毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5571号 私(鮒谷)が「リフレクソロジー80分コース」に通っている理由


■以下、冗談のような本当の話なのですが、

 私(鮒谷)はなにか課題があって、
 しばらく考えてもその解決策が閃かないときは

 そのまま床に就き、

 「目覚めたときに、
  解決策が閃いているはずだ」

 と一言、心の中で唱え、
 そのまま寝てしまいます。



■不思議なことですが、

 こうすると100%、とまでは言わぬまでも
 相当のな確率で、本当に、

 「いいアイデアが空から降ってくる」

 のです。



■たとえば私(鮒谷)は、

 年間、四半期、月間のそれぞれについて、
 かなり高めの売上目標を掲げ、

 四六時中、その数字を意識して、
 なにがなんでも絶対に達成する、

 という強い思いを持ち、
 仕事に取り組んでいます。



■にもかかわらず、どうにもこうにも、

 「今の延長線上では売上が絶対に届かない」

 という状況が生まれることが
 まま、あります。

 (正確には、その状況を生み出すために
  高い目標を掲げているわけですが)



■そんなとき、

 起死回生の売上につながるアイデアが
 すぐに出てくればいいのですが、

 おいそれとそんなネタが思いつくわけでも
 ありません。


 こういうときにはジタバタせず、
 それ以上、深く考えることを潔く諦めて、

 「目覚めたときに、
  解決策が閃いているはずだ」

 と唱えて、
 そのまま布団に潜り込むのです。



■あるいは、

 日中、出先にいる時であれば、
 某店の

 【リフレクソロジー(足裏マッサージ)
  80分コース】

 を申し込み、スタッフの方に、

 「これから寝るので
  絶対に話しかけないで下さい」

 と断りを入れた後、
 耳栓を突っ込んで深い眠りに入ります。



■この時間は

 【アイデアの質で生活をしている人間】

 にとっては、

 サボりでもなければ、
 惰眠を貪るためでもない

 最も生産性の高い時間となるのです。



■つまり

 【リフレクソロジー80分コース】

 に申し込むのは私(鮒谷)にとっては

 【大事な大事な投資】

 になっているということです(本当です)。



■実際、

 足裏マッサージが終了し、深い眠りから
 目覚めたときに閃いたアイデアから、

 過去、累積で
 どれほどの売上がもたらされたのか、

 厳密に計算したことはありませんが、
 累計するととんでもないことになっているはずです。



■売上げを立てるための商品開発のみならず、

 何かの商品を案内するための

 「商品・サービスをご案内する文章」

 のコンセプト策定もまた、


 仮眠や足裏マッサージを終え、
 朦朧とした意識が回復してくる過程の中で、

 意識の深いところから湧き上がってくる、
 そんな感覚があります。



■メカニズムは分かりませんが、
 現実にそのようなことが頻繁に起こるわけだから、

 深く追求、詮索することもなく、
 ただ、そのメリットを享受すればいいだけの話で、


 たとえカラクリは分からなくとも
 こうしたメカニズムを積極的に活用して、

 【アイデアを量産する】

 ことにしています。

 決して、惰眠をむさぼるための
 いいわけではないのです(キリッ)



■ただし、

 アイデアの創出が起きるときと起きないとき、

 それぞれにおいて、
 私の(鮒谷)状態にどのような違いがあったか、

 ということは、

 長年、こうした生活を続けていると
 分かるようになってくるものです。



■確度高く、アイデアが湧くときは

 【課題の解決に対する真剣度が高い】

 ときであり、

 反対に、アイデアを生み出そうと思って
 足裏マッサージに寝に行ったのに

 【ただの惰眠となってしまった、、】

 となるときは、考えてみたら

 【課題の解決に対する真剣度が低い】

 ときでありました。



■つまりは、

 【目標に対する執着の強さ如何】

 によって、

 アイデアが生み出される率が異なってくる、
 ということのようですね。



■結論をいうと、

 ある課題について問題意識を持ち、
 一つのことを考え続けていると、

 認知能力をフル稼働するために
 急速なエネルギー消費が発生し、

 極度に眠くなる(睡魔が襲ってくる)ことと
 なります。


 そういうときには、睡魔に抗わずに、
 欲求に身を任せることが良い結果につながる、

 ということになりそうです。



■こうして

 「明確な意図(目的)」

 を持ち、その上で深い睡眠を取ると、


 眠っている間に、目標に到達するための
 アイデアを導き出すべく、


 過去に学んできたことや経験してきた
 (記憶の憶測に沈殿していた)ことが、

 【無意識レベルで、
  撹拌&編集が繰り返される】

 こととなり、


 やがては

 【アイデアの核が生まれ(核形成)、
  次に結晶成長が起きる】

 こととなるのでしょう。



■こうして出来た結晶は、

 眠りからの覚醒と共にさらに、大きくなり、
 真に目覚めたときには、

 【しっかりとした、実生活、実ビジネス上で
  そのまま活用できる新しいアイデア】

 となって降りてくることとなるのです。



■ここまでに記したことが万人に当てはまることか
 どうかは私は知りません。


 ただ、私(鮒谷)にとっては、

 このプロセスが生じる環境を
 意図的に作り出すことによって、

 自分の人生やビジネスの質の改善に
 大きく寄与するアイデアが

 【再現性高く、もたらされてきた】

 ことに疑いはないということだけは
 分かっています。



■今日の話としては、

 「だからどう」

 というわけでもないのですが、

 以上の話が、あなたのアイデア創出の
 なにかのヒントになれば、

 と思い、記した次第。



■そしてもう一つ、

 ここまでの内容は

 「あくまで私(鮒谷)にとっての、
  価値を生み出す方程式の一つ」

 としてのご紹介でありましたが、


 別に同じ内容でなくていいので

 「あなたが、あなた自身に最適化された
  価値を生み出す方程式(仕組みやシステムや習慣)」

 を生み出そうとする契機となれば、
 そんなつもりでも記述した次第です。


 こうした

 「再現性の高い仕組みやシステムや習慣が
  増えていくたびに人生や仕事が簡単になる」

 のですから。



■ちなみに今日の内容も、

 いつものリフレクソロジー屋さんの
 ベッドの上で、つい先ほど閃いたもの、

 ということは、
 内緒にしておこうと思います(笑)


 ※今から会食に向かいます。

  Hさん、Aさん、
  お昼寝後ですが、よろしくおねがいします(笑)




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■一つのことを集中して考え続けたからと    いってアイデアが出てくるわけではない。   ■考え続けた後に、意図的な「弛緩」を    入れるからこそ、    無意識のレベルで、過去の経験や知識が    撹拌&編集され、    アイデアの核が生まれることとなる。   ■ひとたび、アイデアの核が生まれれば    (核形成されれば)そこから先は、    さまざまな情報や知識や経験を巻き込み、    核成長が起こり、やがてはそれが    【細部まで緻密に作り込まれた     巨大なアイデア】    にまで昇華されるのだ。   ■アイデア創出は    「自分にとって最適化された、     集中と弛緩のバランス」    を探り当てるところから。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。