毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5551号 「見えないものを見る力」が決定的に欠如している人


■上述の通り、
 年間プログラムに参加下さったKさんが

 「意思決定について、私(鮒谷)がお話を
  した中での印象に残った言葉」

 について、記してくださいました。



■話をしている側としては、

 特にレジュメ等を用意して
 話しているわけではありませんので、


 こうしたご感想をいただくことで、

 「我ながら(!?)けっこう、
  いいこと言ってるなあ」

 と気付かされることもしばしばです。



■意思決定についてKさんが要約下さった

 「キモの部分」

 を再掲すると、以下の通り。


 ----------------------------------------


 【1日に決断する回数を意識し、
  その数を増やし続ける】


 【遠大な目標であればあるほど
  意思決定の数を増やす必要がある】


 【決断することを意識する】


 【検証し続けるためにも、

  「気づき→即断→行動」

  を習慣化することが極めて重要】


 【普段の生活の中でも、気づいたら、決断し、
  行動することを繰り返し、習慣化すること】


 【決断していないということは、
  同じことを繰り返しているだけ】


 【1日の決断回数が多ければ多いほど良い。
  小さなことで構わない】


 【気づきはすぐに消えるから、
  その場でやらないと行方不明になる】


 【その場でやるためには
  荷物を背負っているものを廃棄すること】


 【荷物を背負っていながら、
  さらに荷物を背負おうとしている。
  だから、進めない】


 【自分が背負いたいと思うことを背負い、
  自分にとって波及効果が高いものを
  選択できるようにするためには、

  一旦、背負っているものを廃棄すること】


 ----------------------------------------


 過去の音源等についても、
 話をしている項目もありますが、

 「同じ話を継続的に、
  繰り返して聴くこと」

 には大きな意味があると考えています。



■なぜなら、


 ----------------------------------------

 1、聞いたことがある

 2、知っている

 3、分かっている(できる)

 4、やっている

 5、やってみて、成果が出て、
   実感を持って語ることができる

 ----------------------------------------


 の、それぞれの間には
 大きな断絶があるからです。



■聞いたことがある、知っている、
 レベルで結果が出るのなら、

 「世の中の全員が、成功者」

 になっておかしくはありません。


 (ちなみに私は「成功者」という言葉は
  大嫌いですが、

  イメージを付けて頂きやすくするために
  あえて使っただけなので悪しからず)



