毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5483号 なにかに「持っていかれている人」には敵わない


■結局のところ、何かの分野において

 「持っていかれている人」

 には敵いません。

 「はまり込んでいる人」

 といっても良いかもしれませんね。



■ラーメン屋さんを始めるにあたっても

 「寝ても覚めても、
  明けても暮れてもラーメン」

 という人と、

 「サラリーマンが嫌になったから、
  ラーメン屋さんでもやるか」

 という人と、

 どちらが成功確率が高いかといえば、
 当然、前者でしょう。



■株式投資で儲けたい、
 仮想通貨で儲けたい、
 FXで儲けたい、

 不動産投資で儲けたい、
 物販で儲けたい、
 アフィリエイトで儲けたい、

 コンサルビジネスで儲けたい、
 セミナービジネスで儲けたい、
 講演稼業で儲けたい、

 メルマガ出して儲けたい、
 ツイッター使って儲けたい、
 フェイスブック使って儲けたい、


 いろ人と出会ってきましたが、
 確かに、どんな分野においても

 「実際に儲けている人」

 はいるものです。



■でも、ここで注目したいのは

 【儲けている人は例外なく、
  対象に没頭・没入している人】

 です。


 逆もまた真なり、で、

 当人がその分野に
 大した興味も持てなかったり、

 やったら儲かると聞いたから、
 とりあえずやっている、

 という人は、


 これまた例外なく、
 ほとんど成果を出せず、

 あるいは、(時間的、金銭的に)大きな
 損失を被り、投資回収できずに撤退、

 となっているものです。



■つまり、

 【誰かがある世界で
  儲けているからといって、

  自分がその世界で
  儲けられるとは限らない】

 ということです。


 何人かの友人知人が儲かっている、

 あるいは、

 メディアで儲かりましたと言っている人が
 取り上げられているからといって、

 あなたや私が、その分野に突っ込んでいって
 勝てる保証は全くありません。


 というよりもむしろ、

 結果を出せずに撤退、となる可能性の
 ほうがはるかに高いのです。



■昨今、

 不動産投資(融資)について、
 いろいろと問題になっていますが、

 某銀行を取り巻く問題など、
 まさにその典型だと思っています。


 偽造した書類で大きな額の融資を受け、

 投資を行い、回収の見込みが立たず、
 どうしようもない、

 という状況にいらっしゃる方も
 あるようです。



■でも、反対に、

 友人知人やお客さまで、不動産で
 儲かっている人もたくさんあるのです。


 ただ、その人たちは例外なく

 「三度の飯より不動産が好き」

 で、朝から晩まで不動産のことばかり
 考えているから、

 結果を出せているように思われます。



■実は私(鮒谷)も、

 彼ら、彼女らの悠々自適ぶりに惹かれて
 何度か(いや、何度も、、)、

 不動産投資に取り組もうとしてきました。


 一番はじめに、専門家にコンサルを
 お願いしたのは今から15年前のこと。

 以来、たくさんの本を読み、
 いろんな教材を買いました。



■そして、なによりも、

 不動産の世界で突出して成功している
 何人かの投資家とも親しく付き合ってきたので、

 教えを請おうとしたら、
 いくらでも請えたのです。



■でも、ビジネスや投資においては

 【最終的には自己責任】

 です。


 もちろん、

 プロフェッショナルを頼ることで
 入り口がどこにあるのかを教えてもらったり、

 進めていく中で分からないことについて
 質問を行い、前に進めるようになる、

 ということはあるでしょう。

 そして、それはとても貴重な価値。



■ただし、

 親が赤子の面倒を見るように、
 一から十までなんでもかんでも、

 というわけにはいきません。


 ビジネスの世界において、

 「キモとなる1%を教えてもらったら、
  残り99%は、どこまでいっても自分の責任」

 であり、


 【自分ひとりで学び、
  自分ひとりで実践し、

  自分ひとりで失敗も経験し、
  自分ひとりで考え、反省し、

  自分ひとりで仮説検証のサイクルを回し、
  自分ひとりで成功の方程式を確立し、

  自分ひとりで成功の果実も
  失敗の痛みも感じる】


