毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

【鮒谷の気付き】一芸しかなくても食えていける商売、それが◯◯。


■こんにちは、鮒谷です。


 以前、

 『インターネットが普及したら、
  ぼくたちが原始人にもどっちゃったわけ』

 という長いタイトルの本を読みました。


 とっても面白い本でしたので、

 時間のある方はぜひ手にとって、
 お読みになられればと思います。



■この本は

 「ワイアード」「ギズモード・ジャパン」など、
 紙とウェブの両分野で多くの媒体を立ち上げた、

 株式会社インフォバーン代表取締役Co‐CEO、
 株式会社デジモ代表取締役CEO、
 ビジネス・ブレークスルー大学教授、

 といった様々な舞台で活躍中の小林弘人さん、


 そして、

 これまでに数百の本の編集に携わり、

 TBSラジオで「文化系トークラジオLife」
 「柳瀬博一Terminal」のパーソナリティでもある、

 日経ビジネスチーフ企画プロデューサー、
 「日経ビジネスオンライン」のプロデューサー、

 の柳瀬博一さん、


 という、時代の先端を走るお二方の手になる
 共著です。


 この本の中に、


 ----------------------------------------

 一芸しかなくても食えていける商売が永遠にあると
 思っていてね。

 それは「営業」。

 ----------------------------------------


 というくだりがありました。



■これは本当にその通りで、続けて、


 ----------------------------------------

 仕事の現場で一番強いのは、

 結局、お金を引っ張れるやつ、
 お客をつかまえてこれる奴。

 つまり営業です。


 で、そういう

 「できる営業」

 が世間一般でいうところの

 「頭がいいやつ」

 かというと全然そうじゃなかったりする。


 まったくモノを知らなくて、

 「お前、バカかよ」

 って呆れられたりするんだけど、
 笑いながら、大きい仕事をちゃんと取ってきちゃう人、

 いるんだよね。

 ----------------------------------------

 うん、自分をバカと言える人は強いよね。

 本当はお客さんよりももっと頭いいんだって
 言っているやつで、頭いいやつがいた試しがない(笑)

 程度の差こそあれ、バカの自覚を持つものは強い。

 ----------------------------------------

 営業って、実は編集以上に属人的な能力が必要だったりする。

 最終的にはさっきの"熱さ"の話にもつながるけど
 アイドルとも通じるものが必要。

 言い替えれば「人に好かれる能力」だよね。

 ----------------------------------------


 といったことが書かれています。



■いくら講釈を垂れていても、

 お金を引っ張ってくる力がなければ、
 結局は、営業できる人に依存するしかありません。


 独立したい人なら、したい人で、

 誰かが仕事をとってきて、与えてくれる、
 なんてことはあり得ません。



■もしそんな都合のよい話があるとすれば、
 下請けのような形でしょうけれども、

 (厳しい言い方かもしれませんが)

 自分で営業できなければ、
 価格決定権も持てないわけで、そんな

 「下請けビジネス」

 に未来はありません。


 「貧乏暇なし」を地で行く生活となるのです。



■だからこそ、結局、


 ----------------------------------------

 一芸しかなくても食えていける商売が永遠にあると
 思っていてね。

 それは「営業」。

 ----------------------------------------


 という言葉がより一層、真実味を帯びてくるわけです。



■かくいう私(鮒谷)がメルマガを通して、

 好き勝手、偉そうにいろんな講釈を垂れられるのも、
 つまるところ、

 上述の書籍の中にある表現を使わせてもらうなら、


 「(バカなんだけれども!)

  自分で見込み客を見つけてきて、
  お客さまになって頂くことができる」


 という、ただ、この一点において、

 自身の責任でもって、
 自分の生活を自分の力で守れるがゆえに

 「講釈を垂れる赦し」

 を与えられていると考えているわけです。


■お申込みは以下よりお願いします。


 ----------------------------------------

 <鮒谷周史の圧巻!セールス3日間セミナー>


 【日時】2018年11月30日(金曜)~12月2日(日曜)

    放談会(30日):10時00分~18時00分
    放談会(01日):10時00分~18時00分
    放談会(02日):10時00分~17時30分

    懇親会(02日):18時00分~20時00分頃

    ※終了時間はおおよその目安であり
     若干前後する可能性があります。
     予めご了承ください。


 【場所】東京・飯田橋の当社セミナールーム
     (もしくは都内の会議室)

    ※お申込み頂いた方のみに直接、ご連絡いたします。


 【参加費】早期割引価格: 380,000円+税

  定価:480,000円+税のところ、
  今なら早期割引価格にてお申込みいただけます。
  (11月19日(月)まで)

  ※以降、順次、参加費が上がります。

   20日(火)~23日(金):420,000円+税
   24日(土)~26日(月):450,000円+税
   27日(火)~29日(木):480,000円+税


 <お申し込みはこちらから>
 https://form.os7.biz/f/eb23d089/


  ※定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。

  ※最少催行人数に満たない場合、
   開催を見合わせることもございます。


 <これまでセミナー(ショートバージョン)に
  ご参加下さった方からのご感想はこちらから>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/181024_testimonials_overwhelming_sales.pdf


 ----------------------------------------


 ----------------------------------------



■追伸1


 営業力は一旦、身につけられれば、
 文字通り

 「一生ものの財産」

 となるものです。


 営業力は最大の無形資産であり、
 以前、メルマガでも記した表現を用いるならば、

 「富の源泉」

 「黄金の卵を生むガチョウ}

 「打ち出の小槌」

 となるのです。


 そんな富の源泉を、
 破格の価格でお届けしましょう、

 という話なのですが、

 今回は会場の都合で定員が少ないので、
 満席になりましたらゴメンナサイ。



■追伸2


 チャンスの扉は、
 往々にして一瞬しか開いていないもの。


 私も、

 「目の前でほんの一瞬、開いた扉」

 に無理やりにでも滑り込んだことで、

 「人生やビジネスが激変した」

 ことが何度もありました。


 その事実が分かる人は、
 何度でも

 「ほんの一瞬、開いたチャンスの扉を
  こじ開けて、世界を変えていく」

 わけですし、


 その現実が分からない人は、

 「向こうからチャンスがやってくるのを
  永遠に待ち続けることになる」

 のです。


 どちらがいいとか悪いとかではなく、
 そういうもの、ということ。



■いずれにしても、

 あんまり期待値を上げて、
 積極的に売ろうとも思っていないので、

 ここまでお読み下さり、鮒谷の世間話からでも
 何かを汲み取れる自信がある、

 という方のみ、お申込み下さい。


 <お申し込みはこちらから>
  https://form.os7.biz/f/eb23d089/


 <これまでにご参加下さった方からの
  ご感想はこちらから>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/181024_testimonials_overwhelming_sales.pdf




 <今日の格言>

 仕事を聞かれて、
 会社名で答えるような奴には、負けない。(リクルート)



                鮒谷 周史拝

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。