毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

【現役フリーランス&起業・独立志望者必見】転ばぬ先の「契約」セミナー音源のご案内


■こんにちは、鮒谷です。


 本日は、

 【現役フリーランス&起業・独立志望者必見】

 のセミナー音源のご案内をさせて下さい。

 ※表記対象者のみならず、中小企業経営者の方にも
  大いに関係ある内容です。



■当社音源をお求めくださった方であれば、
 必ず一度は目にされているであろう(!)

 「弁護士法人STORIA」

 の共同代表、弁護士の杉浦健二さんを
 お招きしたセミナーの音源となります。



■フリーランスや中小企業の経営者として
 それなりの期間、ビジネスを行ってきた人は

 「契約を結ばない、
  あるいは、なあなあにしてしまう」

 ことによって痛い目をみることがあることを
 よくご存知のこととおもいます。



■ご自身が、そんな憂き目に遭われたという
 方もあるでしょうし、

 友人、知人がそれで大きな損害を受けた、

 という話を聞かれたことも
 一度や二度ではないはずです。



■これから独立しよう、と思われている方は
 こんな話を聞かされても

 「へー、そんなものなのかなあ」

 と思われるかもしれませんが、


 独立されて分かるのは
 きっとあなたが思われているよりも

 「世の中は世知辛い」

 ところであるということと、

 「悪人や悪党や小悪人は、一般に思われている以上に
  跳梁跋扈している(渡る世間は鬼ばかり)」

 であることは覚えておいて損はありません。



■私(鮒谷)も、

 【悪党に遭遇
  &テキトーに過ぎる弁護士(小悪人)に依頼】

 というダブルパンチで、
 1000万円級のダメージを受けたこともあります。


 怒りに任せてここで、
 両者の実名を暴露したいくらいですが、

 大人げないのでやめときます(汗)



■手広く活動をしていると
 どれだけ細心の注意を払っても、

 【悪人(や小悪人)に遭遇】

 するリスクをゼロにすることはできません。


 であれば、どうするか。

 これですべてが解決する、
 というつもりはありませんが、

 せめて最低限、契約について、

 さらには契約書についての正しい理解をしておく
 ことによって守られる身もあるでしょう。


 悪人は往々にして契約(契約書)の隙を
 ついてくるものです。



■これまで多くの方と出会い、
 あるいは個別コンサルをしてきて、

 【契約に対する認識の甘さや、
  理解の乏しさ】

 によって、
 大なり小なり、損害を被った、

 一人や二人ではなく、
 そんな方に出会ってきました。



■また、これまではなにも
 起こらなかったとしても、

 「リスクを内包したまま、
  一気にビジネスを進めている」

 ように思われることもしばしばです。



■そんな危ない橋を無防備に渡るのではなく、
 せめて、法律面における

 【最低限の防御=転ばぬ先の杖】

 をあなたも持っておかれませんか、
 というのが今回のご案内。



■今回は私(鮒谷)の古くからの親しい友人であり、

 「良い人&凄い人」の両側面を併せ持つ、
 弁護士の杉浦さんと相談して、

 上記を踏まえ、以下のようなセミナー内容を
 企画しました。


 ---------------------------------------------

 今回は特定の業態や法分野に特化して
 深掘りするスタイルではなく、

 フリーランスや個人事業主

 (たとえばエンジニア、コンサルタント、ライター、
  イラストレーター、Web制作者)

 その他自らの専門性を武器として仕事に取り組んでいる
 方々にとってとりわけ波及効果が高いと思われる、

 仕事を獲得するときや成果物を納品するとき、
 代金請求をするときに押さえておくべき、

 契約ノウハウや法律知識、思考方法について
 実例を交えて解説を行う内容を想定。

 ---------------------------------------------


 特にフリーランス、個人事業主、
 あるいは、そうした形での独立を志望されている方、

 さらには中小零細企業の経営者にとっては
 必聴の内容です。

 (詳細は以下のインデックスを御覧ください)



■お話し下さる杉浦さんのプロフィールは
 以下の通りとなります。


 -------------------------------------------

 1977 年、奈良県生まれ。

 関西大学社会学部マスコミ専攻卒業後、
 上場企業に就職。広告会計業務に従事した後、

 一念発起し、2002年、
 ゼロから司法試験受験を決意、4年後に合格。


 神戸市内の法律事務所勤務を経て、
 2015年、STORIA法律事務所開設。
 2017年、弁護士法人STORIA設立。

 現在、同事務所共同代表
 (第一東京弁護士会所属)。


 「知財とITを武器に世界で戦う企業を法律面で
  サポートする」ことをミッションとし、

  主にITビジネス、ウェブビジネス、
  コンテンツビジネスにおける契約実務を取り扱う。

 新規ビジネス立ち上げ時におけるビジネスモデルの
 法的サポート、契約面の整備を得意とし、

 主な顧問先企業として、
 売上高2000億円規模のIT企業のほか、

 ウェブサービス企業、IOT企業、
 データビジネス企業、システム・アプリ開発企業、
 エンタテインメント企業など。

 弁護士らしからぬ独特の切り口のブログは、
 一日最大35,000PVを獲得し、

 Yahoo!を代表するウェブメディアにも
 たびたび転載されている。

 官公庁、一部上場企業での社内研修、講演多数。

 -------------------------------------------



■以下が、お話し頂いたコンテンツの目次(案)と
 なります。


 以下の項目全てに対して、

 「ああ、これはあのことでしょ、
  これはこういうことだよね、全部、分かるわ」

 という方はお求めいただく必要はありません。



■が、

 「この内容、ちょっと気になる、、、」
 「確かにこれ、どういうことだろう、、、」

 と思われるところが散見、あるいはたくさん、
 見つかるようでしたら、

 これは万難を排して聴かれるべきでしょう。


 ことはビジネスの存続や、

 数十万、数百万、ひいては数千万単位の
 逸失利益につながりかねないテーマ、

 だからです。



■かなりたくさんの項目が並びますが、
 詳しい内容は以下を御覧ください。


 (ここから)
 -------------------------------------------

 知っておくと交渉で優位に立てる契約書TIPS

 ▼大企業から「これは雛形だから変更できません」
  と言われたら

 ▼契約書の案はどちらが作った方が良いのか

 ▼「業務完了した」「していない」のトラブルを
  避けるためにできる対策

 ▼長期間にわたる契約で資金繰りに困らないために

 ▼契約書がないまま業務を開始せざるを得ない場合、
  死守すべきポイントとは

 ▼いつも書いてある条項が契約書に書いてない場合、
  相手に伝えるべきか放置するべきか?