 のが基本です。



■これを忘れている(あるいは知らない)人が、
 想像以上に多いんですね。


 一から十まで、投資を全部丸投げして、
 成功の果実だけは得ようとしたがる横着な人が、、、

 そんなに簡単に結果を出せるのなら、
 みんながみんな大金持ちになっているはずです。



■でも、現実には、
 そんなことありませんよね。

 にもかかわらず、

 誘惑に誘われると、
 ついつい転んでしまう人が後を絶たず。


 先の不動産投資の話でいえば、

 数冊の本を読んだだけで
 投資用のアパートを買いました、

 とか、

 数回のセミナーに参加しただけで、
 投資用のマンションを一棟、建てました、

 なんて人も少なくないようです。




■ある友人は、それらの人を評して

 (ことの良し悪しはさておき)

 「カモにされるべくして、
  カモにされた人たち」

 と言っていました。


 私はそのコメントについての評価は、
 慎重に避けておきますが、

 ただ、不動産投資をほんの少しでも
 勉強したところが面白くてどっぷりハマり

 「寝ても覚めても不動産」

 とならなかったのであれば、
 やはり投資すべきではなかったのでは、

 とは思います。



■私はそうならなかった(なれなかった)から、
 不動産投資は諦めました。

 それで良かったと思っています。


 自分が夢中になれないビジネスなのに、
 確証バイアスが働いて、

 「儲かるに違いない」

 と信じ込むことほど危険なことはないと
 分かっていたからで、

 突っ込んでいたら、億単位の損失を被ることに
 なっていたかもしれません。



■何度も言うように、

 世の中にはうまい話は存在しませんし、
 ウルトラCもありません。


 時間的にも精神的にも
 (そして特に)知的にも、

 たいした代償も払わず儲けたい、

 と思っているような人は、
 格好の餌食となるだけです。


 これは株式投資やFX、仮想通貨や、
 その他投資やビジネス全般に通じること。



■自分が食い物にされるのが嫌なら、

 「簡単、これだけ、すぐに、だれでも
  何分で、何時間で、何日で」

 といった文言が含まれている勧誘には
 絶対に近づかないことです。


 近づかないようにと決めていてさえ、

 抗いがたい魔力を秘めているのが、
 これらの言葉。



■だからこそ、


 【カンタン、お手軽、誰でも、すぐに、
  を謳っている勧誘は、

  売っている人にとっての
  「カンタン、お手軽、誰でも、すぐに」
  儲かるものである】


 と肝に銘じておくことですね。



■そのように心がけていてさえ、
 誘惑に駆られるのですから、

 いかに人間、楽をして、怠けて、横着して、
 儲けたいか、結果を出したいのかが、

 分かろうというものです。



■ここまでの話を理解すれば、

 【その逆を行えば、

  儲かる、結果を出せる確率は
  格段に高まる】

 と思いませんか。


 つまり、

 「カンタンではなく、
  お手軽でもなく、

  誰にでもできるものでなく、
  すぐに成果が出ないもの」

 を行えば、

 最初からライバルがほとんどいないから、
 圧勝できる可能性が高まるのです。



■でも、

 「カンタンではなく、
  お手軽でもなく、

  誰にでもできるものでなく、
  すぐに成果が出ないもの」

 を行うのは大変ですね。


 私(鮒谷)は不動産投資では、
 それはできないと思ったから、

 結局のところ、
 他の人よりは有利な立場
 (それで巨万の富を築いた友人がたくさんいる)

 にあったにもかかわらず、

 (小口の投資はしていますが)数億といった
 単位の投資は行いませんでした。



■また、株式投資やFXも同じです。

 それで結果を出している友人知人、
 あるいはお客さまがいらっしゃるので、

 他の人よりは有利な立場
 (それで巨万の富を築いた友人がたくさんいる)

 にあったにもかかわらず、

 (小口の投資はしていますが)数億といった
 単位の投資は行いませんでした。


 ※補足しておくと、IPO株での、ほぼ100%、
  利益が出る投資は行っています。


  お分かりの方はお分かりかと思いますが、

  遊んでいる金融資産が億単位
  (できれば最低3~5億以上)あれば、

  全くの不勉強でも
  (一切、時間の投資をしなくても)

