毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5537号 ハーバー・ボッシュ法に見る、世界を変えた「触媒反応」


■昨日は、

 高い目標を掲げ、
 公言する(大風呂敷を広げる)ことによって

 【周囲からの「被」期待感】

 を高め、その期待感をエンジンにして
 前に進むことが出来るのだ、

 という話をいたしました。


 今日も続けます。



■とはいえ、

 高い目標を掲げ、外に発信すると、

 必ず、それを馬鹿にしたり、
 斜に構えて受け取ったり、

 という人が現れてくるものです。



■それは困る、嫌だと言っても
 そういうものなのだから、仕方ありません。


 浴びせかけられる

 「負のエネルギー」

 をこちら側でプラスに転換すれば
 いいだけの話です。



■否定されたり、嘲笑されたり、
 というネガティブな反応にさらされるたび、

 「馬鹿にするな」
 「ふざけるな」

 「今に見てろよ」
 「見返してやる」

 そんな気持ちを掻き立てて、
 前に進めばよいのです。



■むしろ、そうした反応は、

 自身の中に眠っているポテンシャルを
 最大限、引き出してくれる

 【触媒】

 だと思ってみてはどうでしょう。


 「触媒」の作用によって、

 私たちは、とてつもない爆発力を手にする
 ことができるようになることがあるのですから、

 むしろ負のエネルギーを浴びせかける人に
 対して感謝の念を抱かなければなりません。



■ここまで書いて思い出したのですが、
 たとえば昨日のメルマガでも紹介した

 『明治150年記念
  日本を変えた千の技術博』

 において、


 「ハーバー・ボッシュ法」が確立されることで、
 化学肥料の大量生産が可能になり、

 著しく農業の生産性が向上することとなった、
 という展示があったのですが、

 ハーバー・ボッシュ法は、
 有名な触媒反応の一つですし、


 それ以外にも、あらゆる石油製品は触媒反応を
 利用して生み出されているわけですから、

 まさに、

 【触媒は世界を変える(変えた)】

 といっても過言ではないわけです。



■とするならば、

 【私たちの人生(世界)を変える触媒は、
  他者からの非難や攻撃や揶揄や嘲笑】

 と置き換えてみれば、

 ネガティブな反応に対し、プラスのイメージを
 持ちやすくなるのではないでしょうか。



■私(鮒谷)の経験上も、

 【これら(私に対するネガティブな反応)は、

  ポテンシャルを開放してくれる
  最高の「触媒」であった】

 と間違いなく言えますし、


 だからこそ、むしろ

 「嘲笑や愚弄も畏るるに足りず、

  むしろ、どんどん攻撃してもらえれば、
  その分だけ負けん気が醸成される」

 くらいに思っているのです。



■こうして駆動力を与えられた結果、

 最終的に目標を達成できるかどうかは
 (実は)大した問題ではありません。


 少なくとも、

 大言壮語することなく、それゆえ、
 馬鹿にされることもない状態にいるよりも、


 風呂敷を広げることによって
 もたらされる非難や攻撃や嘲笑を、

 行動エネルギーに転換して前に進む方が、
 より良い未来に近づけるに違いないからです。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■高い目標を掲げ、それを公言すると、    馬鹿にしたり、嘲笑したりする人が    必ず現れるものだ。   ■そうして受けた負のエネルギーは、    目標達成への駆動力に転換することで、    より強力に前に進めることだろう。    負のエネルギーは、触媒的な役割を    果たしてくれると言っても良い。   ■目標を掲げ、公言し、前に進むことで、    最終的に目標を達成できるかどうかは    実は大した問題ではないのである。   ■少なくとも、自分では何もしていないのに    他者を見下している人に比べて、    間違いなく、より良い未来が訪れることが    決まっているからだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。