  無駄な努力の積み重ねの末に得られる、

  身体化、習慣化】

 の延長線上に


 【実践しようとすら思っていないのに
  無意識にやっていた(できていた)】

 という世界が生まれます。



■こうした取り組みを、

 喜びに溢れた人生や仕事を志向するので
 あれば切っても切り離せない、

 たとえば、

 コミュニケーションにおいて、
 タイムマネジメントにおいて、
 目標設定&達成において、
 セールスにおいて、

 行い、最終的に、

 【普通に生きているだけで
  勝手に成果が出る体質】

 になれたらどうでしょう。



■労せずして

 (正確には傍からは努力しているように
  見えているけれども、

  当人にとっては
  ごくごく自然に振る舞っているだけで)

 求める成果を手に入れ続けられるように
 なるでしょう。


 だからこそ、

 【新しい知識を入れる機会よりも、

  既に持っている知識の「漆塗り」を
  行う機会の方がはるかに大切】

 といえるのです。



■こうして、

 【人生や仕事における基本姿勢】

 が完全に身についたと思われるように
 なったら、


 そこから先は、新たなアプリケーションを
 インストールするように、新しい知識を入れ、

 さらには同じように復習を重ね
 自在に使いこなせるようになる、

 以上を繰り返していけば
 いいだけです。



■こうした地に足の着いた取り組みを
 行うことなく、

 ただ不安や焦りに駆られて、


 ちょうど海の上にいる、
 渇きに苦しむ人が海水を求めるように、

 「新しい知識を、新しい知識を、
  新しい知識を、新しい知識を、、、」

 と追いかけていったところで、
 満たされることはなく、

 むしろ、より一層、渇きは増すだけです。



■せっかく「お勉強」した知識ですが、
 何も定着すること無く、ただただ、

 【上滑りに滑り続ける】

 だけのこととなるでしょう。

 せっかく学んでも身につかないのなら、
 かけた時間とコストが無駄になるだけです。



■それでは、あまりにもったいないので、

 たとえ辛気くさい、派手さがない、
 地味で、驚きがないと言われても、

 年間プログラムやメルマガにおいては


 【これだけは絶対に心がけておいたほうが
  良いと思われる話を、

  しつこく繰り返し、身体レベルで
  自動再生できるところまでお伝えし続ける】


 という役割を果たすことを
 自らに課しています。



■その内容には残念ながら、目新しさはなく、

 「一ヶ月で100万円儲かる!」

 といった話でもないから、

 セミナーなどを開催しても
 毎度、集客にも困るわけですが、

 それは私が自ら選んだ「茨の道」なので
 仕方ないですね。



■正直、新しい知識を伝え続けたほうが
 儲かるし、楽なのです。


 でも、いくらそんなことを
 やっていても

 「お客さまの本質的な
  変化・変容にはつながらない」

 のと、お客さまは

 「長期的に確実に訪れる、
  変化・変容を求めている」

 と確信しているからこそ、


 当たり前の話を、飽きさせぬよう、
 面白おかしく、実践したくなるように、

 そんな思いを持って、日々、

 メルマガを書き、
 年間プログラム等でお話をしてきた、

 つもりです。


 ---------------------------------

 【鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
   参加申し込みはこちらから】
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21

 【<音源受講版>
  鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
  (音源受講版) 参加申し込みはこちらから】
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/13630

 ---------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■新しい知識を入れても、復習をしなければ    定着することはない。    一生懸命、インプットすればするほど、    「上滑りに滑る」だけとなる。   ■既に知っている知識を何度も繰り返し、    定着を促し、    無意識にでもできている、すなわち    習慣化されるところまで持っていければ、    そこから先は自然体で生きているだけで    勝手に結果が現れるようになるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。