毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5489号 儲けたいなら「強烈な需給ギャップ」のあるところに陣を敷け


■ビジネスの要諦は、

 【圧倒的に需給のバランスが崩れている所で、
  商品・サービスを提供する】

 ことです。


 バランスが崩れてさえいれば、
 販売するものは、

 目に見えているものでもいいし、
 目に見えていないものでも良いでしょう。



■たとえば私(鮒谷)であれば、

 毎日を機嫌よく、充実し、満足を感じながら
 全力投球できる世界に生きていますが、

 どういうわけか、そうした世界に生きている人は、
 どちらかというと少数派のようで、

 というよりもひょっとしたら、
 相当な希少種であるようにも思われます。



■世の中には、かつての私のように、

 「これじゃない」と思いつつも、では、
 どんな人生を送りたいのかという明確な目的も持てず、

 溢れる情熱やエネルギーを持て余しながら
 ぶつけ先を見つけ出すことができない方が、

 少なくないのかもしれません。



■そんな気持ちを抱えながら、毎日を悶々と
 過ごしている圧倒的な数の方々が存在に対して、

 私が自分なりに確立した、機嫌よく生きる
 ための方法論を日々、提供しているわけですが、


 両者の間にある、

 【強烈な需給ギャップ】

 を埋めるために、

 私(鮒谷)は、様々なコンテンツやサービスを
 提供している、

 と言っても良いのかもしれません。



■需給のギャップが強烈に存在するからこそ、
 売らなくても求めてくださる方がいらっしゃり、

 お値引きの要請に対しても、お断りすることが
 できる価格交渉力を持つこともできるのです。

 あるいはそもそも値引きの要請自体が
 なくなっていくこととなるわけです。


 そんな

 【自らの依って立つべき場所】

 を探すのがビジネスであり、
 起業です。



■漫然と成り行き任せでビジネスを始めても
 うまくいくはずがありません。


 需給のギャップがあるマーケットと、
 ないマーケット、

 どちらに陣を敷くか、
 という初期設定の段階で、

 事業が成功するのか、失敗するのかの、
 ほとんど全てが決まってしまうもの。



■以下の音源では、
 そのようなこともお伝えしています。


 ------------------------------------

 【鮒谷周史の、圧巻!
  「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源】
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

 ------------------------------------


 特に、

 「起業志望の人、あるいは起業直後の人」

 には、ぜひお聴き頂きたい内容です。


 最低限、こんなことも知らずに起業するなんて、

 (当人の自覚の有無にかかわらず)

 「一般道を時速200キロのバイクで
  突っ走るようなもの」

 と思われる危険ポイントを、
 網羅的にお伝えしている音源となります。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ビジネスの要諦は、    【圧倒的に需給バランスが崩れている所で     商品・サービスを提供する】    ことに尽きるだろう。   ■需給ギャップのないところで、    商品やサービスを提供しても、    強烈に求められることはなく、    値引き要請も厳しいものとなるだろう。   ■競争優位にある、差別化要因がある、    さらには代替不可能な世界を提供する、    といったことができれば自ずから、    【相応の価格で、それでいて、つねに     引っ張りだこの状態を継続できる】    こととなるのである。   ■事業を開始するにあたっては、そんな    【自らの依って立つべき場所】    がどこにあるのか、仮説を立てつつ、    検証を重ねるべきだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。