 ▼「契約書」「同意書」「覚書」「念書」
  どれも同じ意味なのか

 ▼PDFだけで交わす契約書には
  どんなリスクがあるのか?

 ▼電子契約書は結局どこまで使えるのか?
  そのメリットとリスクとは

 ▼契印、割印、捨印、実印、認印の違いとは?

 ▼契約書はビジネスモデルの教科書である!


 ウェブビジネスで必須となる利用規約の作り方

 ▼ウェブビジネスをするなら必須となる
  ウェブ3点セット

 ▼どうせみんな読んでない利用規約を
  作り込まねばならない理由

 ▼自社の責任を軽減する免責規定は、
  結局どこまで攻めてよいのか?

 ▼賢い免責規定の定め方とは

 ▼保証の範囲は明確に絞っておくべし


 仕事の外注時と受注時のあるあるトラブル回避術

 ▼アイデアをパクられた?

 ▼秘密保持契約書(NDA)を交わしていたら安心、
  では全くない現実とは

 ▼ネットの雛型をそのまま使ってはいけない理由

 ▼提示されたNDAにサインする前に
  最低限押さえるべきチェックポイント

 ▼成果物の著作権こそ代金回収に最大限生かすべし

 ▼業務委託契約書のチェックポイントは
  瑕疵担保・著作権・損害賠償規定

 ▼業務委託、雇用、派遣、請負、準委任、
  結局何が違うのか

 ▼とにかく記録を残すべき理由

 ▼取引先に無断で会議を録音してよいのか

 ▼判決と和解、裁判はどちらで終わらせた方がよい?

 ▼支払期限はあえて相手に決めさせる

 ▼フリーランスを守ってくれる下請法の要点とは


 新規ウェブサービスを立ち上げるときに
 気を付けるべき法律の罠とは

 ▼ポイント制導入の罠(資金決済法)

 ▼メルマガ配信の罠(特定電子メール法)

 ▼マッチング・仲介ビジネスの罠

 ▼プラットフォーム型ビジネスの罠

 ▼データビジネスの罠


 ビジネスパーソンが押さえておくべき
 著作権の実践的知識

 ▼10分で押さえる著作権の概要

 ▼著作権フリーの写真だと思って使用したら
  20万円の損害賠償になった実例

 ▼他人のコンテンツの引用は
  結局どこまで許されるのか

 ▼パクリデザイナーと言われないために
  押さえておくべき裁判例

 ▼街中、一般道など公共の場を撮影する際の注意点とは

 -------------------------------------------
 (ここまで)



■セミナー音源の詳細ならびにお申込みは
 以下を御覧ください。


 -------------------------------------

 <中小企業経営者、個人事業主・フリーランスのための、
  「知らなきゃ損する」絶対に押さえておくべき法律知識セミナー>

  契約・知財・IT関連分野のプロ、
  杉浦健二弁護士が深く、そして平易に語る、

 【トラブルを回避し、ビジネスを有利に導くための、
  「知っているようで何も知らなかった」法律セミナー音源】


 ▼収録時間:約3時間45分

 ▼価格:今なら【 実質15,000円+税 】


  定価25,000円+税のところ、

  【 期間限定 】で

  「18,000円+税」にてご提供させて頂きます。


  さらに、ご感想を頂戴できましたら、

  当社音源販売にてご利用いただける

  【 3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効)】

  をご提供致します。


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/13312987


 ※銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います。

 https://form.os7.biz/f/5da9c76c/

 ------------------------------------- 


 【追伸】

 ある程度、ビジネスをしてこられた方であれば
 契約(書)の理解が浅はかであったために、

 一発で数十万、数百万、
 ことによると何千万の損失を蒙ることがある、

 ということはご存知のことと思います。


 そんなリスクを大幅に軽減するための投資と
 考えるならば、

 今回のセミナー音源は「むしろ極めて安価」と
 言えるのではないでしょうか。


 「最悪を想定して、最善を尽くすのが
  危機管理の要諦」

 であるとご理解下さる方のみ、
 お求め頂ければと思います。


 -------------------------------------

 <中小企業経営者、個人事業主・フリーランスのための、
  「知らなきゃ損する」絶対に押さえておくべき法律知識セミナー>

  契約・知財・IT関連分野のプロ、
  杉浦健二弁護士が深く、そして平易に語る、

 【トラブルを回避し、ビジネスを有利に導くための、
  「知っているようで何も知らなかった」法律セミナー音源】


 ▼収録時間:約3時間45分

 ▼価格:今なら【 実質15,000円+税 】


  定価25,000円+税のところ、

  【 期間限定 】で

  「18,000円+税」にてご提供させて頂きます。


  さらに、ご感想を頂戴できましたら、

  当社音源販売にてご利用いただける

  【 3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効)】

  をご提供致します。


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/13312987


 ※銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います。

 https://form.os7.biz/f/5da9c76c/

 -------------------------------------



              鮒谷周史拝

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。