■十数年から数十年も生きていれば
 誰しも、

 【成果に導くための、
  意思決定のルール】

 について、

 どれほど不勉強な人であったとしても、
 一度や二度は聞いているはずです。



■問題は、

 「聞いたことがある、
  そして知ってはいるけれども、
  実行していない」

 ところにあるのです。

 なぜ実行できないかというと、
 反復していないからです。



■ピアノでも、バイオリンでも、
 書道でも、絵画でも、

 空手でも、サッカーでも、水泳でも、

 上達したり、合格したりするためには

 【型】

 を身につける必要があります。



■これらのものを一度、習っただけで、
 プロレベルで弾いたり、書いたり、

 ボールを蹴ることができたり、
 泳げるようになったり、

 なんてことは絶対にできないと、
 皆、理解しているはずです。


 だから長期間にわたって、
 繰り返し、反復練習をするのです。



■なのに、どういうわけなのか、
 こと、人生やビジネスのことになると、

 【型】

 の存在を無視して、
 我流で身につけようとしたり、

 数度の反復、復習すら行うことなく、
 それでいて完璧な成果を出せるように、

 と願ったりする人が多いのが不思議でなりません。



■ピアノだってバイオリンだって、
 一人前、までいかなくても、

 人さまの前で、最低限、聞くに堪え得る
 レベルまで能力を引き上げるだけでも、

 「何ヶ月」

 という単位ではなく、最低でも

 「何年」

 という時間がかかるのは
 みんな承知しているはず。



■なのに、なぜか、

 「人生やビジネスについての能力」

 については促成栽培で身につく、と思っている
 人が多いように見受けられるのです。


 理由を考えてみたのですが、
 おそらく

 ピアノ、バイオリン、書道、絵画、
 空手、サッカー、水泳、

 といったものは、

 「範囲が狭い
  (もちろん、それゆえ深いのですが)」

 ゆえに、能力の伸長が
 他人の目にも見えやすいのです。



■ところが、

 【人生全般、仕事全般は、
  範囲が広すぎて認知できない】

 人が多いから、


 【範囲の広さゆえに、思考停止状態に陥り、
  かえって、すぐに成果の出そうなあれこれ】

 に手を出してしまうのでは
 ないでしょうか。


 言葉を換えれば、こうした人は

 【「見えないものを見る力」が
  決定的に欠如している人】

 といって良いでしょう。



■でも、本当は

 【範囲が広いからこそ、
  応用力、展開力を約束してくれる「基礎」】

 を確立することが、
 大切になるのではないでしょうか。


 そしてそれもまた、

 ピアノ、バイオリン、書道、絵画、
 空手、サッカー、水泳、

 を学ぶときと同じく、

 【基礎や基本を、
  これでもかというくらいに反復する】

 ことによってしか実現され得ないのです。



■反復に次ぐ反復、
 復習に次ぐ復習、

 を重ねることにより、


 結果を出すことが約束されている
 意思決定のルールと、そのルールに基づく実践が、

 【意識することなく(無意識でも)
  実行できてしまっている】

 という状態にまで持っていけるでしょう。



■結果を出すことが約束されている
 意思決定のルール、

 ならびに、

 そのルールに基づいて実践することを、
 意識に乗せたことがない(学んでいない)、

 というのは論外として、


 ルールと実践の大切さについて、
 聞いたことがある、知っているよ、

 という人であったとしても、


 それが

 【意識することなく(無意識でも)
  実行できてしまっている】

 という状態にまで身体に落とせていなければ、

 結果は、聞いたことがない、知らない人と、
 同じです。



■だからこそ、

 「聞いたことがある、知っている」

 という状態を早々に脱し、

 「できる、やっている」


 さらには

 「やった結果を、体で体感している」

 というところまで、このサイクルを
 まずは一回しする必要があるでしょう。



■これを一巡させることが出来た人は、

 【同じことを何度でも繰り返す】

 ことができるようになります。


 これができるようになった人を
 私(鮒谷)は

 【習慣化を習慣化できるようになった人】

 と呼んでいるわけです。



■そして、

 こうした人に、
 まずは私(鮒谷)自身がなり、

 次に、その世界への入り方を
 説ける人になる(水先案内人になる)、

 と誓い、


 その決意を実践している場が

 「年間プログラム」

 ということになるのです。



■ここでは「知識の伝達」も
 もちろん行いますが、

 それよりもはるかに大切な、

 【成果の出る取り組みを、
  無意識の内に実行してしまえている】

 という状態に入って頂くためのご支援を
 行っております。



■ですから、

 「知識の伝達」

 を求められている方は、どこか違う所に
 行かれたほうがよいと思いますが、


 あなたがもし、

 【自由気ままに生きていても、それだけで
  勝手に心身共に豊かになっていく体質】

 になりたいのであるならば、

 「年間プログラムへの参加」

 は一つの選択肢となり得ると
 考えているのですが、いかがでしょう。



■、、、と、

 自らが提供しているサービスの内容についての
 説明責任を果たすため、


 ここ数日、いろいろと書いていますが、
 もちろん、

 選択権(意思決定権)を持っているのは、
 お一人お一人ですので、

 各人の自由であることはいうまでもありません。



■ただ、あなたがもし、

 【意思決定の質と数が、
  人生を規定する】

 という現実に同意下さるのであれば、


 さらに上記にご紹介した、

 もろもろの意思決定に関する言葉(↓)に
 共感、共鳴下さるのであれば、

 人生の変化、変容のためのステップとして、

 「年間プログラムへのお申込み」

 という意思決定もあるのではないか、
 と考える次第です。



 ※「もろもろの意思決定に関する言葉」とは、
  以下の通り。


 ----------------------------------------


 【1日に決断する回数を意識し、
  その数を増やし続ける】


 【遠大な目標であればあるほど
  意思決定の数を増やす必要がある】


 【決断することを意識する】


 【検証し続けるためにも、

  「気づき→即断→行動」

  を習慣化することが極めて重要】


 【普段の生活の中でも、気づいたら、決断し、
  行動することを繰り返し、習慣化すること】


 【決断していないということは、
  同じことを繰り返しているだけ】


 【1日の決断回数が多ければ多いほど良い。
  小さなことで構わない】


 【気づきはすぐに消えるから、
  その場でやらないと行方不明になる】


 【その場でやるためには
  荷物を背負っているものを廃棄すること】


 【荷物を背負っていながら、
  さらに荷物を背負おうとしている。
  だから、進めない】


 【自分が背負いたいと思うことを背負い、
  自分にとって波及効果が高いものを
  選択できるようにするためには、

  一旦、背負っているものを廃棄すること】


 ----------------------------------------



■ここまでお読みくださり、

 「!!!」

 と感ずるところがあった方がいらっしゃるならば、


 「年間プログラム」

 へのお申込み(意思決定)を、
 以下よりお願いいたします。


 ----------------------------------------

 【鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
  参加申し込み】
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21

 【<音源受講版>
  鮒谷周史の(少人数・双方向制)年間プログラム
  (音源受講版) 参加申し込み】
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/13630

 【年間プログラムのお問い合わせやご質問は
  以下よりお願いいたします】
  http://www.2nd-stage.jp/contact/


 ※以下は参加下さった方からお寄せ頂いた
  ご感想となります
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180404_testimonials_nenkan.pdf

 ----------------------------------------



■また、

 いきなり申し込むのは
 さすがにハードルが高いので、

 まずは鮒谷から、詳しい説明を1対1で、
 直接聞いてから決めたい(意思決定したい)、

 ということでしたら、以下の

 【枠数限定!「鮒谷との1対1の個別相談会」】
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10201293

 に

 「即断即決即実行の精神」

 で、お申込み頂き、話をさせて頂いてからでも
 良いかと思います。


 あなたと年間プログラムの場で、
 あるいは、個別相談会の場にて、

 お話をできるのを楽しみにしております。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生において真に大切なことは    「大量の知識をインプットする」    ことではなく    【習慣化を習慣化できるようになる】    ことである。   ■無意識に実践できるようになるには    膨大な訓練、反復、復習が必要、    とはピアノや水泳や空手の練習で、    よく理解しているはず。   ■なのに、人生やビジネスにまつわる、    様々な能力の伸長にあたって、    「促成栽培」を求める人が多いのは、    見えないものを見る力の決定的欠如以外の    なにものでもないと思われる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。