毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5476号 ビジネスも、人生も「期待値を上げつつ、上げ過ぎない」ことが肝要


■メルマガではよく、

 「お客さまの期待値を上げすぎない」

 ことの大切さを記してきました。


 お客さまは二度、審判を下す存在、
 だからです。

 「行きはよいよい、帰りは怖い」

 ではありませんが、

 「購入時はよいよい、
  商品購入・役務提供時は怖い」

 ものであることを、
 よくよく知らなければなりません。



■できもしないことを、できると言い募り、
 お客さまに案内を行い、

 購入してもらったときには、
 ニコニコ顔になれたとしても、

 その後、
 収拾のつかない大クレームが起きる、

 といったことが普通に起こりうるのが
 ビジネスの世界の恐ろしいところ。



■だから私(鮒谷)は、

 メルマガで、何かのご案内をする際にも
 頻繁に、

 「カネと時間が余りまくっていて、

  たとえ私に粗相があったとしても、
  鷹揚に受け流せる、

  心の広い人だけお越し下さい」

 と書いたりするわけです。


 これはなにをやっているかというと、

 【期待値を極限まで下げている】

 わけですね。



■ただし、期待値を下げるだけでは
 お求めいただくこともままなりませんから、

 【期待値を上げつつ、
  期待値を下げまくる】

 という、一見、二律背反に見えることを
 同時に成立させる、

 そんな高等技術を発揮する必要が
 あるのです。



■そのノウハウ、秘中の秘の開示については


 ------------------------------------

 【最盛期、一ヶ月1000万円(超)の売上を
  叩き出し続け、コンサルし続けた、

  鮒谷周史の圧巻!コンサル事業立ち上げからの軌跡
  &ノウハウの全貌を全開示する3日間集中放談会】


 <お申込みはこちらから>

  https://form.os7.biz/f/6eac8f5a/

 ------------------------------------


 の場に譲るとして、

 こうしたことを理解し、
 適切に運用するからこそ、

 【お客さまの満足度が最大化される】

 こととなるのです。



■実はこの考え方は

 【自分の人生においても同じ】

 です。


 人生においても、

 【期待値を上げつつ、上げ過ぎない】

 ことが大事であるように思われます。



■人生に対し、過度に期待し過ぎると、
 何かあったときに

 【失望、さらには絶望を招きかねない】

 からです。


 もちろん、

 人生に何も期待しない、という選択もまた、

 自信や自尊心が強化されませんから、
 これはこれで問題です。



■それゆえに、
 人生においてもまた、

 【期待値を上げつつ、上げ過ぎない】

 という、一見、二律背反に見えることを
 同時に成立させる、

 そんな高等技術を発揮する必要が
 あるのです。



■営業と一緒で、

 自分の人生において
 日々、豊かさを感じるためには、

 こうした人間の心の機微に意識を向け、
 微調整を加えつつ、

 【感情がもっとも心地よくなる状態に
  置き続けられるところ】

 を一人ひとりが探り当てる必要が
 あるのではないでしょうか。



■こうした考えが
 正解かどうかは分かりませんが、

 少なくとも私(鮒谷)は、

 ビジネスについても、
 さらには人生に対しても、

 【期待値を上げつつ、上げ過ぎない】

 ことを、

 意識のど真ん中において仕事をし、
 生きています。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ビジネスも、人生も    「期待値を上げつつ、上げ過ぎない」    ことが肝要である。   ■過度の期待は、裏切られた際の怒りや    傷心をもたらしかねないからである。   ■かといって、ただ期待値を下げるだけでは    商売においては販売が成立せず、    人生においては自尊心が育まれない。   ■この矛盾を克服する方策を、個々人が    身体感覚を伴う形で編み出すことで    「居心地の良いビジネス、人生」    を実現できるはずである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。