  年に100万ないし数百万程度のお小遣い?は、
  ほぼノーリスクで約束されます。


  リスクは限りなく極小ですが、普通預金口座の
  利息と比べて格段に利回りが高いです。

  私のような「ビジネス&投資の素人」は、

  下手に投資して時間も金も損するよりも、
  これが一番、向いています。

  その上で、残りの時間すべてを本業に
  投下するのが、最も利回りが高くなるようです。



■少し話がそれましたが、要は

 【誰もができない
  (あるいはやりたくない)ことを、

  苦もなくできる分野でなければ
  勝つことは難しい】

 ということですね。


 だからこそ、そのようなことができる分野を
 見つけることが重要です。

 一度、そんな分野(金鉱脈)を見つけられれば、
 そこを掘って、掘って、掘り進んでいくのです。



■私(鮒谷)でいえば、

 【変化・変容についての思考を言語化して、
  文章を書く、放談する、コンサルする】

 ことに、

 「持っていかれている」

 し、

 「三度の飯より好き」

 だからこそ、

 当該分野においては
 誰にも負ける気がしません。



■自分よりも、

 このことについて考えている人は
 日本にいないだろう、

 というくらいに、

 朝から晩まで考え続け、
 行動し続けているからです。



■不動産に対しては、
 そんな情熱は傾けられませんでした。

 株や為替に対しても、
 そんな上別は傾けられませんでした。

 アフィリエイトや物販に対しても、
 そんな情熱は傾けられませんでした。


 いうまでもなく、

 組織人として会社に勤めることにも、
 全く!情熱は傾けられませんでした。



■つまりはそういうことなのです。


 【自分が楽しみながら、
  没頭・没入できる、

  それでいて、

  他の人は興味を持たないか、持っても
  没頭・没入まではできない分野、

  を見つけ、そこでマネタイズするための
  能力を磨くから、

  人並み以上に儲けられる】


 ということなのではないでしょうか。



■こう書いてしまうと、
 身も蓋もない話に聞こえるかもしれませんが、

 実際にそうなのだから仕方ない。


 だから、安易に、

 儲けたいから、
 サラリーマンが嫌になったから、


 ラーメン屋さんでもするか、
 アフィリエイトでもするか、

 株式投資でもするか、
 不動産投資でもするか、

 物販でもするか、
 コンサルタントにでもなるか、


 みたいな考えは、
 絶対にやめたほうがいいでしょう。



■たしかに、

 ラーメン屋さんでも、
 アフィリエイターでも、

 株式投資家でも、
 不動産投資家でも、

 物販している人でも、
 コンサルタントでも、

 とてつもなく儲けている人は
 いるものです。



■でも、

 【誰かがある世界で
  儲けているからといって、

  自分がその世界で
  儲けられるとは限らない】

 ことは、脳に刻み込んでおくべきです。


 こうした言語を持っているだけで、
 あなたは、

 未来の、数十万、数百万、数千万、
 あるいは数億の単位のお金を、

 無駄にしなくて済むかもしれません。



■昨今の不動産投資において、
 億単位のお金を失った人は、

 【誰かがある世界で
  儲けているからといって、

  自分がその世界で
  儲けられるとは限らない】

 という厳然たる事実を軽く見て、
 安易な気持ちで飛びつかれたのかもしれませんね。


 恐ろしいことですが、

 そんな一瞬の決断が、
 生涯を後悔に染めてしまう決断となった、

 ということもあるのです。



■私(鮒谷)はそう思っているから、

 【他人が儲かったという話には、過剰な
  興味を持たず、安易に飛びつきもせず、

  自分が最高にパフォーマンスを上げられる
  場所を探すことを最優先する】

 ようにしています。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■結局のところ、ある分野に対して    「持っていかれている人」    「三度の飯より好きという思いのある人」    「明けても暮れても取り組んでいる人」    「寝ても覚めても考えている人」    には敵わない。   ■人生やビジネスにおいて    【誰かがある世界で     儲けているからといって、     自分がその世界で     儲けられるとは限らない】    ことは肝に銘じておくべき教訓だ。   ■人間、つい安易にカンタンな方に    引きずられるものである。    そうした性質に逆らい、反対の道を歩む    からこそ、人と異なる結果を出せるのだ。   ■投資やビジネスの世界においては    「すぐに、カンタン、誰でも、あなたも」    の文言に反応し、引きずられた瞬間に、    負けが確定するのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。